« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

iPOD shuffle ゲットー

315lqn1twl_sl500_aa280_「お母さんって、IC recorder、毎日使ってるん?」

息子が私のSONYちゃんに魔の手を伸ばしてきたのは数日前のこと。
「使ってるよ」と即座に答えました、私。

「そうか……」
「なんで?」
「いや、ちよっと…」

なんでも、院の授業でのカウンセリング実習の様子を録る必要があるらしく、「今はカセットでやってんねんけど、たいへんやから」って、そらそうだろ。だから私、買ったんだから。
私が使ってると、何でも欲しがるんだから。
Macもそう、デジカメもそう、DSもそう。

とは思ったものの、もう1個、買うのはもったいない。だって、私が毎日使ってるのは、ミュージックプレーヤーの機能だけ。
録音機能を使うのは、土曜日の23時から1時間と、あとは必要に応じてだから、こちらの使用を優先してくれるなら、共用できないこともありません。

「じゃ、代わりにキミのiPOD shuffle貸してくれる?」と聞いたら、
「それはちょっと……」やて、なんじゃそら。

で、彼は探してきたのです。彼の友人が「もういらないんだけど」と言っていたお古のiPODを。
きょう、私の手元に届きました。期待していなかったピンクに欣!です。
1GBだけど、私の通勤やお出かけにはそれで充分です。

早速、オートフィルしたら150曲、963.1MB、入りました。
このおまかせ感がたまりませんなぁ。
えへへー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.29

「無料でお試し」に釣り上げられて、

タダには弱い私ですが、さすがに近頃はしっかり警戒もしております。
「結局、高くついたじゃん」ってことにならないように。

昨日、どっかで「え?」と思ってクリックしたのは「楽天レンタル無料お試し」。
「無料期間中に解約すれば、料金は発生しません」って。

しかも、「6月末までに登録すれば7月末まで無料でお試し」って!

ベストプラン(ホントなら月額1,890円)ってのが無料で試せるプランなんだけど、月に最大8枚借りられるのよ。
送料も延滞料も払わなくていいんだから、ネットで予約すればタダでDVDがうちに届くのです。
それが2ヶ月だから最大16枚!

予約リストに借りたいDVDとかCDを登録しておけば、2枚ずつ送られてきて、返却するとまた2枚送られてくるの、家に。

なんか話がうますぎない?
ちょっと不安だったから、息子に「申し込んで大丈夫かな」と言ったら、「よう調べてからにしーや」やて。
「親か! おまえは」

とりあえず申し込んで、リストに4本ほど登録してみました。するとしばらくのち、「もっとたくさん登録しておいてよ。送れるようになったDVDからどんどん送るんだから。じゃないと、送れないじゃん」というような内容のメールが来ました。

「え、そうなの?」と、また慌てて10枚ほど見繕ってリストに登録しておきました。
タダなんだから何でもよさそうなものなんだけど、選ぶとなるとそう簡単にはいきませんでね。
ちょっとでもお得感のあるやつを、あれかこれかとやっていたらけっこうな時間がかかりました。

そしたら、またしばらくのち、
「2枚、発送したからね」というような内容のメールが来ました。
それがきょう、仕事から帰ってきたら届いていたのです。
なかなかの早技です。
急いで見なくっちゃ。
早く返して、次のを送ってもらわなきゃ。

なんか、たいへんなことにになってきたなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.28

飛行機で来るのか。

某オークションで落札した品物を「発送しました」の連絡を受け取りました。
「あさってには届くのかな」と思っていたら、到着予定は「1週間後」となってまして、
「なんで?」と思ったら、「国際航空郵便」で来るのですって。

オークションの落札品って、フタを開けてみるとえらい遠い所が発送地だったり、逆に「地元かよ!」ってこともあって不思議な感覚になることがありますけれど、飛行機で送られてくるなんて、初めてだぁ。
インポートやん、国際派やん、ひょっとして密輸? ちゃうちゃう。

別に急ぐもんじゃないし、なんか届くのが楽しみです。
物は、DVDなんだけど、あ、そこは大丈夫なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

明日「監査法人」の再放送

先週の土曜日、面白そうだからと21:00から予約録画しておいたNHKのドラマ「監査法人」の第2回。

見るのを楽しみにしていたのに、こないだ見ようと思ったら、「あれ、なんで1時間半も録ってたんだろ」とイヤな予感。
中身を見てみたら、やっぱり。
ほとんど野球中継だよ。
ドラマが入っていたのは最後の15分ほど。
最後まで追っかけて録ってよ〜。

にしても、
大相撲は国会中継ですっ飛ばすくせに、なんでドラマを野球ですっ飛ばすかな>NHK

だから即、再放送予定をチェックしたけど、その時は無くってさ。
それが、昨日ね、職場でテレビを見ていたら、
「皆さんからたくさんのご要望をいただいたので、急遽、第2回の再放送が決定しました」って言ってたのさ。
ほらごらん! 世の中、野球ファンばっかじゃないんだから。

きょうサイトに行って確認したら、確かにやりますよ、明日の午後3時5分から。
NHKにご要望した皆さん、ありがとう。おかげで見られます。

第3回の放送は、明日の午後9時からですからね。お忘れなく。
その頃、私はご飯を食べに行って飲んでるけどね、間違いなく。
予約しとこ。明日は野球もないしね、バッチリだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.26

風呂とタイプ

きょうは新しい事業所に移ってから2度目の入浴日。
といっても、10日間で2回というわけではありません、私が入浴を担当する日が2度目だったってことです。

全回2人、今回2人。
初めて一緒に入る人が続くのでけっこう気を張ってやってます。
お風呂の入り方ひとつとっても、人ってほんとに十人十色ですから。

ゴシゴシ洗ってという方。
「こするな」という方。
顔にお湯がかかるのがイヤな方。
湯船に入ったらなかなか出てくれない方。
湯船には絶対入らないからな!と脅す方。
男性の介助者を拒否する女性入居者さん。
ぜんぜんこだわらない入居者さん。

「熱い!」と言う方。
「ぬるい!」と言う方。

で、きょう、ちょっと思ったのです、
「私は、どんな感じだろ」って。

男性介助者は……、どうだろ、たぶん大丈夫かなぁ、タイプに依るけど。
だいたい他人さまに身体を触られるのはイヤだし。
はっきり言って基本的に一人でゆっくり入りたいなぁ。

ってことは、けっこう難儀なタイプになりそうだな>私
タイトルは洒落です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.25

孫益計算

ケータイをソフトバンクに替えてちょうど1年経ちました。
私のケータイ料金は、それによって月平均4,000円から1,800円くらいになりました。
通話もメールも大幅に増えているのにもかかわらず。

一方、同時期に乗り換えた息子は、それまでの月平均4,000円から10,000円くらいに増えました。
ただし、以前はまったく利用していなかった(できなかった)ネットをかなり使ってです。

だからまあ、乗り換え正解組でしょう。

息子はiPHONEに、いっとき心が揺れたようですが、今は落ち着いているようです。iPHONEはソフトバンクからの発売ですが、私たちには、ご存じ「2年間の縛り」がありますから、乗り換えできないわけではありませんが、かなりの無駄金が発生することになります。

それに、「ソフトバンク+アップル」という現実に対するストレスがまだおさまっていないようにも見えます。彼もアップルとの付き合いは長いので。
私たちがソフトバンクのケータイを使っているのは、いわゆる「ころび」の結果ですから。

で、ここに来て、auが「サザンケータイ 3000台限定で発売」のニュース。
auでよかった。
それに3000台限定ならまず手に入らないし。ライブチケットだって購入は難しいんだから(買ったことないけど)。ファンクラブの抽選で終わりでしょ。

ということで、
ケータイは、今の機種にちょっと飽きてきた感もあるにはありますが、あと1年、贅沢言わずに今のやつを、心静かに使うことにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.24

悠々自適……?

31hk0xb0l_sl500_aa204_「選・小沢一郎あちきの浮浪雲傑作十選 」という本。
きょう読売新聞の「永田町フィールドノート」というコラムに「僕もいつかは『浮浪雲』」というタイトルでとりあげられていました。
「『僕も浮浪雲のように生きられればと思うよ。毎日、悠々自適にのんびり暮らして。選挙の結果次第では、僕もいつか浮浪雲になるかもしれないよ』と浮浪雲へのあこがれを吐露している」って書いてありました。

「選挙の結果しだいで悠々自適にのんびり暮らすことになるかもしれない」ならわかる。
「選挙の結果で、浮浪雲のような頭(かしら)になりたい」ならわかる。

だから、小沢さんの言葉、私には?。
でも「浮浪雲」の20年来のファンであられるそうだから、私なんかにはわからない、奥の深い読み方をされているのかもしれません。このご著書、読んでみたいわぁ。

ちなみに私の電子辞書は、「悠々自適」を、
「俗世を離れ、自分の欲するままに心静かに生活すること」って教えてくれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.23

DEMENTIUMって何だろ、

テレビのコマーシャルでDSのソフトのCMを見ました。
「閉鎖病棟 ディメンティアム」。

洗い物をしながら音だけで聞いていた私には「ディメンティア」と聞こえました。
ディメンティア? 認知症のこと? と思いました。

電子辞書で引いたけど、DEMENTIUMはありませんでした。このソフトのために作られた言葉なんでしょうか。
「UM]ってのは、アクアリウムとかアトリウムとかサナトリウムについている「UM」。
何となくイメージできます。「UM」がつくと容れ物的?……>kame3

閉鎖病棟はわかります。精神科で入院施設がある病院にはあります。そこには患者さんがおられます。私の叔母も入院していたことがあります。

公式サイトに行ったら、なんだかキショクワルげなホラーゲームのようでした。
別に気にするようなことではないんですけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.06.22

かりそめのベーシスト

先日から、息子がエレキベースの練習をしていまして。
カッコイイなーと思っておりました。
息子がじゃありませんよ、エレキベースが。

私はバンドを組んだことがありませんが、吹奏楽でもロックバンドでも、選ぶパート(楽器)には人のタイプが表れるような気がしませんか(ただしキーボード以外)。
ドラムを選びそうな人、トランペットを選びそうな人、リードギターをやりそうな人。

ゆうこりんがフルート、つるの君がトランペット、息子の彼女はドラム。

私にはベースを選ぶ人に、なーんか落ち着いた、渋いイメージがあるんです。
目立ちたがる人が選ぶ楽器じゃないような気がして。
ベースの音もいいですね。

息子が弾いていたのは、練習を欠席するベースの人の代役だったようです。楽器も借り物。
しばらく部屋に置いてあったので、写真を撮っておこうと思ったのですが、もうありませんでした。
もう弾かないのかな〜、ベース。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

新曲のカップリングやて。

資生堂さんのCMです。

こういう系、好きです私。
キャロル・キングの曲「空が落ちてくる」に似てますか?

あ、「すべらない話」見てて、「夜遊び」録るの、忘れてたやん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.20

インディとヘンリー

080621_080857写真は、少し年季が入ってきた写真立てに入っている、インディアナ・ジョーンズとそのお父さんヘンリー・ジョーンズの写真(A5サイズより一回り大きいくらい)。
どこで買ったんだったかは忘れましたけれど、「お、これ、いいじゃん」と、使い道を考えた上で買ってきたことは覚えてます。

買ってきて、写真立てに入れて、飾って。
「これ、誰なん?」と聞く、当時5歳くらいだった息子に、
「あなたのお父さんとおじちゃんよ」と説明。

もちろん、いくら5歳児だからって、そんな話を信じることはありませんよ。
でも象徴として悪くはないでしょ。
大学教授で冒険家の父と、考古学者の祖父。
映画の中の2人はサイコーのキャラだし、この写真の雰囲気もピッタリ<

その後、うちに遊びに来た友達から「これ、誰?」と聞かれたときには、彼が、「お父さんとおじいちゃん」と説明して、煙にまいていました。
たぶん最近も、彼女をうちに呼んだときなんかは、そう言ってると思います。

引っ越ししても、模様替えしても、
今までずーーと20年弱、うちに飾られ続けているこの写真。

だから息子はこの写真に……というより、
この2人に見守られながら成長してきたと言っても、過言ではないのです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.19

イルカちゃん?

080614_195041……みたいでしょ。
実は、居酒屋さんで出てきたサキイカの天ぷらでしたぁー。
かあいー。

撮ったあと、即、食べましたぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

100回めくり

080618_130701
ちょうど今、1,100本以上の記事が書かれた某ブログを「100本に絞っちゃえ!」という作業をやってみている関係上か、百年誌関係のお仕事をお受けしている関係か、
「100」という数字が気になってます。

で、そういえば……と思い出したのが写真のしろもの。
「100回めくり」です。

表紙にそう書いてあるのが見えますでしょう。
そして1ページ目には「1」とプリントアウトされた字があります。
2ページ目には「2」、3ページ目には「3」とあって、100ページ目には「100」とあるのです。

制作者は、M南製作所にお勤めの我らがKR田さんです。彼のブログはこちらから。

もう遙か彼方の昔にいただいたものです。
「なんでも100回やってみれば、それなりのものになると思って作ってみたんだよね。だから100回やってみようと思ったとき、これを1回ずつめくっていくわけさ。最後の1枚で100回達成。いいと思わない?」
という説明付きで。

私は、「すっごくいい!」と感激しながらいただきました。
実はこの「100回めくり」はふたてありまして、もうひとつの方は1ページ目が「100」。つまりカウントダウン方式なのです。なるほど!でしょ。
どっちもいいなと思っていたら、我らがKR田さんは「両方あげる」とくださいました。
いつも、独特の発想で気の利いたものをポンとくださる方なのです。

私は当時から、「これ、商品化しようよ!」と言うほど気に入っていたのですが、そこいいたみんなは一笑に付しただけだったのでつまんなかったです。

で、今、改めてプレゼンさせていただく次第。
「100」がらみのイベントの引き出物とか、SCEさんの新商品なんかに、どでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.17

見捨てられた兄弟……みたい。

080617_153617通勤途中で急いでいたからボケボケの写真だけど。
なんだかとっても、哀れでいじらしい感じがして。
弟の方はうなだれちゃってるし。

お兄ちゃんの頭に貼られた紙には「大型ごみ」の文字。
まだ動くんじゃないかと思うんだけど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.16

心機一転

勤めている職場(グループホーム)で、3年3ヶ月ぶりに移動があったので、きょうから新しい事業所で働き始めました。
1つの事業所に6人の方が入所されているので、私から言えば、6人総取っ替えです。
けっこう大変なことです。

暮らしの中のひとつひとつ、たとえば食事、移動、歯磨き、入浴をどうお手伝いするかが、ひとりひとり違います。
前任者からの引き継ぎはありますが、ちょっとした違いには、マニュアル化ができないことも多いので手探り状態です。
ちょっとした会話をするのにも気を遣います。
「この人にこの話題でよかったかしら?」と。

でも、お陰様できょうのスタートは、入居者さんからの
「べっぴんさんや」
「若いお姉ちゃんやな」
「二十歳くらいやろか」
といった言葉を聞きながら、気持ちよくできました。

気を遣っているのは、私だけじゃないのかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.15

「検索サイト」の不思議

以前このブログに、1日で800アクセスがあったことを書きました。
それには某ポータルサイトの力が働いていたことも書きました。
ふ〜ん、そんなもんなんだと思ったものでした。

一方で、私がある方から依頼されて作った某サイトは、どうしていつまでたっても検索エンジンに、引っかからないのでしょう。
サイトには会社名やら何やらが入っていて、ちゃんとその言葉で検索するのですが、たどり着くことができません。

不思議です。
どなたかこういう不思議に強い人いませんか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.14

サザンが好きになってきました。

サザンの活動休止宣言以降、「旧作の企画アルバムのバックオーダーが通常の約1000倍に達した」とか、「所属レコード会社にCDのバックオーダーが殺到する騒ぎ」になったりしているそうです。

「レコード会社にCDのバックオーダーが殺到する」で合ってるか?と思いますが、この場合、たくさんの注文が入っているというふうに解釈すればいいんでしょうか。
それをふまえて、

その状況、わかるような気がします。
私もあらためて聴いたり見たりしていますもの。
というのも、実は私、サザンファンになったのは1990年以降、つまり「稲村ジェーン」を見てからですので、それ以前のサザンって人並みにしか聴いていないのです。
90年以降も、ソロワークスやMUSIC TIGER、AAAの方を重点的に聴いていましたし。

もっというと、デビューから数年は、テレビにサザンが映るとチャンネルを変えるくらい、要するに嫌っていたのです。雰囲気だけ見て、食わず嫌いだったんですね、今から思うと。
当時は、日本の歌謡曲にあまり興味がなかったし。日本の曲を聴くならまだ、ナイヤガラ・トライアングルとか、まだシャネルズなんかの方がよく聴いていたと思います。

だから、今、あらためて昔のサザンを聴いてみると、私の場合は懐かしいというより、新鮮で衝撃的です。楽曲もそうだし、最近とはちょっと違う歌い方の、年下の青いクワタさんにドキドキします。

「Oh クラウディア」も、断片的にしか知らなかったみたい。最近初めて通してじっくり聴きました。いい曲ですねぇ。「Tarako」なんて、曲の存在もしりませんでしたが、なかなかカッコよくてしびれてます。今更ですが。

「エロティカ・セブン」は、それほど古い曲ではありませんが、最近になって歌詞が
「恋人同士だから飲む ロマンチックなあのジュース」なのだと知りました。ずっと、
「恋人と してから飲む ロマンチックなあのジュース」なんだと思っていました。
サザンのサイトに行って聴いてみて。そう聞こえるから。
試聴ボタンをクリックすると、ちょうどそこから始まるし。

デビューからの12年間分、私はこれからじっくり楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.13

やるじゃんIC Recorder

私の徒歩通勤の所用時間は片道約10分間。
だいたい2〜3曲を聴くくらいの時間です。
ごきげんです。
ただ、私の機器はiPODではなくIC Recorderなので、曲のシャッフルとかはできないのです。ブラウジングも不便です。ただリニアに聴いていくだけです。
だからといって不満を感じるほどではありませんでしたが、ちょっと融通のきかない奴だなぁくらいには思っていたかもしれません。

それが昨日のこと、Macで、そうYouTubeで音楽を聴いていたとき、ふと気づいたのです。
「あ、こういうの、sonyちゃん(私のIC Recorderのこと)なら、簡単に録音できるんだ」って。

イヤフォン・ジャックに繫いで録音ボタンを押すだけですから。
考えてみたら、当たり前のことですけれど。

カセットテープやテレビの音声も、同じように録音すれば、簡単にデジタル化することができます。
sonyちゃんは、パソコンにダイレクトに繫ぐことができますから、保存も簡単。
けっこうスゴイ奴ではないですか。

早速、YouTubeの動画から好きなのを選んでRec。これには先日作成した「お気に入りリスト」が大活躍しました。
バッチリです。
これでまた徒歩通勤での楽しみが増えました。

もちろん著作権侵害にならないように、録音したのは犬の声とか車の音ばっかりですけれどね。

著作権って、以前はけっこう詳しいつもりでいたんだけれど、最近どんどん、何がよくて何がいけないんだかわからなくなってきています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.12

シンクするのか、

appleのサイトでiPHONEを見ていました。

すると各所に出てくるんですね、「シンクする」という言葉が。
シンク? 沈むのか? とは思わなかったけど、とりあえず.com/jpから.comに行って確認してみたら、
「syncs」と書いてありました。

そうか、シンクロするというのは日本語式の略し方なのね。そりゃそうだ。
それともひょっとして、「シンクロする」と略していたのは関西人だけか?
「マクド」みたいに。

東の方では「シンクする」と言っていたの?
東京で「シンクロする」って言ったら、「泳ぐの?」なんて言われたり?

ルー大柴の著書には、「シンクするよりアクションを」とあります。
この「シンク」は、「think」ね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.11

自分から火に近づいてゆく虫みたいな奴は誰だい?

私だよ。

たとえば、パートに行くまで、2時間ちょっとくらいの時間があるとします。
構想をまとめたり、文章を書いたり、推敲をしたり、データを作ったり、そういうことをするのに当てれば一仕事片付くくらいの時間です。
でもそんな空き時間って、なんだか嬉しいものですよね。
だからつい、好きな音楽とか映像にちょこっと触れてみたくなりますよね、誰だって。

これまでは録ってあった映画や海外ドラマを1本(45分間)見てしまって、あっという間に時間が過ぎて、結局そのままパートに行くというパターンが多かったわけですが、最近はさすがに学習しておりますからね、何かしようという時、すぐにテレビは消すのです。
そして私の仕事道具、MacBookをテープルにオンするのです。

すると、私の中の自動起動プログラムが作動して、メール、ブログ等のチェックがはじまって、さらにちょこっとYouTubeに飛んで、気分を高めてくれそうな動画を探してみたりして。
見つけたりして。
感動して、
元気になって、
仕事のモチベーションがあがってきて、
絶好調。

きょうは感動ついでに、「そうか、お気に入りに登録しておけばいいんだ」ということに気づいてしまい、いくつか登録したあと、「クイックリスト」なる機能の存在に気がついて、「なるほど便利だなこりゃ」と以前から何度も見ているような動画をピックアップ。
「そうかこれで自動再生すれば、ずっと通して見られるのか」と作業に没頭。

リストを作っては通して鑑賞してみたりして。
そこはかとなく達成感まで感じてたりして。
「いいの、たまにはこんな時間も必要よ」と納得もするわけです。

今まで、YouTubeでは、「桑田佳祐」で検索していたのですが、数珠繋ぎで「サザン」のタグに行ってみたら、まぁ私には目新しくて素晴らしい動画がまだまだいろいろとあるんですねぇ。
DVDやRAMで持っていても、いちいちじっくり見る時間はなかなかとれないから、パソコンで手軽に見られるのはありがたいです。
なんてったって、テレビは消してあるんですからね。
これと、これと、これも、これも……。

というわけで、モチベーションがあがった私は、まもなく意気揚々とパートに出かけていくわけでありますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.10

あの銀行、きらい

ちょっと事情があったので、某地方銀行の窓口でローンのことを聞いてみたらさ、
「パートの方の場合、安定した収入と見なすことはできませんので」だってさ。
気分わる。
もういい、頼まない。
ま、向こうが断っているわけだけれど。

そうか、だからM菱T京UFJ銀行では、「パート・アルバイトの方でも大丈夫」としきりに言うわけね。差別化ってやつ、差別しないところが。
私はこっちの銀行の方が好き。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.09

年齢(とし)では、くくれない。

私が勤めるグループホームが出した求人広告に、来年70歳になるという方が応募してこられたそうです。
以前、書いたように、56歳の入居者さんがおられる一方で。

要するに、「年齢は、たくさんあるデータのなかのひとつ」ということです。
当たり前のことですが、あらためて、身近な現実として実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

AQUOSのCM

昨日の新聞に、シャープAQUOSの一面広告が出ていました。
東山魁夷さんの絵「緑響く」を実写で再現した写真が掲載されていました。

前に、ゴッホの「ひまわり」も実写で再現していた時も「おぉ」と思いましたが、今回はあのとき以上、「うあぁぁ」でした。

撮影地は信州奥蓼科の御射鹿池とありました。
こんな景色がいつでも見られるわけではないのでしょうが、行ってみたいなあと思いました。

新聞広告と同じものはこちらで見られます。
テレビのCMはこちらで見られます。

新聞広告の方がとっておくことができるので、私は嬉しいです。
なんとかきれいに残したいなぁ。
なのに、
「保存版ね、これ」と息子に手渡したとたん、あいつ思いっきりクシャミしやんの。
も〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.07

「夜遊び」6/7

テーマは「なんでも掲示板」。つまり何でもあり。

途中、ニール・セダカの「雨に微笑みを(Laughter In The Rain)」をオンエア。
Act Against AIDS 2006 桑田佳祐 「星条旗よ永遠なれ!?~私のアメリカン・ヒーローズ」のときもピックアップされた曲です。
クワタ家のジュークボックスにも入っている曲。
今回も「人生、5本の指に入るくらい好きな曲」と紹介されていました。
この曲を愛する人と、クワタさんの重なり具合がいいです。
地味な曲だけど、私もだんだん好きになってきました。

ナマ歌は、ビートルズの「You Won't See Me」。
初めて聞いた曲のような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.06.06

書いておかないと……、

080606_213100貧血とわかったとたんに、とてもじゃないけど徒歩通勤なんてやってられなくなってバイク通勤に戻してしまっていたんですけれど、昨日の退社時間はものすごいドンジャン降りでしたので、バイクは職場に置いて帰ってきておりまして。

明日は、遅くとも7:25には家を出て、歩いて行かなければなりません。
だから、このメモなのです。
書いておかないと、忘れます<キッパリ。

忘れてバイク置き場に行って、はじめて「あっ」と気づいて、慌てて走って行かなければならなくなります<断言!

これくらいやっておいてちょうどいいのです。
一度なんて、バイクが無いのを見ても、置いて帰ってきたことを思い出さす、バイクが盗まれたと思って駐輪場を探し回ったことがあったくらいですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

あなたにもよさそうな「助言」

アメリカの心臓協会とやらが、介護職の健康を守るために、下のような助言をしてくれたんだと。


・1日に数回、短距離を歩くだけでもよいので、運動を生活の一部に取り入れる。

・健康的な食事やスナックを摂取する。全粒粉、赤身肉、果物、野菜など、心臓の健康に良い食品はうつ病を寄せ付けない。

・1日に数分間でよいので、音楽を聴く、本を読む、熱い風呂に入るなど、自分が喜びを感じたり、リラックスできることを日課に取り入れる。

・できるだけ笑うよう心がける。

・たとえ1時間程度でも、日常から離れて自分だけの時間を毎週持つようにする。

・うつ病の兆候を見逃さないよう注意し、治療は迅速に行う。

・常に頭を整理し、物事を把握し、押しつぶされないよう努める。

ね、むしろ、私のようにお気楽な介護職より、アナタの方がよっぽど必要としてるでしょ。この助言。
ヘルスデイ・ジャパンのサイトからの引用です。
一度行って見てみますか。健康ネタの宝庫です。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.04

コンビニでの一コマ

息子から聞いた話。
オチも教訓も無い出来事の話。

コンビニで、レジに向かおうとした息子の前に、
目を見開いた青年が、何かを言いたげな様子で立ちすくんでいたのだと。

そのただならない様子に、
iPODのイヤホンを耳からはずし、
息子は「なにか、」と聞いたそうな。

すると、その青年、息子の左胸を指さし、
「毛虫がついています」。

息子は手に持っていたケータイですぐさま払い落としたそうです。

コンビニのフロアを行く毛虫。
教えてくれた青年は、
「派手なアクセサリーかと思いました」と。
それに応えて息子は、
「僕もそうかと思いました」と。

笑顔で会釈をして、離れる二人。
……………………

なんか、面白いじゃんと思ったんだけど、
そう思うのは、わたしだけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.03

やっぱり……。

貧血やて。
なんでやの。ありえへん。

手術前までの4年間診てもらっていた近所の婦人科に行ったので、覚えてくださっていた看護婦さんがわざわざ「調子はどう?」と聞いてくださって、「お陰様で元気です」なんて笑顔でお返事をしていたけれど、元気だったら行かないわね、病院。

ともかく、お医者さまも「う〜ん」だけれど、数値はしっかり貧血だし、症状もピッタリだし。
「何かで出血しているか、食べ物から摂取していないかのどちらかしか考えられません」って。そりゃそうだろうけれど、今の私にはそのどちらも覚えがございません。
「あの、そういえば、私、子どもの頃から貧血だったんですけれど」と言ってみました。
つまり、私の貧血は子宮筋腫のせいではなかったという可能性があるのでは?という前々からの疑問です。

すると、「子どもが朝礼などで倒れるのは、起立性貧血といって、鉄欠乏性の貧血とは違うんです」ということでした。ふ〜ん、そうなんだ。
でも、じゃぁ私の今の貧血はどうして?

結論はでないまま、「とりあえず鉄剤をだしておきましょう」ということで、いただいてきました。
いただいてったって、もらったわけじゃあないけれど。

しんどいのは辛いので、ともかく飲みましょう。
後のことは、元気になってから考えましょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.02

なんで? このしんどさ

昨日は、8:00〜13:00と、16:00〜20:00のダブルヘッダーでお仕事の日。
合計9時間ということで、普通のお仕事ならどうってことない時間数なんでしょうが、朝の早起き、午前中のバタバタ、3時間の休憩で一旦家に帰って、また夕方のバタバタに戻るというけっこうハードな勤務の日なのです。
でもって、きょうは8時間勤務の日。続くとけっこうキツかったりして。

ただ、それも以前の貧血でフーフー言ってた頃の私の感想。貧血全快でパワー全開の私にはなんてことありません。実際、前もってこの勤務にして「大丈夫?」と言われたときに、快諾していたのですもの、私。

それなのに……。
どうもパワーがいまいちで。

実は、少し前から感じてはいるんです。
朝、起きにくい、息切れがする、階段も坂も上れない、立ちくらみがある、試しにアッカンベーをしてみると「あ、白い」。
これではまるで手術前、貧血人間だった頃の私です。

でも、そんなはずはないのです。ありえない。おかしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

疑惑のインターバル撮影機能

わが家のデジカメは、5年ほど前に発売されたペンタックスのコンデジ、optio550です。
息子はこのカメラがいたく気に入っていて、今も使い倒しております。
特に、気に入ってるのがリモコンを使った撮影と、インターバル撮影です。

リモコンは、別売り。最近になって買ったものです。
セルフタイマーよりも、使い勝手がいいし、いろいろな写真が撮れると喜んでいました。

インターバル撮影は、1分とか3分とか、設定した時間に勝手にシャッターが切れる機能で、動きのあるものを定点観測する面白さにはまっておりました。

最近は、ちょっと新しいカメラが欲しくなってきたようで、ネットや雑誌でデジカメ情報を見ているようでした。お店にも見に行っていたようです。

リモコン撮影とインターバル撮影ができる機種を探す自分を「盗撮魔と間違われそうや」と言っていました。そう言えばそうです。まさかインターバル撮影機能を使って撮っているのが、バイト先で飼われているワンコの様子や、自分の姿だなんて、なかなか思ってもらえないでしょう。

最新の機種からはインターバル撮影機能が削られているのだそうです。
息子は「盗撮目的の人がいるからや」と憤慨しながら残念がっていました。
どうなんでしょうね、実際のところ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »