« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008.03.30

変毒為薬(へんどくいやく)

Dcf_0009確か仏教用語だったように記憶しています。

意味は、毒を変じて薬となす、というような感じかな。
ま、つまりは、いつまでも落ち込んでばかりもいられないので。

というわけで、
きょうは、イオンショッピングセンターに行ってきました。
バイクに乗るのはまだ自粛。
ちょっと遠い方のバス停まで歩いて行ってきました。写真は、そのとき撮影。満開のユキヤナギです。

日曜日、イオンお客様感謝デー、雨降り、という複合的混雑が予想されるなか到着したイオンはやっぱりド混雑。

はしゃいでウロウロしていたら、案の定、フラフラしてきました。なので帰りは母の車で送ってもらいました。すごく恐い運転なので、普段なら遠慮するところですが、そうも言ってられず、ヒクヒクしながら帰ってきました。

帰ってきてからは、イスに座ってボーっとすること約3時間。
何もできませんでした。
でも、アタマの中は、例の衝動買いによる落ち込みをどう解消するかでフル回転。
買ったのは、英語学習に関するノウハウ本です。
実は、同じ所が発行している学習セットが19,800円で、それがほぼ半額で手に入ると勘違いしての購入でした。
気合い入れて勉強しようと思ったのと、半額?に引き寄せられての衝動買いが、開いてみると内容は…………。
少なくとも私にとって、9,980円の値打ちのあるものではなかったわけですね。

でもまぁしょうがありません。
ダウンロードしてからの返品は不可の商品です。当たり前です。

このマイナスのエネルギーは、何とかプラスのエネルギーに、つまり今回の場合だと、結果的に9,980円を無駄にしなければいいのですから、英語学習で成果を上げればいいわけです。

エネルギーゼロの状態で気合いを入れるのは難しいけれど、スタート時点で、言葉は悪いですけれど、「くそぉぉ!」ってエネルギーがあるわけですから、しめたものです。

「おっしゃぁぁぁl」です。

あいにくまだ実際に動くには体力が足らないので、傍目にはイスに座ってボーーーっとしているようにしか見えないでしょうが、気分は「燃え〜」なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.29

退院7日目 でもそんなのカンケーない。

080327_082632朝からどんより。
天気じゃなくて、気分が。

原因は、昨日、夜中の衝動買い。
ネットでつい。

情けない。
9,980円。

形があるものならまだしも。
ネットでダウンロードするノウハウ本みたいなものに。

退院してきて1週間。
なんか、思うように動けない自分への焦りがあったかな。
いや、そんなのカンケーない。

私がアホやった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.28

退院6日目 まだ6日目か。

なんだか、毎日を無為に過ごしている感が強くなってきているきょうこの頃。
でも、6日目かと思うと、しょうがないかなとも思います。
なんせ、1週間は外出禁止なのだから。

家の用事をしていても、すぐに疲れを感じてしまうのは、体力が落ちているからなのでしょうか。
手術をしたとはいえ、たった11日間の入院で、こんなに体力が落ちてしまうもの?と、いまいち解せないのですが、まわりからは「予後が大事」「養生しなさい」とやいやい言われるものだから、仕方なくおとなしくしています。
というより、すぐに燃料切れ状態になるものだから、おとなしくならざるを得ないのですが。

高齢の方が、骨折などで入院したのをきっかけに寝たきり状態になってしまうということはよくあるそうですが、わかりますね。無理もないと感じます。

私ですら、ほんのちょっとではありますが、「また元気に働けるのだろうか」と不安になることがあります。当たり前に元気になるとわかっているのに。
一昨日より昨日、昨日よりきょうと元気になってきている実感が、しっかりあるのに。

体力が落ちているのだから、早く体力づくりがしたいです。
体重は2キロ減まで回復してきました。しなくていいのに。
たぶん筋肉が落ちて、かわりに贅肉がついてきているのでしょ。
早く運動を開始したいです。
Wiiで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.27

退院 5日目 パソコン解禁

無理はしないように気をつけながら、家事。
昼を過ぎても、それほど疲れを覚えないので、きょうはパソコンに向かってみました。

昨日までは、向かう元気がなく、メールチェックとブログ2〜3コだけ読んでは閉じていたパソコン。
そろそろ、「なんか書きたー病」もむずむずしてきておりますし。

ブログも書こ……、ではあるけれど、入院・手術のくだりはなんとしようかと暫し思案。
もう終わったことだし、スルーしちゃうか、とも思ったけれど、ひょっとして何か書いておけば、後の世に何かの形でお役にたてることがないとも限りません。

なので、少々ショッキングなタイトルにはなっちゃいますけれども、手術名をそのまま使いました。
検索でたどり着く人用の記事なので、興味ない人はわざわざ戻って見なくていいですよ。

明日は、退院翌日からのブランクも埋めましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.23

退院 翌日 お陰様で、

昨日、無事に退院してきました
応援してくださったり、お祈りしてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

退院後療養計画書によると、「2〜3日は、入院中と同じように生活すること。外出は一週間後から少しずつ」とあります。

なるべく守ろうと思っています。入院中も、予後の養生が大事と、何度も言われましたから。
でも、入院中と同じようにったって、ご飯はどこからも運ばれてきませんし、お掃除のおばさんもまわってきてくださいませんものねぇ。

と、言いながらきょうはいきなりバス&電車でお出かけしてしまいました。
バイクに乗っていくのは、さすがにやめました。

まちなかに出ると、やっぱりなかなかまわりのスピードについて行けず、ちょっと恐かったです。

明日からは、なるべくおとなしくしていましょう、と思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.22

8日目 退院 

朝ご飯を食べて、精算。
高額医療費の手続きのおかげで、思っていたより随分安くすんだのでホッ。

久しぶりに、私服を着て、お化粧もしました。
ジーンズがゴソゴソかと思いましたが、ぜんぜんピッタリだったのでちょっと拍子抜け。
でも体重は、入院時(10日前)より3.5キログラムほど落ちていました。

思い返すと、辛かった日もあった入院でしたが、術後3日目にはかなりラクになっていたわけで、これからどんどん元気になるのだと思うと、手術はやっぱり正解だったと思います。

術後のむかつき、キズの痛み、めまいなどは、人によって様々なようですが、みんな3日目にはほぼ元気になっていましたよ。むしろ、3日目までむかつきに苦しんだ私のケースは異例だったような感じです。
痛みや苦しさが恐くて手術に二の足を踏んでいる方は、どうぞ参考になさってください。
もちろん、あくまでも、参考ですけれど。

病院へはお友達のカボちゃんが来てくれて、息子と3人でお食事に行きました。
息子と別れてから、ケーキセットを食べに行きました。

そして帰宅。
午前中から、ひとりで精算にウロウロしたり、荷造りをしたりしてけっこう動いていたからか、帰ってからはグッタリ。
早めに寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.21

子宮全摘手術 7日目

きょうのメインイベントは抜糸と金具の除去。
そして退院診察。

それらを終え、問題がなければ明日退院なのです。

私より先に手術を終えた人から聞いていた抜糸の感想は、「そんなに痛くない」だったので、恐れることなく抜糸待ち。
抜糸をしたら、ツッパリ感がなくなってラクになるとも聞いていたのでワクワクしながら待っていました。

ガシカシ!
思いっきり痛かったです。
病室に帰ってからもジンジンしていました。
でも、そんな痛みはやがて治まるとわかっているので、まぁ我慢。
確かに、ツッパリ感はなくなったし。

診察でも問題なし。
やったぁ。明日は退院だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.20

子宮全摘手術 6日目

きょうからは、病棟だけじゃなくて、病院内歩行可能。
実は、すでにこっそり売店などには行っていたのですが、やっぱり堂々と行けるようになったのは嬉しかったですね。

ただし、やっぱりウロウロした後は一休みが必要。

寝たり起きたり歩いたり食べたりと、読書、テレビ鑑賞の1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.19

子宮全摘手術 5日目

きょうから食事が普通食になりました。もちろん3食、全量摂取です。

本を読む元気も出てきたので、この日は読書三昧。
東野圭吾の『殺人の門』、読み応えのある内容と量の作品でして、没頭して読んだので、時間が経つのがあっという間。
夕方にはシャワーも浴びました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.18

子宮全摘手術 4日目

もうすっかり吐き気もなく、
きょうから「病棟内なら歩行していいです」だったので、朝から病室前の廊下をウロウロしてみました。

キズが痛いから、よちよちですけれど、それ以外の症状がないので楽勝です。
身体を動かした方が便通にもいいだろうと調子に乗って歩いていたら、直後、しんどくてダウン。

あぁ、やっぱり無理したらあかんわ。
体力が落ちてるわけね。

食事は全粥食になりました。
ずっと全量摂取。
でも、少し動いたら息が切れてくるし、本を読んだり、DSをするほどの元気もなく、テレビを少し見るくらいのことでしか時間を潰せず、時間がなかなか進まない1日でした。

夕方には、息子が彼女を連れて来てくれました。
「思ったより元気そうや」とホッとしたようでした。

頼んでおいた「SWITCH」の桑田佳祐特集号が届いたので、一人になってからは読むのに没頭しました。
インタビュー記事やライブレポートを読んでいると、耳からも聴きたくなって、iPOD。
今までやったことなかったのですけれど、イヤホンをして枕にアタマを沈めると、音楽がアタマ全体に響き渡る感じになるのですね。
特に最近録音された曲なんかは音響技術がいいからか、まるでヘヴン。
くせになりそうです。

あらためて、2002年のソロワークス『ROCK AND ROLL HERO』はスゴイと再認識。
ニッポンのロックアルバム、ベストワンだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.17

子宮全摘手術 3日目

朝、目覚めてもやっぱりむかつきがあって、げんなり。
嘔吐を恐れて、きょうから5分粥になった朝食もほとんど食べられず。

そのまま午前中ずっと、ベッドに座ったり、イスに移動してみたりしてむかつきに耐えていましたが、看護婦さんから、「もう一度、吐き気止めの筋肉注射、打ってみましょうか」と提案され(実際には、医師の指示ですけれど)、お願いしました。

昨日は効かなかったけれど、きょうは効くかもと祈るような気持ちで。

すると、15分後くらいから吐き気がまったくなくなりました。
ちょうど昼食の時間になったのですが、なんだか急にお腹が空いてきたし、7割ほど食べました。

食べた後は、1時間熟睡。昨日までのことを考えるとずいぶんラクになりました。
看護婦さんの「吐き気はどうですか?」にも、
「ぜんぜんありません。生まれ変わったみたい」の返事。

同室のみんなからも、表情がぜんぜん違うと言われました。
トイレの鏡に映るのも、妖怪ではなく、初老のおばあさん。

夕方には、看護婦さんにシャンプーをしてもらったので、一気にスッキリしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.16

子宮全摘手術 2日目

きょうから流動食開始。
朝ご飯は、具のないおみそ汁と重湯でした。
でも、むかつきが続いていたので、どちらも半分ほどが精一杯。

10時頃かな、背中に入っていた痛み止めの管が外されました。
そのせいか、しばらくするとお腹のあたりが激しく痛み始めました。
看護婦さんに言うと、坐薬を入れてくれました。

後から考えると、いちばんきつかったのがこの日でした。
痛みはしばらくすると治まりましたが、悪寒、ほてり、むかつき、嘔吐と、辛い症状に苦しみました。

まわりのベッドの人が、「きょうはいちばんしんどい日やね。明日はラクになるよ」と言ってくださったのを励みに、ひたすら症状が治まるのを待ちましたが、吐き気止めの筋肉注射も効かず、流動食も水分も摂れないので再開された点滴、続く嘔吐を止めるための吐き気止め入りの点滴をしながら、真夜中まで辛かったです。

夕方には、オシッコの管も抜かれ、トイレまで歩いて行きましたが、お腹の傷は痛いし、ふらつくし、トイレの鏡に映った自分の姿はまるで妖怪。

「誕生日なのに…、」と、ちょっと思いましたが、すぐに思考停止。
考えない、考えない。
わざわざ考えて、悲惨な現状に追い打ちをかけるなんて愚です。

思い出深い誕生日と思い直して、時間が過ぎるのを待っていました。
いつまでも続く症状ではないんだからと思いながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.15

子宮全摘手術 翌日

手術前の硬膜外麻酔の管が背中に入ったまま。
そこからじわじわと痛み止めが入っているということで、痛みはほとんど感じませんでした。
絶食絶飲は明日の朝まで。
それまでは点滴です。

むかつきが続いていて、気持ちは悪かったのですが、痛みが無いのと、食べていないこと、疲れなんかのせいでしょうか。1日中、トロトロと眠っていたような気がします。

血圧測定や検温、点滴の交換、12時間ごとの注射と、私は寝ているだけでしたが、しょっちゅう看護婦さんがきたり、先生がキズを診に来たりと、まわりはバタバタしておられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.14

子宮全摘手術 当日

朝食も昼食も食べなかったけれど、たいしてお腹が空くこともなく。
10時にカンチョウ。思っていたよりもイヤな状況にはならず、スッキリ。

お昼過ぎを迎え、息子が到着。
13時半過ぎに、ストレッチャーに移動、麻酔の注射。手術室に移動。
手術室に入ると、指示の声、それに対する返事、確認の声がとびかう中、心電図の計測。
執刀医の先生から、ベッドの幅を手で確認するように言われました。
「ほら、ここまでしかありませんからね。意外と狭いでしょ」って、なんだったんだろ、大事なこと?

ほどなく、硬膜外麻酔。
「身体をなるべく丸くエビみたいにして」と言われて、丸くなった背中にキューっとした感じで針が入ってきました。
「痛みますか?」
「イタイ!」
「じゃコレは?」
「痛くないです」
で、終わり。意外とすんなり終わりました。

次は全身麻酔。

次に意識が戻ったのは、執刀医の大きな声で起こされたとき。
「終わりましたよ!」

え、ウソ。と思うほど何ともなかったので、とても嬉しかったのを覚えています。
麻酔って本当にスゴイ。

病室に戻ったのは16時過ぎでした。手術は、2時間ほどだったようです。
先生に言われたとおり、酸素マスクがはずされるまで、一生懸命深呼吸をしていました。

ベッドサイドにいる息子と少ししゃべりましたが、とにかくとても眠かったので、寝ました。
次に起きたのは18時半頃。
特に痛み無し。ケロッとしている私に安心して、息子は「じゃ」と帰って行きました。

20時頃だったかな、少し身体を動かしてみたら、きゅうに吐き気をもよおしてきて、嘔吐。
そのときは苦しかったけれど、その後は眠気が勝ったようで、眠ってしまったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.13

子宮全摘手術 入院2日目

明日が手術日なので、きょうは、そのための準備日ですね。

夕方にはシャワーを浴びました。
一人ずつ入るお風呂場でふと、鏡に映った裸身を見て、「明日にはここにキズが入るのだな」と思い、とりあえず、ケータイで写真を撮っておきました。今、話題の「手ブラ」セルフヌードです。
さすがにここには掲載しませんが。
記念です。メモリーです。

その前には手術前のお約束、「手術野の毛の除去」というのがありました。
説明では、「広範囲に」とありましたが、私の予想をかなり下回る狭い範囲の除去でしたので、ご心配なく。

夕食は普通に食べて、21時以降は絶食、0時以降は絶飲ということだったので、差し入れてもらったもの、売店で買ってきたものなど、けっこう食べまくりました。
「こんなに食べたら太るかしら」と思うことなく、食べたいだけ食べる機会は貴重ですもの。

21時には、入眠剤とゆるやかな下剤を服用。
麻酔科の先生から、「前日、緊張して眠れないといけないので、ゆっくり眠れるようにお薬を飲んで頂きます」と言われてました。
ありがたいことです。
おかげさまで、コトンと眠りについたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.12

1日目

手術についての説明があるので身内の方と一緒に来るように、と言われていたので、久し振りに息子と電車。2人で病院にやってきました。
看護士さんから病棟や病室その他の説明を受け、続いて医師からあれやこれやと怖い可能性について説明がありました。
病院については、なかなかいいなあと思うこともあれば、納得できないこと、不審なこともあるのですが、手術が終わるまでは、下手なこと、言いたくないですし、何事もあまり深く考えないようにしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.03.11

クワ系予定表

080311_223001
昨日の記事、息子の予定表は見て面白がっていただけだったけれど、桑っちょ系の予定表は、明日からの外出を前にしてちゃんと管理しなければ! なのです。
まずは、
3月10日
 ●『SWITCH SPECIAL ISSUE『桑田佳祐2007-2008』発売

 桑田佳祐というアーティスト像を凝縮した特別編集・完全保存版
 スペシャルインタビュー、鎌倉フォトストーリー、全国ツアー完全密着などで構成される充実の一冊

3月11日
 ●「桑田佳祐のオールナイトニッポン 〜有楽町で逢いましょう!〜」生放送
 (ニッポン放送をキーステーションに全国36局ネット)
 3/11(火)25:00〜27:00に桑田佳祐が、
 一夜限りの「オールナイトニッポン」スペシャルパーソナリティを務める。

3月12日
★桑田佳祐 2007年の活動をすべて詰め込んだコンプリートパッケージ3/12(水)発売決定!

コンプリートパッケージ(DVD+CD)
『桑田さんのお仕事 07/08 〜魅惑のAVマリアージュ〜』発売日
価格:¥5,775(税込)/¥5,500(税抜) ★DVD+CD+超豪華ブックレット付き!
ジャケット

3月23日
★日本初、全国民放 FM53局同時LIVE番組の放送にともない
“全国民放 FM53局 & KDDI present 桑田佳祐アコースティックライブ in 石垣島”の開催

3月27日、28日
●TBS系『CDTV×サカス!』 出演決定!
TBS系『CDTV』のスペシャル番組に桑田佳祐が出演、スペシャルライブを披露します。
3/27(木) 23:55〜24:55、3/28(金) 24:40〜25:55 OA

なんか、息子の予定も、桑田さんの予定も、私の入院まわりに集中しているような気がするのは気のせい?

とりあえず、きょうは本屋さんに『SWITCH』を買いに行ったけど、発売が12日以降に延期になっているとのことだったので、明日病院に行くときにでもまた寄りましょう。

コンプリートパッケージ(DVD+CD)
『桑田さんのお仕事 07/08 〜魅惑のAVマリアージュ〜』の購入は見送り。amazonのレビューでも、この企画はおおむね不評です。私の感想は……。新曲が1曲入っているというのが小憎らしいのよね。でもamazonで買うと安いよ。
私は、TSUTAYAの売り場に置いてあった「Kuwata Keisuke Express」っていうおっきなパンフ(?)だけもらってきました。

でもって、今夜25時、つまり午前1時からの2時間、オールナイトニッポン生放送のパーソナリティってのが問題よ。
誰か録音してくれないかしら。自分で起きてるしかないのかしら。
それもスピーカーの前にカセットを置いて音を立てないようにして録るのよ。
中学生の頃を思い出すわ。
3時まで起きていられそうもないところも、あの頃と変わってないや。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.03.10

息子の予定表

080310_08153息子の、といってもうちにはってあるカレンダーなんですけど。
面白いなぁと思うのは私だけでしょうが、予定として書いてあるのが、Zeppelin、U2、Eagles、ボウイ、東京事変、ディープ・パープル、ジミヘンなど、色とりどりのミュージシャン名。

これ、間近にせまった大学卒業までの4日間をかけて行われる、軽音楽部の「追いコン」つまり、卒業生追い出しのライブと、その練習の予定なのです。
ちなみにボウイは、氷室さんのボウイじゃなくて、David Bowieですって。

ライブといっても部室でやる身内だけのものだからか、やっつけ練習のやっつけライブではあるらしいのですが、きょう聞いたところ、4日間で息子が出場するバンドは16バンド、演奏する曲は50曲超……。

きょう、10日の予定は書かれてないから無いのかと思ったら、「多すぎて書ききれないから」とのこと。

そのライブ予定の合間を縫うように、私の入院、手術の付き添い、最近始めた介護系のバイトにホワイトデーまであって、超ご多忙のご様子。

ドーパミン、出まくりなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.09

変なおばさん

080309_1846534,5日前から兆候があった風邪が勃発。38度超の発熱で、仕事&お出かけの1日でした。

少しでもラクになりたくて京都で買った「熱さまシート」。
友人と食事をしている間はもちろん、駅周辺を歩き、その後、一人になってからもおでこに貼ったままでおりました。
ちょっと勇気がいりましたが、貼っていると気持ちがよかったし、「熱さまシート」は、一度はがすとクッツキが悪くなってしまいます。
8時間の効果があるのに、貼ってからまだ3時間ほど。
はがすのもったいない。

歩いているとき、みんながチラッと私のおでこを見るのを感じました。

マスクは一般的になったのに、シートはまだまだのようです。
小さい子だったらまだよかったのかもしれないけれど、私ですもんね。
撮影は、帰りの電車の中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.08

できた! 私のケータイで音楽

誰か…、と悩んでいたのは、昨年の7月のことでしたか。
ケータイをソフトバンクに替えて、ケータイをiPODのように使いたいと四苦八苦していたのは。

だって私は、いくつか挙がった候補機種のなかから、「メディアプレーヤー」という機能が付いているのをわざわざ選んだんですから。

「添付のソフトで簡単にできる」って言われたときに、「Macでも大丈夫ですか」ときくべきでしたね。

でも、何とかできないものかと、フリーソフトを駆使して、変換して書き込んで再生したらデータが壊れているというようなことを、延々とつづけたのち、「もういいや。こんなことやってやってらんない!」と諦めたのでした。
ソフトバンクの人からも、「Macで確実にできる方法はわかりません」と言われたし。

それがこのたび、microSDカードを東芝製に替えたことで、「もう一度試してみよう」という気持ちが再燃してきまして。
ネットで情報を探しているうち、見つけたのです、mp3をmp4に変換する方法を。
しかもiTUNEを使って!

やってみたら、手間と時間はかかるものの、簡単にできましたし、データも安定しているようです。
嬉しいです。
iPODはiPODで使いますけれど、ケータイに好きな曲を入れておけるのは、心強いです。1GBのカードだから、100曲くらいは余裕で入ります。
道さえわかれば、手間がかかろうが、時間がかかろうが、そんなことはたいしたことではないのです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.03.07

東芝製が届いたので、

さっそく試してみました。
これまでは、ケータイで大きな画像を撮影して、それをMacにコピーしようとすると、ぜんぶ壊れちゃってたので。
注文したと書いた記事は3/2でしたね。それほど急がなかったので、メール便で発送してもらいました。

ケータイの2048×1536の、星3コモードで撮影して、カードリーダーに差して、Macでクリクリック。
見事、画像が開きました。
やっぱりmicroSDカード側に問題があったのかな。

でもって、その台湾製のカードはデジカメに差して使ってみたら今のところ問題なしなので、デジカメ専用にすることにしました。保存領域が128MBから一気に1GBになって、余裕です。

試しついでに、ケータイの2048×1536星3コで撮影した画像と、デジカメの2048×1536星3コで撮影した画像をパソコンに取り込んで、モニターで見比べてみました。
どちらも314万画素。

するとやっぱりぜんぜん違うんですね、そのなんというか、写真の出来が。
まずデータの大きさがぜんぜん違いました。
ケータイで撮った画像はせいぜい700KBだったのに、デジカメの画像は1.3MB。

写真も、パッとみただけで違いはくっきり。
キメというのか、コントラストというのか、デジカメ写真はとってもキレイ。
カメラ選びで画素数にこだわるのはあまり意味がないということは聞いていたのですが、なるほどこういうことかと納得しました。
きっとレンズやら何やらの違いが大きいのでしょうね。

明日からは、デジカメもバッグに入れておこうかな。1GBのカードになったから最高のモードで撮っても200枚くらい保存できるわけだし。

ちょうど明日は病院の日でお出かけだから、フル充電して持っていきましょう。
ケータイと、iPODと、DSと、カメラ。
1コずつだとそれほどでもないけれど、全部入れるとけっこうな重さです。
それ用のバッグが必要かしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.06

確定申告とヘヤカット

きょうは16時からのお仕事だから、それまでに上記2点をやっつけました。

貧血が治ってるせいか、朝も難なく早い時間に起きられるからスタートも早くて楽勝ペース。
元気だってことは本当にすごいことだと実感します。

ホットフラッシュくらい、なんてことないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.05

きもかわいい?

080305_104341奈良県が2010年に開催(?)する「平城遷都1300年祭」。
お祭りだからやっぱり「開催」でいいのかな。
とにかく県が主体となってやる事業です。

そのマスコットキャラクターが発表されて、それがちょっと話題になっているようなので、ここでもとりあげてみましょうかと。
キャラクターは、こちらでご確認ください。
画像保護がかかっていて、ここに持ってくることはできなかったので。

これがかわいいのか、気持ち悪いのか。

作者は彫刻で世界的に有名なアーティスト、藪内佐斗司さん
ちょっとマニアックな感はしますけれど、知ってる人は知ってる方です。←あたりまえ
仏像彫刻などで奈良には縁の深い方です。
だから、県が藪内さんにお願いしたというのはとてもよくわかります。

藪内さんにお願いすれば、よくありがちなキャラクターとは違うものが出てくることは覚悟の上、つまり確信犯?です。
キャラクターは、藪内さんの作風どおりの作品です。
藪内さんのアートは、気持ち悪い人には気持ち悪いでしょうし、みんなに好かれる物を創造するのがアートでもないでしょうし。

で、わたし的にはこのキャラクター騒動、どう感じているかといいますと、
面白がっています

以前、藪内さんの作品展を見に行ったこともありますし、友人に紹介したこともあります。
好き嫌い以前に、衝撃的な作品に感銘を受けました。
すごいなぁ〜って。
だからといって、作品を家に飾りたいか、何度も見に行きたいかと言われると、それはありません。
好みの違い。
作品展を見に行ったとき買った日めくり(写真)も、しばらく楽しんだあと外しました。


「面白がっている」というのは、他と違うから。
それに、話題になっていることが楽しいから。

今、このキャラクターの愛称募集をやっています。
私も考えました。
「ディアブツくん」。

ディアは、鹿と、「親愛なる」のDearをかけています。
……って、☆\( ̄ ̄*)バシッ

名古屋っぽいのが難だけれど、せっかくだから応募しときましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.04

パケ放題に加入企画、断念

入院が決まってから、入院中はケータイのパケ放題に加入しようともくろんでおりました。

ちかごろは、いろいろなケータイサイトがあるじゃないですか。
ケータイ小説を読んでみるもよし、着うたをダウンロードするもよし。
入院を機に、普段できないことをやってみようというワクワクの企画……だったのに。

ネットで申し込んだら、サービス開始日が「4月1日」となっていて、とっくに退院しているじゃんです。
それでは意味がありません。
とりあえず、サポートに電話したら、「サービス開始は申し込み日の翌月からになりますんで」ということで、仕方がないので申し込みをキャンセルしました。
しつこいしつこい本人確認の末。

で、そのあと、ちょっと文句も言ってみたくなったので、
「新規契約のときは何日からでも開始できたのに、どうして既契約だと『申し込み日の翌月から』になるわけ?」と突っかかってみました。
答えは、「どうして?と聞かれましても、こちらの方ではわかりかねます」だって。
ま、そうだわな。

予定通りに事が運ばないと不機嫌になる傾向が強いわたくしではありますけれど、しょうがないので諦めました。
入院時の承諾書には、「携帯電話の使用禁止」という項目もありますしね

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.03.03

「ストロベリー・フィールズ」コンティニュー♪

080304_210739110日ほど前から、毎朝の新聞に載っている小説を切り抜いています。
たまたま、「きょうから新連載」という日に、新聞を見ていたことがきっかけです。
「きょうから毎日、読もう」と思い立って、どうせなら切り抜いてためていけば、「本1冊分がタダだわ」ということで。

でも、これが私にとっては意外に大変な作業になわけでして、1日分ならものの1分ほどで済む作業なのに、ちょっと気を抜いているうちにたまった新聞から小説のページを探し出して切り抜く作業は、けっこう手間がかかります。

最近はまるで、新聞小説を追いかけてるみたいな感じ。

それでいて、寝る前に読もうとすると、本と違ってとっても読みにくいし、それ以外の時間に読書の時間なんてとれないのに、110枚にもなった切り抜きの束。
どうしよ。

080304_211104
小説のタイトルは「ストロベリー・フィールズ」。
ロゴの雰囲気が気に入ってるのも、意地みたいになって切り抜いている理由のひとつ。
毎日、素敵な版画が使われていることも。

入院のときなら、読めるかなと思っているの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.02

324万画素なんだけど。

私のケータイについているカメラの画素数は324。
今のケータイの機種を決めるとき、本当は、もうワンランク上のカメラケータイを考えていて、でも月々の支払いを考えて、ワンランク下にはして、だからせめてもと200万画素カメラが多いなか、ちょっといいカメラにしたつもりだったのでした。

でも、これまで撮った写真がどうもボケボケで、いつも満足できなかったので、きょうは貴重な時間をさいて、説明書を見ながら設定確認などしてみておりました。
ひとつわかったのは、画質がノーマルになっていたこと。なのでファインに変更、これでちっとはマシな写真が撮れるかなと部屋の中を撮影して、メモリーカードに保存。パソコンの画面で確認しようとしたら、データが破損。

何度か、撮影してやってみたけれど、やっぱりダメ。どうやらパソコンに繋いだカードリーダーに入れたあたりで、画像サイズが大きデータがぜんぶ壊れてしまうようなのです。

ブログに使うような小さな写真はみんな無事なのに。

ケータイの中にあるときには無事だから、メールでパソコンに送ろうとしても、「添付するには画像が大きすぎます」って言ってくるし、も〜。

マックだからかしら。
それとも、microSDカードが台湾製だから?
そういえば、以前、音楽データを転送しようとしたときもうまくいかなかったんでした。

ということで、あれこれ試すのはそこそこのところで切り上げ、ネットで国産(東芝)のSDカードを注文しちゃいました。
へ?ってくらい安い値段だったし……って、それがいかんのか?

数日後、届いたらまた試してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.01

もう3月!

きょうは、朝からの仕事だったので、職場(グループホーム)で目に入ったカレンダーを全部ちぎって、3月のに替えてきました。

「きょうからもう3月」というと、みんな言います。
「こないだお正月が済んだとこやのに」。
たしかにね。

今月は、中旬に入院&手術が控えているので、やっぱりなんだか落ち着きません。
たいした手術じゃないんですけれどね。
息子が最初に生まれ育った場所を、私の都合でぜんぶ取り出しちゃうということなのですが、癌でもないし、悪性の何かがあるわけでもないので、あまり心配はいらないそうです。

だから、心配しない、怖がらない。
でも、それができたら苦労はない。

だから、極力、考えないようにしています。
だからゼッタイ私のこと、心配したり、励ましたり、勇気づけたり、しないでくださいね。
どんどん考えて、どんどん恐くなっちゃうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »