« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008.02.29

コレステロール値は無視

080229_100931病院の日でした。
血液検査のために朝食を抜いて行ったものだから、採血後に向かったところは地下のレストラン。
500円のモーニングセット。
けっこう豪華な感じでしょ。私の行きつけの病院には、某ホテルの直営レストランが入っているのです。でも食べたのはきょうが初めて。
だってちょっと高いんだもん。モーニングの内容もう〜んでした。コーヒーがおかわり自由なのはうれしかったけど。

お昼過ぎの診察の時には検査の結果が出ていました。
やっぱり、貧血は問題なし。14.9という自己ベストを出しました。
その他も問題なかったけど、コレステロール値が「けっこう高い」と、完全な異常値でした。
聞いたときはかなりへこみましたけれど、もう気にしないことにしました。
私のコレステロール値が高いわけない!
何かの間違いでしょう。

心電図も胸のレントゲンも、「キレイ」と言われてニッコリでした。
肺活量にいたっては、「ものすごい」とまで言っていただきまして。

私、小学校のときも、肺活量やら、握力とか、けっこうすごかったのよね。長らく測定したことなかったわけだけれど、まだ健在なんだわ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.02.28

貧血は治すべき。

きょうまで7日連続勤務でしたけれど、ぜんぜんしんどくありません。

たぶん貧血でなくなっているからです。

今の私は、勤務先まで、よいよいよいよいと、ジョギングペースで行くこともできれば、
駅の階段だって休憩なしに上がることもできるのです。

以前は、レジ前でキャベツを買い忘れたときに、「もういいか…」とあきらめるほどだったのに。

貧血は、女性の場合、徐々になっていくケースが多いので、自分が貧血だということを知らない人も多いのだとか。私も貧血かしら? と思ったら、鏡を見ながらあかんべをしてみましょう。下まぶたの裏が白かったら貧血ですよ。
私の主治医だった先生は、行くと必ず私の下まぶたを下に引っ張って、「あ、貧血だ」と言ってました。
白さの基準がわからない場合は、お友達と比べやっこしましょう。

大抵の場合は、服薬だけで治るんですからね。フェロミアというお薬が処方されます。
私の場合、むかつきの副作用に悩まされたこともありますが、寝る直前に飲んで寝てしまうなどしてだましだまし飲んでいると、だんだん身体が慣れてくるのか、副作用もマシになってきました。
貧血が改善されて、服薬をやめたら、また飲み出すときに副作用に悩まされる、その繰り返しでした。

どうしてもダメな場合は、静脈注射という手もあります。

「しんどいのは、誰だって同じ」ってこと、私はないと思います。
現に、貧血の私と、貧血じゃない私のしんどさはぜんぜん違いますから。

あなたも貧血を治したら、パワーアップして別人のようになれるかもです。
だから、貧血だったら治すべきです。とってもラクになりますよ。

私の元気も続くといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.27

くましゃんfrom USJ

080228_094743先日、息子が彼女さんとUSJデートをした際、ゲームの景品でゲットして連れて帰ってきたくましゃんです。

名前はすでに付いていました。
彼女さんのが、キャラメルのメルちゃん、うちに来たこの子はメイプルのブルちゃん。

ゲーム代2,000円投与して2つのゲットだったということで、1匹あたり1,000円。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、とってもかわいいくましゃんです。
来てからずっと、テーブルの上で、こんな感じで私のことをみています。
一人でごはんを食べているときも、ブログを書いているときも。

癒しとか、和み以上、疲れがとれたり、気持ちが落ち着いたり、医療効果に近いものがあるような気がします。

USJらしくないところもいいんです。
写真を見て、左のお耳が折れているのに気がつきましたので、なおしておきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.26

2月26日ってことは、

きょう、桑っちょのお誕生日です。

昨日は、ジョージ・ハリソンと私の父の誕生日。

おめでとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.25

イス選びって大切なのね。

車イスに座っているときは安定しておられるのに、リビングのイスだと、なんか不安定、低反発のクッションをしてもらうと、余計に身体が傾いてしまう、Uさんという方がおられました。

クッションを替えてみたり、足を置く台を置いてみたりするんだけれど、どうもうまくいかず、前に倒れてこられたり、足をガタガタ震わせたりして、食事もとりにくそうでした。

そこで、昨日、私たちで実際に試してみたのです。
Uさんのイスに座って、クッションを敷いたり、背中に入れたりして。

すると、確かにいまいち安定感に欠けているような感じがしました。
足や腰がしっかりしている私たちでも、しっかり座るのに疲れるような感じでした。

次に、その隣の方が座っておられたイスに座ってみました。
座面の高さも、広さもそう変わらないイスでした。デザインが少し違うかなというくらいで。
でも、そのイスの座り心地はとてもよかったのです。
ゆったりと力を抜いて座っていられる感じでした。

座り心地の差が、どこにあるのかはわかりませんでしたが、とりあえず、Uさんにはきょうから座り心地の良い方のイスに座って頂くことにしました。
ちょうど、空いているイスだったので。

結果は大正解。
Uさんは、食事をするときも、テレビを見るときもゆったり座っておられました。

ダイニングテーブルのイスなんて、どれも似たようなものだと思っていたけれど、違うものなんですね。
その違いが、見ていただけではわからなかったことも衝撃的でした。
家具も、奥が深いんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.24

「コールドケース」だ!

遅番なのに7時になる前に起床。快挙!
体重を測ったら昨日より1kgアップ! なんの覚えもないのに、ハァ〜。
と、アップダウンの激しかった今朝のこと。
「三浦和義逮捕」系の話題がテレビから。

「こんなこともあるんやなぁ」と私。
音声だけ聞いていた息子が、
「えぇ!? なんで!!!」

って、三浦カズヨシ違い。生まれる前のことだからなぁ。
でもぜんぶ説明するのもしんどいから、
「27年前に日本人がロスで殺された事件よ。つまり『コールドケース』ってこと」。

コールドケースというのは未解決凶悪事件のことです。
アメリカでは多くの州で、殺人事件に時効がないから、解決されていない事件は、資料が段ボール箱に入れられて、閉架式の図書館みたいなところに保管されていて、専任の捜査官がいるのです。

そして何かのきっかけがあると、
例えば死んだおじいさんの遺品を整理していたら昔の日記に殺人事件を目撃したことがあると書いてあったとか、
古いお蔵から、血のりがついた吹き矢が発見されたとか……。
アメリカの話だから、お蔵や吹き矢はないかもしれんけど。
そういうきっかけから、ドラマが始まるわけです。

そう、実は私、WOWOWで放映されてきた海外ドラマ「コールドケース」の大ファン。放映されるたび、ため録りして見てきました。
このドラマを見ていたら「こりゃアメリカで人殺しをしたら、一生、安心はできないな」と、誰だって思いますよ。だって、40年前のDNAで真犯人を見つけたりするんですから。
でもまさか、それがロス疑惑と繋がるとは。

あのころ、27年前は、ロスでの事件というところに、
「捜査がうやむやになりやすいからアメリカにした?」と、私なりに推理していたわけですが、
もしそれが三浦氏の意図だったとしたら、大はずれという結末を迎えるかもしれません。

現時点の私の推理ですが、膨大な量のコールドケースからピックアップされて再捜査されるということは、ドラマを見ている限り、よっぽどのことがあるわけです。
DNA,目撃者、凶器……、ロス疑惑では凶器がまだ発見されていなかったそうですね。
もしくは確度の高い新証言……。
アメリカには、死を前にすると、すべてを告白して許されてから逝こうとする方が多いようですから、やっぱりこっちかな。新証言が出てきた可能性が高いとみています。

ともかく、これから何が出てくるのか。展開を見守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.02.23

わたしのおしるし(*^_^*)

080224_075633あるとき、ふと気づいたら、まわりにあるお気に入りの物に、似たような「お花の絵」がありまして、「あ、わたし、この模様が好きなんだ」と嬉しくなった次第。

だから最近、このラフに描いたお花をメモや自分の名前の所にちょいちょいと入れたりしていたのです。それは、私の中のちっちゃな女の子が喜ぶ、ささやかなお楽しみだったわけです。

そんな私にきょう、お友達(kaboちゃんとアッキー)が、素敵なプレゼントをくださいました。
「来月の遠出のときにでも使ってネ」ということで、とっても素敵な品物でございました。

080224_082432000_2予想もしていなかった私はホントにビックリ。お二人の心遣いに感謝、感激いたしました。
そして、そのプレゼントのアクセントが、このお花たちだったので、またビックリするやら、感動するやら。

幸せなのだ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.22

ちょっと片づいた。

2月のテーマのひとつ、「片づける」を少し、しました。
22日になってやっとです。
今月は29日までしかないというのに。

ともかく、少し片づけました。
長い間、手つかずだったところを。

そしたら、昔の郵便物の束が出てきたので、がさっと抱えて、中身はチェックせずに、ダーーっとシュレッダーにかけ……………ようとしましたが、できませんでした。

束は、92年から97年のものでした。
ハガキ、Air Mail、手紙、一人新聞が、靴の箱に入るくらい。
数年にわたっているわりには量が少ないので、どうしてそれだけがそこにあるのかはわかりません。

でも、1枚1枚見ていたらキリがないので、途中からは、年ごとに分類して、92年、93年と書いたA4の封筒に入れました。

手つかずの場所に手をつけて、捨てずにちゃんと整理できたので、きょうの私はとても得意げです。

片づけの本、収納の本には、捨てろ捨てろと書いてありますが、人間、無理は禁物。私に思い出を捨てさせるのは無理なこと。

キリがないとはいえ、次々に出てくる懐かしい名前を見ていると、思わず書いて下さったご本人に届けてあげたくなったりして。
「これ、16年前にあなたが私にくれたハガキです」って。
迷惑なだけかもしれませんが。

でも、もしご本人がお亡くなりになっていたら、その奥様とか、お子さんは喜ばれるかもしれないじゃないですか。
まだ、お亡くなりになった方はおられませんが、そのうちそういう日が来るやもしれません。
その日のためにも、やっぱり捨てられないし、整理しておいておくのが正解です。

もしもl、私にハガキを出したご本人で、ほしい方がおられましたら、言ってください。
貸してあげます。
コピーをとってから返してくださればいいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.21

重いビデオテープ……??

きょう会った母からの報告。
先日のビデオデッキ騒ぎの続編。

「ビデオを入れて、再生を押したら、電源が切れてしまってなぁ」
「そんなことになるわけないやん。電源ボタンを押してんのと違うの?」
「なんでやの。再生すんのに電源を押すわけないがな」

なんべんやっても電源が切れるので、しかたなく電気屋さんに電話をしたそうな。
すると、電気屋さんいわく、
「他のビデオテープでやってみてください」。

で、やってみたらちゃんと再生できたんだそうな。
それを伝えると電気屋さん、
「ダメだったビデオテープは重くありませんか」と言ったらしく、母が他のテープと持ち比べてみたら、確かにダメだったテープは重かったんだと。

「重いテープで再生するとそうなるんです」というのが母への説明だったそうな。
そこで母の感想は、
「テープの重さで再生できないなんて、聞いたことないがな」。

そりゃそうだ。
私も聞いたことない。

母は、「これの中身、気になるから、あんたのとこで確かめてみて」と、その重いテープを持ってきていました。そのテープを持ってみただけだと、重いかどうかよくわかりませんでした。
そういえば、重いかなぁって感じ。
あいにく今、うちのビデオデッキは貸出し中なので、確認はできないのですが、そういうことって本当にあるのかなぁ。

テープが古いとか、何かの理由で再生できないというのはあり得るかもしれないけど、再生ボタンを押したらいきなり電源が切れるってのはどうなんだろ。

機械のバグなんじゃないのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.02.20

我が家流? それともみんなやってる?

080220_214719
息子は、ライブを終えて、当直明け。
私は、お出かけあとの20時終わり勤務。
ってことで、親子で久しぶりの夕食は、大奮発の宅配釜寅の釜飯と、甲府駅を全力で走って買った信玄餅。

釜寅の釜飯も、いろいろと食べ方にお作法というか、コツがあるわけですけれど、
信玄餅にだってそりゃあるわけで。
私の場合は、信玄餅を個別包装しているビニールの上に中身、つまりお餅ときな粉をぶちまけて、そこに添付の黒蜜をかけます。(写真参照 この写真は縦も横もないわね)

こうでなくっちゃ!と思ってやるわけです。
でも息子は必ずお皿を出してきて、そこにぶちまけます。
あとは同じ、黒蜜をかけたときの、あの何とも言えない動き(黒蜜の!)にワーワー言ってから、いただきます。

ちなみに、エンゼルパイの場合は、お皿に出して、ナイフで切ってフォークで食べます。
だいたい何でも、一口大にしてから口に入れたいタイプなのですが、
トーストには、かじりつきます。
以上、参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.19

今は、三重県かな

今は、三重県かな
甲府からバスで名古屋 4時間。
東急ハンズで1時間。
近鉄特急で2時間。

のんびり〜んの帰り道。
気掛かりなのは、iPODの充電が保つかな〜ってことだけ。
ぼや〜ん。

きょうお仕事で久し振りに会った方から、
「今もずっと全国を飛び回ってらっしゃるんですか」って言われたじょ。
昔も、全国を飛び回ってたってほどじゃなかったんだけど(*^_^*)ね。

近頃は殆どの日を、半径2キロ圏内で暮らしてる感じです。

「今は介護の仕事をしています」って言ったら、ものすごく驚いておられました。
そりゃそうかもしれません。

写真は、職場へのおみやげに買ったお菓子の包装紙。
信玄餅も買ったけど、お餅だから、一部の入居者さんにしか食べてもらえないので。

きょうの写真は、どでかくならないはずなんだけど。
もう、ひっくりけぇってることもないだろうし。
ケータイでブログ書いてると、ラッという間に時間がたっちゃう。
この分だと、1度もDSをやらずに帰り着いちゃいそう。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008.02.18

シュッチョーだ!出張だー! たーのしいな〜

シュッチョーだ!出張だー! たーのしいな〜
お仕事で長距離移動。
お仕事でお泊まり。
どっちも久し振り。

昔、よくあたる占い師さんに「二足のワラジでバランスがとれるタイプ。専業主婦にはなっちゃダメ」といわれのに無視して失敗した経験から言っても介護の仕事ともうひとつの仕事というのは、私の場合、いいみたい。
ビジネスホテルも満喫中です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.17

昨日の分

昨日の分
そうか、メールで投稿する場合は、日付の操作ができないわけね。以前、友人が苦心していた事情が今わかった。
あさって帰ってから日付変更してつじつまを合わせましょう。

と、いうわけで。
写真は京都駅の待ち合わせ場所のシンボル 「時のあかり」。
見たことない?
JR京都駅中央改札の真ん前よ。
写真、ちゃんと縦になってるかなあ。

BGMは、初めてじっくり聴いてるバンプ オブ チキン。
弱者の一撃…。
なかなかいいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008.02.16

ケータイでブログ

これまでやったことがないので、きょうが初めて。ドキドキのお試し。

成功すれば、明日の夜から2泊3日の遠出の間も、バッチリ、ブログ書けちゃいます。

3月には10日間の遠出もあるから、うまくいくといいな。

でも書く時間はすっごくかかるね。

では送信。飛んでけ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.15

不思議な会話

今朝、職場(グループホーム)の台所で朝食を作っていた時のこと。

目の前のダイニングテーブルで、並んで座っていた入居者さんの会話にマジはまりしました。

入居者さんの会話で笑うのは、不謹慎かもしれませんが、
一人は、朝食の内容について話し、もう一人は排便について喋っているのに、立派に会話が成立しているんですからね、そりゃ笑いますがな。

「毎朝、何にもせんでもちゃーんと出てくるんやもんな、大変やで」
「そりゃ大変ですよ、毎朝のことですからね」

「ひとつとちゃうで。いっぱい出てくるんやからな」
「いっぱい出ると、気持ちがいいんよ」

「きれいにしてくれはってなぁ。ここの人(←私たちのこと)なかなか優秀や」
「そうそう、きれいにしてくださってますねぇ(←トイレの掃除のこと)。ありがたいですよ」

「健康にもええわなぁ」
「そりゃ、いいですよ。いちばん大事なことですからねぇ」

聞いていて、感動すらおぼえましたね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.14

ゴミから一転、現役に。

080214_224244_2たとえば、こんなもの。

「リラックス健康マット」という景品。(まただ。写真が横向きになってる。も〜)


明日、月1回の「燃やせないゴミの日」に、ゴミ候補として袋に入れられていたのに、ちょっと取り出して、イスの背において、試してみたりして。
実は、使ってみて、それほどリラックスもしなければ気持ちいいわけでもないのだけれど、
「明日捨てるほどのものでもないか」とゴミでなくなり、試したついでに「しばらく使って見るか」と。

色も形もあまり好きではないんだけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.13

口内炎、辛い

こんなことくらいで、とは思うけれど、口の中2カ所の口内炎と1カ所の歯茎の腫れ、加えてリンパの腫れもある感じで、食べるのも、喋るのも、他のことをするのも、つまりは総合的に辛い日々が続いています。

何が悪いんでしょう。
胃が悪いとか、ビタミン不足とか、ストレス過多とか、みんないろいろ言ってはくれますが、そんな自覚はありません。
ただ、ネットで調べていたら、「更年期口内炎」というのが見つかってしまいました。
調べるんじゃなかったよ。

食べるのが辛いと言っても、お腹はすくので、ひとりの食事の時などは、ついついクッキーですませたりしていまして、ますます栄養状態は悪く、カロリーは過剰摂取になっています。

明日、起きたら、ちょっとはマシになってるかなぁ。
もう寝よ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.12

母よ、ふんばれ!

3連休の最終日、伝えたいことがあったので母に電話をしました。
「ど〜お?」と聞いたら、
「元気だけど、WOWOWも見られないし、録ってあったビデオも見られないし、録ることもできないから、つまらない」と元気なし。

WOWOWやらBSやら、サスペンスやらを録っては見るのが大好きな母がなんとしたことかと、事情を聞くと、ビデオデッキが壊れたので、出入りの電気屋さんに新しいのをもってきてもらったところ、WOWOWが見られなくなってしまったと。

「電気屋さんが試した時にはちゃんと見られてたんやけど」
「もう1回、来てもらったら」
「連休やからか、電話しても出はらへん」
「で、なんでビデオが見られへんの?」
「わからへん、とにかく、さっぱりわからへん」

ということで、聞いていて、何とも言えず不安な気持ちになりました。
これまで、当たり前にできていたことができない……。
それは、認知症の兆候……!?

母は、「とにかく連休が終わるのを待ってみる」と言っていたので、連休明けの今朝、再度電話をしてみました。
すると、WOWOWに関しては、電気屋さんがビデオとは繋いだけれど、「テレビとつなぐのは忘れてはったんやて」と。

ビデオに切り替えて見れば見れたのでしょうが、新しいビデオデッキの前に固まってしまった母は、それでお手上げ状態になってしまっていたようでした。

ビデオの再生、録画等については、今、教えてもらって、自分でやってみたらできたから、もう大丈夫だと思うとのこと。
詳しく聞くと、電気屋さんからは、
「前の機械はこうだったとか、前の機械ではできたとか言われても、新しい機械に変わってるんですから、新しく覚えてください」と言われて、「前にも説明はしているんですが」と、もう一度説明を受けた上、「紙に書いておいたらどうですか」とも言われたらしい。

そう、新しい環境って、高齢者にはキツイのよね。
覚えられないとか、ややこしいとか言う前に、固まってしまって、できるはずのこともできなくなってしまう。
何度も呼び出されて、愚痴を聞かされ、ちっとも覚えようとしない母に電気屋さんもイライラしたでしょうが、これからの社会、そういう対応についてもユニバーサルでやっていただく必要があるのかも。

母には、「新しい機械の使い方を覚えるのは、脳にとってもいいらしい」と、エールを送っておきました。

年老いた親が急にボヤッとしてきたとき、「なにやってんの!」「甘えてたらアカンで!」と叱責するまえに、
ゆっくり話す、段階を追って説明する、ひとつずつ進めるというようなことを子どもの方でこころがけてあげれば、結果的には、お互いのためにいいと思うのですが。
「子どもの方で」といっても、実際は、「いいおとな」であり、「明日は我が身」の年齢なんですものね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.11

グラミーの日

なので、朝から昼過ぎまで生中継を見て、さっき(22時)からダイジェスト版を見ています。
仕事は16時から20時までしてきました。
ご充実さまです。

午前中の生中継版では、同時通訳のお兄さん(たぶん)が、Foo Fightersのことをフード・ファイターって言ってたぞ(たしか)。
息子は、「日本ハムファイターズとロゴが似てる」と言うてました。

日本にも、みんなが欲しがる、賞があればいいのになぁ。
レコード大賞も一部で盛り上がってるだけだし、USEN大賞とか、FNS何タラってのも、みんなが目指すって感じじゃないもんね。

ビヨンセって好きだわぁ、ビジュアル的に。
太ももが、なんだか他人事とは思えない。ぜんぜん違うと言えば違うんだけど。

私のベスト・パフォーマンス賞は、あれさ、ほらあれ、アレサ・フランクリン。
次点は、オープニングのアリシア・キーズ。

でも、ちょっとテンションはあがりそびれ。
いまいち、好きになれないエイミー・ワインハウスが、主要3部門を含む5部門受賞だったからか。

「ロード・オブ・ザ・リング」が11部門受賞した2004年のアカデミー賞のときみたいな感じね。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.02.10

長嶋さんの笑顔

今夜21時からのNHKスペシャル「闘うリハビリ 〜あなたはここまで再生できる〜」の第1回を見ました。リハビリについての特集番組です。

そのなかで、4年半前に脳梗塞で倒れた長嶋茂雄さんのインタビューが放映されました。
血色がよく、とてもエネルギッシュな姿でしたが、ろれつはあまりよくありませんでした。
野球も、かつての功績にもうとい私ですが、長嶋さんが特別な方だということくらいは知っています。
そんな私でも、少しビックリはしたので、昔の長嶋さんをよく知っていて、神様だと思っていたような方なら、ショックを受ける姿だったかもしれません。

でも私は感動しました。
ろれつがまわらないことをまったく気にする様子なく、生き生きと話す姿や目の輝きに。

とにかく、この世でいちばん幸せですと語るような表情でしたもの。

最初はビックリし、ちょっとショックを受けた方も、きっとインタビューをみるうちに、元気づけられ、勇気づけられ、「さすが長嶋」と感銘を受けられたと思います。

私の職場(グループホーム)には、「俺は長嶋と同い年や」というのが口癖の男性が入居しておられます。このインタビューのビデオを見せてあげたら、刺激になるかなと思いましたが、逆効果になる可能性もあるので、やめておくことにしました。そんな思惑って、たいていうまくはいかないですし。

まぁともかく、私にとってのヒーロー長嶋は、今夜の長嶋さんで間違いありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.09

ものすごい雪!

地元(奈良市)でこんなに降ったのを見たのは、初めてじゃないかというくらいの雪でした。
レストランに入って、池に面した大きな窓の外を見ていたら、まるでリゾート地。
おかげで、みんな足止めをくらったり、車を置いて帰ったり、大変だったみたい。
でもなんだか妙にみんなテンションが高くて、ある意味嬉しそうでした。

当直明けで一睡もしていないのに、ケロッとしている人もいましたもの。

入居者さんのイスも窓の方に向けて見てもらいました。
「うわぁすごい!」とビックリする表情は、ちっとも心配げじゃなくて、やっぱりとても嬉しそう。
雪景色って、おとぎ話の世界みたいな感じがするからかしら。

あ、こんな日こそ、使わなきゃ、絵文字。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.08

絵文字

いつの間にか、絵文字が使えるようになってる。
かわいいじゃないですか。

一億二千万、総幼稚化だ!なんて言いながら、自分がいちばんお子ちゃまだったりして

でもまたすぐに飽きるんだろうな。そういうところもお子ちゃまなわけで。
だいたい、本当は絵文字より、顔文字の方が好きなのです(^_^)。

はんこを作ってあっちこっちに押したいくらい。

あれ、いつの間にか、記事投稿時間の表示が24時間制になってる。
以前からこうだった? 
よくわからないけれど、24時間表記の方が好きなので嬉しいです。

ちょっとしたオマケが嬉しいたちなものですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.07

長文を書いたのに、

消えた

内容は、あさって退所予定のSさんのこと。
涙をボロボロ流しながら、渾身の文章だったのに。

力がつきてしまったので、きょうはもう書かない。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.02.06

イオンをウロウロ、4時間

Sohbi_006102006000009当たり前の話ですけれど、誰だって朝食時のコーヒーを飲むカップと、それ意外にコーヒーを飲む時のカップは別に用意するものですよね。

数日前に普段コーヒーを飲むときのカップが欠けてしまったものだから、代わりの物を求めてショッピングセンターをウロウロしてきました。

百均のは、重い物が多くて、デザインも原色がきつい感じでダメ。
雑貨ショップAのは、大きすぎ。
雑貨ショップBのは、白いデザインが味気ない。
ボーンチャイナも、いまいち。
ワゴンに載っていたのは、プーさんとスティッチ、可愛すぎ。
安売りしてたのは、唇に当たる部分が分厚かったのでパス。
ミントンはちと高いし、ありがち過ぎて。
エルメスは、9,800円だったし。
金(きん)が付いてるのはレンジでチンできないし。

結局、コレ!というものに巡り会えず、きょうは買わずに帰ってきました。

何か買おうと思って行くと、たいていこんなことになってしまいます。
衝動買いの時は、あっという間に決めてしまうのに。

きょうも最後の最後に、ふと手に取った掃除機を買ってしまいそうになりました。
さすがに思いとどまりましたけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.02.05

サラリーマン川柳

毎年、発表されたと知ると、ネットでひととおりチェックします。

私のいちばんは、29番。
投票はしないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.04

我ら、ソフトバンカー

きょう、お友達からの電話を切って、時計を見たら21時でした。
ソフトバンクのケイタイを使っているお友達からの電話でした。

前にも、ソフトバンクを使っている他のお友達から20時57分に電話がかかってきて、一方的にダーァッと喋られた末、「じゃ」って感じで切れたことがありました。

せっかく21時までは通話が無料なんですからね、わざわざ21時以降に電話することはないし、できれば21時までに電話を済ませたい、それがソフトバンカー。

私の職場は、日勤帯の勤務終了が20時。
用事がある場合、仕事が終わってからすぐに電話すればいいんだけれど、バタバタしているうちに、1時間なんてすぐ経っちゃうし、かけたい相手が20時まで仕事に入っている場合も、待ってるうちに他のことに気を取られて、気が付いたら「あっ!」ってなことがよくあるのです。

で、慌てて喋ることになるわけですが、そんな電話の後は、「さっきの電話ではよくわからなかったと思いますので」とか、「さっきは焦っちゃって」と、メールのやりとりをすることになることも多々。
メールはいつでも無料ですから。

タダってやっぱりお得感が高いわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.02.03

哀愁の節分

仕事のために早起きしたら、外は一面の銀世界。
バイクではとても行けそうにないので徒歩で出発。

職場(グループホーム)では、いきなりきょうの節分に合わせてお昼のメニューを巻きずしにすることが決定。
冷凍庫やら、乾物やらで、何とか材料が揃いそうだし、遅番出勤の主任君に足らない材料を頼んで急遽。

そういうことは、大変、大変と言いながらも、目処が立ってきたらけっこう楽しめます。
何よりも、入居者さんが喜ぶ顔が約束されていますもの。

それに引き替え、気が重くさえなるのが、豆まきです。
毎年のことだから、いくら盛り上げようとしても、入居者さんがそれほど楽しそうにならないことがわかっていますし。

今年は、小規模にやることに決まっていて、ホッとしていました。それに、シフトの都合で私は豆まきの時間、不在。

豆まきが終わってから職場に戻ったら、案の定、「いまいちでした」の報告。
食べ物をまき散らすこと、部屋が汚れること、豆をぶつけるという行為、また逆にそれでムキになる人、それでも何とかノってあげたいと気を遣う入居者さん。
それらが相まって、何とも言えないビミョーが雰囲気がリビングに漂ったのだと思います。

それでも、まったくやらないのも物足りないでしょうしね。
来年は、何か別の手を考えましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.02

2月のテーマは、

今月のテーマは、……といっても毎月そんなものを設定しているわけじゃないんだけれど、

1.片づける!

2.TOEIC!

ほらね、やっぱりここ数年ずっと言ってることがあがってきただけじゃないの。

でもそれでも試しに掲げてみたわけさ。
「宣言する勇気」← 懐かしい?

1.片づける
これは、数年どころか、数十年のテーマであるわけで。
「スッキリした状態が継続している部屋で暮らしたい」ということすら、なかなかできない私だから、いろいろ理屈通りにいかないことにも対応できる私が出来上がってきたわけだし、「なんでこんなことができないの!」と言いたくなる相手にだって優しくなれる私がいるわけで。
つまりは、このテーマを与えることによって、私という完璧で傲慢な人間をコントロールしているわけですね、神は。
「スッキリした状態の部屋」なら、休みの日に片づけたり、たまっている物を処分することで、少しの工夫や決断で、私にだってできないわけじゃないんですけれど、「スッキリした状態が継続している部屋」となると、なかなか難しい。
「サスティナブル」……、つまり対症療法的な解決ではなく、循環可能なシステムを作るという根本的な改善を必要としているのです。

って、なんでもそうか。

2.TOEIC
これは、受験日を5月25日と決めたので、今月から気合いを入れて受験生モードに入っていくということです。
このテーマには、もう一つ、隠れたテーマが存在しています。それは、「お金をかけない」ということ。これまで買ってきた本やソフトで「充分だろ!」ということで。
だから最近の私は、本屋さんに行っても、英語学習や英会話のコーナーには行かないのです。

2月はニゲル、あっという間だから、気合い入れていかなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.02.01

鞄にいっぱい詰め込んで、

きょうは病院の日でした。
前回のような4時間待ちは、例外だったと思いますが、それでも軽く2時間くらいは待たされるだろうなと予想がつく大学病院。

待たされること自体はぜんぜんイヤじゃない。
本、DS,メモ帳、仕事系の本、iPod、英語の問題集と、いっぱい持って行ってきました。

結局、約1時間半ほどの間、きょうは英語の問題集をずっとやってました。
行き帰りは、iPodが大活躍。エスカレーターをやめて階段をあがっちゃったほど。

病院は、片田舎というか、郊外というか、のんびりしたところにあるので、行き帰りの電車もバスもいつもガラガラ。景色もきれいで、空も広い。

今のところ、痛みも苦しみもないし、病院に行く日は、それなりに嬉しいのです。
もちろん、Pitapaカードも大活躍ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »