« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008.11.30

新しい道

昨日のカラオケで、
私には、ディープ・パープルの「ハイウエイ・スター」が、
原曲キーで歌えるということがわかりました。

「そうなんだ。高い声で歌う男性ヴォーカルの曲なら、私に合うんだ」

これは大きな驚きでした。
これまでも、
ビートルズの「イエスタデイ」や、
ストーンズの「アンジー」なんかには挑戦してみたことがあって、
意外と歌えるもんなんだと、わかってはいたのですが、
ハードロック系が歌えるとは!

きょう、たまたま家にいた息子にそのことを報告しましたところ、
「なるほど、じゃぁ、ツェッペリンなんかもいけるかも」と、
iTunesを起動、
「コレは?」
「じゃぁコレは?」と次々と歌わされました。

「天国への階段」ツェッペリン
「移民の歌」ツェッペリン
「ロックンロール」ツェッペリン
「クエスチョンズ67/68」シカゴ
「素顔のままで」シカゴ
「ホテル・カリフォルニア」イーグルス
「スピード・キング」ディープ・パープル
「バッド」M.ジャクソン

「お、いける、いける」ってなもんです。
上記の曲、
男性には、かなりキツイのですが。

「バッド」以外は、
どれも私が若い頃、聞き込んだ曲ばかり。
だから、これらの曲を原曲キーで歌える喜び、
わからない人にはわからないでしょうが、
わかる人には、わかってもらえると思います。
かなりのものなのです!
後は歌詞をしっかりアタマに入れれば、バッチグ〜。

さあ、これからが問題です。
どうしたもんでしょうか、この能力

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.29

あぁ、ここへ来てやっと!

うちでは、1台のICレコーダーを、息子と2人で使っています。
といっても、
私が使うのは今のところ土曜日の夜だけ、
桑田さんのFMラジオ番組、「やさしい夜遊び」の録音時だけです。
「土曜日の夜には、うちに置いておいてよ」
というのが、所有者である私との契約であるわけなのに、
今夜、夜勤のアルバイト先に行く際、
奴は、自分の鞄に入れたまま行ってしまいやがったわけです。
いくらメールの泣き顔マークで謝られてもねぇ。

そこで私は考えました。
ケータイのヴォイス・レコーダー機能を使うことはできないか。
→ 繫ぐケーブルが無い。
MACで録ることはできないか。
→ ソフトの問題(なんかとっても不便)があって…ダメ。
じゃ、HDDレコーダーは?

そう、
FMの音声をHDDレコーダーの音声入力に突っ込んだら、
見事、テレビからFMの音声が流れたじゃないですか。
そりゃそうです。
当たり前じゃないですか。
なんで今まで試すことを考えなかったのか。

これでポン!と録画ができました、デジタルで。
これでタイマー録画とか、データの分割とか、要らない部分の削除とか、
すべての問題が解決したんじゃないでしょうか。

息子に電話を入れました。
「HDDレコーダーで録れるみたい」
「あ、そうか。それはよかった」
「怪我(けが)の功名ね」

きょうのナマ歌はなんでしょ。
楽に編集できる光明が射してきたので、
いつに増して楽しみです。

ナマ歌コーナーは、ナント!
松田聖子さんの「Sweet memories」!
きょう、話題にしてたとこの曲です。
桑田さんの声で聴いても、なかなかいいです
英語の部分と、ギターが特に。
いい夜ですなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.28

失せ物が……、

081128_211813きょう、仕事を終えてバイクを停めてある駐車場に戻ってきたら、

バイクの横に光るリングが落ちていました。
「あ、私のだ」

私の腕時計の、
取り外しできる文字盤のフチです。
写真で、時計の左側にあるやつです。

失ったと思っていた物が、
眼の前に落ちているのを見つけた驚き。

だって無くしたのは、
もう2カ月以上も前のこと。

いったいぜんたい、どういうことなんでしょう。
でもまあ、いずれにしても、
嬉しいことには違いありません。
小さな奇跡に感謝。
さすがマリア様です。
フフ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.27

初めての…、

きょう訪問した80歳の男性は、
いつもより、なんだか妙にお元気でした。
「きょう、生まれて初めてお好み焼き屋に行ったんや」と。
私は、
「へええーーー、世の中にそんな人がいたってことが驚きです」
と言いました。
「世の中の人間みんなが、お好み焼き屋に行ってると思ったら大間違いやで!」
と返す男性は、もう殆ど興奮状態。
「いくつになっても、初めてナニカを体験するというのは、ええことやなぁ」
「ほんとですねぇ」

で、仕事が終わってからの私。
お友達とお食事に行ったのは、ビッグボーイ。
「うわぁ、入るの初めてだぁ」

メニューを見ても、どれをどう頼めばいいんだか、
品物の写真を見て、
値段を見て、
カロリーを見て。

グラムで指定するハンバーグ、
「シーハーハー」という名のサラダ、
「初めて」は確かに刺激的でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.26

通勤途中に、

081126_091937きょうは歩いて出勤。
その途中、階段があるのです。
その階段の所に、
一匹の犬が。

うそ〜!
早く行かないと遅刻になっちゃう。
でも、他の道から行こうと思うと、かなりの遠回り、
それこそ遅刻になっちゃうよ、どうしよ。

思わず、保健所に電話しようかと。
犬は、数メートル手前で立ち止まる私のことを気にしつつ、
周りの家の庭で吠える犬たちに吠え返しています。
うわ〜ん、恐いよ〜。

しばらく他の場所に移動してから恐る恐る戻ってみると、
階段からは離れた所に移動していたので、
そのすきに階段をダダッっと下りて、早足早足。
振り返らずに。

こんな経験は久しぶりでした。
ランドセルを背負ってた頃以来のことじゃないかしら。

写真は、その通勤途中の階段の手前。
ちゃんと写ってるでしょ、犬。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.25

備えるべきか……?

来月の20日、忘年会なのだそうです。
初めての参加です。
入社3カ月での。

会場の通りをはさんだ向かいには、
カラオケボックスがあります。
二次会って、行く会社なのかなぁ。
そういうところが、まだいまいち読めません。

行くなら、そろそろ選曲&練習を始めるべき?
洋楽 or J-POP
さらっといく or 気合いを入れていく
昔の曲 or 最近の曲
インパクト系 or 無難系
余裕系 or 挑戦系

う〜〜む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.24

最悪の事態…だったかも。

ふだん、お相手をすることの多い、入居者のKさん。
きょうはお誕生日のお祝いということでご家族とお出かけでした。

午後3時過ぎ、
Kさんが帰ってこられて、
予定に沿って入浴のお手伝い始めました。
すると突然、
ものすごい剣幕で送り出されたのです。
ちょうどお風呂場に入ったころからでした。
だからKさんは裸です。

私に向かって、
「人殺し」「だましたな!」「よーし、見てろ!」などと、
もの凄い形相で、いろいろ叫ばれます。
それでもめげずに、
何とか入浴の行程を進めようとすると、

湯船の湯を手でバシャバシャとかける、
洗面器にお湯を汲んでぶっかける、
石けんのついたタオルで私をこする、
腕を引っ張って私を湯船に入れようとする、
手当たり次第に物を投げてくる、
尿取りパッド(未使用)を引き裂いて振り回す、
挙げ句の果てには、
裸のまま風呂場から飛び出して、「助けて〜」と叫ぶ、
など、
いろいろやってくださいました。
その間、ずっと叫びっぱなし。

これまで、様々な状況を体験してきたつもりでしたが、
こんなことは初めて。
も〜、
着替えも無いのにびしょ濡れよ。

興奮がおさまるまでと、他のヘルパーさんとタッチ交替。
5分(たったの5分)ほど経ってから様子を見に行くと、
外出先で買ってこられた回転焼きを食べておられ、
私の顔を見るなり、「おいしいから半分お食べ」と下さいました。
さっきの大暴れのことを覚えておられる様子はありません。
ホッとしました。

濡れたズボンで帰ってくるのが寒かったのと、
胸ポケットに入れていた仕事のメモが全部濡れちゃったことが、
笑えました

そ、
笑うとこですからね、ここは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.23

危なかった。

もうちょっとで買うとこやった、…………テレビ。

どこもけっこう安く出しておられます。
でも、お店の人や、メーカーの人が、
なぜか、あまり上位機種を勧めず、
「私だったら、こちらにしときますね」と、
しきりに下位機種を勧めてくるように感じたのは私の気のせい?

店員「サッカーはご覧になりますか?」
私 「いえ、それほど」
店員「じゃ、こちらで充分です」
って具合に。

サッカーは見ないけど、
テレビ画面をみることはけっこう多い私としては、
「え、そうなの?」って、
ちょっと拍子抜けじゃないですか。

そういえば、新聞に載ってたことがあったぞ、
今、液晶パネルが売れずに余ってるって。
北京オリンピックで、意外と売れず、
液晶テレビの値段がどんどん下がってるって。

今回の安売りは、不良在庫の処分大会か?
でも、どんな事情があれ、安けりゃいいわ。
で、買いそうになったわけだ。

家に帰ってきてから、
あらためてホッとしています。
14インチ、ブラウン管でもけっこう感動してるし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.22

毎日ゼロからのスタート

081122_211021一万七千歩超!
だけどやっぱり「しっかり歩数」はゼロ。
465キロカロリー消費。
10.51キロメートル歩きました。歩幅は確か65センチで計算されてます。

この万歩計、
夜中の0時になると、
すべての数字がリセットされてゼロになります。
無情というか、刹那的というか。

明日は休日だけど、
朝から付けてみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

達成感あり。

081121_204826少し前から万歩計を付けています。
朝、タイムカードを押したときに0歩を確認、
終業時、タイムカードを押した時に歩数を確認。
うそ、一日に何度も確認しています
一万歩を超えた日は達成感あり!

きょうなんて、
鼻水、くしゃみ、咳、頭重感の日だったのに、
終わってみると、けっこう歩いてました。

私の万歩計は、
一分間に60歩以上を規則的に歩くと、
「しっかり歩数」として計上する機能を持っています。
でも仕事中には計測されたことがありません。

こないだイオンショッピングセンターで、
はぐれた母を捜したときは、
三千歩ほど計測されていました。

職場では、
四千歩くらいしか歩かない日もよくあります。
実はそういう日の方が、
入居者さんと、
ゆったり、じっくり過ごしているわけで、
それはそれで大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.20

熱がない。

昨日の冷え込みに私の免疫力が一気に落ちてしまったのか、
風邪を引いたっぽい。
夜中に喉の痛みで眼が醒めて以来、
だんだんだんだん痛みがひどくなってきています。
鼻水も、くしゃみも、頭痛もあります。

ぼーっとしてきたので、
熱を測ってみましたが、
平熱でした。

症状が段階的にきつくなってくるたび、
「こりゃヤバイ」と、
検温をしてみていますが、
平熱です。

こんなにしんどいのに。
平熱だなんて、
なんだか損してる気分です。

子どもの頃、
怪我をして保健室に行ったのに、
包帯を巻いてもらえなかったとき、
みたいな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.19

昨日の「プロフェッショナル」

昨日、予約録画しておいた「プロフェッショナル 〜仕事の流儀」を見ました。
臨時ニュースの影響で15分遅れで始まったのですね、最後の方は録画されていませんでした。
24日夜中のの再放送をまた録画することにいたしましょう。

介護はファンタジー 認知症介護 大谷るみ子さん
96年に福祉研修でデンマークに行って衝撃を受けられたのだそうです。この方のお陰で、認知症介護は、少しずつではあっても良い方向へと向かってきたのでしょうね。
96年頃、現状を見て悲しみを覚えられたという認知症ケアは、確かにひどかったのです。
私の叔母、ヒデちゃんが呆けちゃったのがちょうどその頃なので、介護職としてではなく家族として私にも辛い思い出がいっぱいあります。
でも、そんなものだと思っていました。
「こうあるべきではない!」とまでは思わなかったのが、凡人の私の情けなさです。

たぶんグループホームという形式がここまで広がってきたプロセスにも、
大きく関わっておられるのでしょう。
確かに、
グループホームには、理想的な認知症ケアを、
やろうと思えばやれる状況があると私は思っています。
ただ、
病院とか学校なんかと一緒で、ピンキリです、たぶん。
事業主の力とか、地域の環境とか、人手不足とか、いろんなことが絡んでくるから。

番組で紹介された介護の様子は、
私にとって特に目新しいものではありませんでした。
前に働いていたグループホームでも似たような場面がいっぱいありました。
重度の方を笑顔にする達人も確かにいましたし。
私たちも、けっこういいケアしてたんだと、改めて感じる程でした。
今の私にとっては、ちょっと切ないくらいです。
今、私が身を置く
訪問介護、在宅ケアの世界ではなかなか難しいものがありますから。

在宅介護の推進が基本の介護保険制度。
認知症ケアのあるべき姿を考えたとき、
果たして、家で暮らすことがベストだと言えるんやろか。
2008年11月現在の私は、そう思えずにおりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

いまごろのウェディング・セレモニー

081119_204623お友達の娘さまが先週の日曜日、めでたくご結婚。
きょうは、そのお友達に会って、「ああやった」「こうやった」というお話を肴にお食事をしました。
私たちが結婚した頃は、
披露宴の花束贈呈で、
新婦は新郎のご両親に、新郎は新婦のご両親に渡してましたけど、
いまごろはお互い、自分の親に渡すのですね。
その前に、新婦から両親に向けて、手紙の朗読があったりして。

私の時もその方がよかったなあ。
まぁ、今となってはどっちでもよかったとしか言えませんけど。
いろんな意味で。

と思ったけど、
次の時は、今の方式でやれるじゃんです。
母に書く手紙には何を綴ろう……なんて考えながら、
一人でびさびさと泣いたりしてる、
アホな夜です。

写真は、
披露宴のテーブルに招待客の名札を掛けておかれていたという瓶です。
中の液体は、アルコール度数20の焼酎ですって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.17

3枚目

きょうの出社で3枚目のタイムカードに突入です。
41日目。

だいぶ、慣れてきたといえば、慣れてきたかも。
ちょっと悪い意味も含めて。
反省するというほどのことはないけど、
軸がぶれないように気をつけなくっちゃ。

未だに、社長には会ったことがなくて、
どんな人か知らないけど、
ま、いいか。
よくあることよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

微妙な話だけれど、

息子が実習先(病院)で、
「すごい先生がおった」と言うので話を聞いてみると、
「現場を知らない奴がいろいろ言う」的なことを仰る先生だったと、
おしえてくれました。

確かにそういうこと、あるんでしょうね。
その先生は、きっと現場主義の素晴らしい方なんでしょう。

と、なんか皮肉っぽい言い方になるのは、
私の個人的な感覚として、
「現場はそんなこと、言ってられないんだ」的な発言のある所に、
本当に「現場」があるのか?と思うことがあるからです。

「現場はそんなこと、言ってられない」
「現場には通用しない」
「現場には現場の都合がある」
「理想はそうでも、現場はなかなか……」
ってとき、

本当は、
「現場」の所に入れる言葉、
「わたし」でいいんじゃないの?って思うような場面が、
ちょくちょくあるからです。

「現場は大変」って言ってるけど、実は、
「わたしは大変」ってことなんじゃないのって。
だったら、「わたしは」ってちゃんと言えば?

と、「現場」にいる「わたし」が
ちょくちょく思う場面があるからです。

もちろん、
現場の苦労をわからずに、
空論を振り回す人もいるから、
一概には言えないんですけれどね。
だから最初に書いてるでしょ、「微妙な話」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.15

新しいシャツ

きょうの新聞に大きな広告が出ていました、
UNICLOのHEAT TECH

きょうたまたま行ったビルにUNICLOが入っていたので、
買ってきちゃいました。
私は、白の丸首半袖インナー(790円)と靴下。
息子には、緑のTシャツ(1,000円)と靴下。
私は、帰ってから早速試着。
「お!」

ビックリです。
すぐに実感します。
「あったか!」
それも、むれっとする感じじゃなくて、
気持ちのいい暖かさです。
「あり」と思います。

洗い替えに、もう2〜3枚、買いましょう。
母にも勧めましょう。

追伸:
きょうの「夜遊び」のナマ歌は、「長い髪の少女」でしたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.14

新しいテレビ

母の実家へ、購入したての新しいテレビを見に行ってきました。
さすがの迫力で、
ちょうど始まった『レジェンド・オブ・なんたら』という映画の画面に圧倒されました。

ただ、母は、
使い方がまだ把握しきれておらず四苦八苦しているようでした。
テレビといっても、最近のはややこしいですね。
HDDレコーダーも一緒に購入しているので、
二つのリモコンと老眼鏡と虫眼鏡をとっかえひっかえ、
実に大変そうでした。

説明書を見る気配がまったくないので、
「見たら早いんじゃないの?」と言いながら、
見てみましたら、
これがまたややこしい。
マニュアル慣れしている私でもよくわからないんですから、
はっきり言って母には無理。
触りながら覚える、母方式が正解のようです。

ユニバーサルの波は遅いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

新しい趣味

今の職場で働き始めた当初、
前の職場に比べるとあまりに仕事が少なかったので、
入居者さんとテレビなどを見ている時間を利用してできる趣味として、
川柳などを作ってみるようになりました。

テーマに沿って、
アタマの中で考えるのです。

テーマは、けっこういろいろあるのです。
そう、
いろいろな企業や団体が、
公募をしているのですよ。
それに応募してやろうという、
うまくいったら実益も兼ねられる趣味なのです。

きょうは、3つの公募に応募しました。
これから、毎月トライしていこうと思っています。
ふぉっふぉっふぉ。

最近では、
どんどん仕事の量も増えて、
既にいっぱいいっぱいに近い状態で仕事をしている私ですが、
「ナニカ」をいただけるまで、
やるのら〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.12

プチシルマ体験

とてもひどい肩こりが悩みのタネという、某市在住の大学院生Uくん。
お友達から借りていたプチシルマを明日、お返しするということで、
ちょっと体験させてもらいました。

貼るのがちょっと難しかったけれど、
しばらくすると、
ほんわり温かくなってきて、
ぽわ〜ん。
なかなかいいかも。
たとえ、気のせいだとしても、
それはそれで、
別にいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.11

世界平和も、介護も、ポッキーも、

081111_231831「大人の常識力トレーニング」は、「世界平和記念日」と教えてくれましたが、
きょうは「介護の日」でもあるのです。
厚生労働省のサイトにリンクを貼っておきましょう。
舛添さんの「介護の日に寄せて」のメッセージも見られます。

一方で、
ポッキー&プリッツの日」でもあるらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.10

遂に購入! プラズマテレビを、母が。

あれよあれよという間に話が決まり、
注文したそうです。
panasonicの42インチ、フルハイビジョン。
すげえ。
お世話になってる電気屋さんからは、
「37インチのハイビジョン」を勧められたんだけれど、
大型量販店に、どんなものかと確認しに行って、
もっと大きいの、もっときれいなの にしたのです。

一緒にHDDレコーダーも注文されました。
あっという間にいっぱいになってしまった60GBから、
250GBへのグレードアップです。
録画予約が簡単になって喜んでくれるのではないかなあと期待しています。

果たして、気に入っていただけるのかどうか、
落ち着きません。
私にも「買ったら?」と言ってしまった責任があります。
たぶん、綺麗な画質や迫力の画面には満足すると思うんですけれど、
プラズマの発熱と、電気代についてはちょっと心配です。
言わなきゃ気づかないかな、と期待せずにはおれません。
発熱に関しては、この季節の購入なので気づかないかもしれませんけど。
電気代に関しては、銀行引き落としだから、気づかないかもしれませんけど。
…………甘いか。

いずれにしても、
「こんなはずじゃなかった」なんてことにならないよう、
皆さんも、どうぞ、一緒にお祈りをしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

なんだかスペシャルな日曜日。

081109_20134きょうは日曜日、久しぶりに家にいる昼下がり。
それも、息子と。

録画しておいたモノをチェックしながら、
なんとなく、つけっぱなしだったテレビで始まったのが、
「こころの時代」という番組。
三浦光世さん(三浦綾子さんの旦那様」のインタビューでした。

三浦綾子さんといえば、
私たち親子にとって、
いろいろと思い出深い作品の著者であられるので、
そのまま二人で見入ってしまいました。

その中で、披露されたエピソードや、お二人の写真、生い立ち。
私には、本当にタイムリーで、天の啓示のような胸が苦しくなるような内容でした。
始まって間もなく、息子が
「録画しといて」といってくれたおかげで、
途中で聞き逃した作品のタイトルを確認することができたり、
私が息子に勧めた最初の本なのに、
何故か今まで読まずに来たという作品が話題に出たり。
私たちは、
「これはきっと、『きょうから読みなさい』という“お知らせ”に違いない」と、
私は「銃口」、息子は「泥流地帯」を読むことにしました。
「銃口」は、息子が友人からもらってきた本、
「泥流地帯」は、私が初めて読んだ三浦作品です。
だから、両方ともうちにありました。

あまりに不思議な偶然が重なったので、
まだ何も、「そのおかげで…」と言えるようなことが起こったわけではないのですが、
なんとなく…、「感謝」なのです。

インタビューの中、
愛情とは、人を幸せにしようという意志」という言葉が印象に残りました。
「感情ではなく、(こころざし)なのだ」と。
多感な生涯女子高生は、そんな言葉にうるうるきてしまうのです。

写真は、息子のお下がりの白いDS。
こちらは、カバー付きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.08

また、借り物のDS

081108_214923DSiが11月1日に発売されたけれど、
どこに行っても売り切れ状態。
私は、息子がその新機種をゲットして、
今のDS lightのお下がりが来るのを待っているのですけれど、
あんまりその気がない息子の様子を見ていると、
いつのことになるやら、わかったもんじゃないので、
お友達におねだりして、
貸してもらいました。

キラキラがいっぱい付いていて得した気分です。

久しぶりのDS,
まずは何からやっつけようかな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.11.07

青いのでキタァ。

「真夏の大感謝祭 LIVE」
待望のサザン初のBlu-rayで発売決定!!

これからどんどん、そういうふうになってくるんでしょうか。

でも、DVD版と同一内容とあります。
単に2枚組を1枚に入れただけなら勿体ない感もあります。
300GB、フルに使ってもらわないと。
それに、blu-ray版は、通常盤と同一内容で、初回限定盤じゃない。
サイトを見れば
「買い」なのは、ゼッタイに「初回盤」です。

そうなると、やっぱりblu-rayは見送りで、初回盤にするべきか。
もし買うとしたならば、の話。

ところで、blu-rayは、blue-rayと同じ発音でOK?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

F1最終戦、まるで映画

ブラジル戦は録画したまま見る暇がなく、
というか、月曜日のニュースで、「F1 初の黒人チャンピオン」と知っていたから、
優勝が決まったあとの千秋楽みたいなもので、
「ま、とりあえず見るか」という感じでみたのだけれども!

またなんとドラマチックな展開であったことよ。
雨まで降ったり止んだりしてくれて。

結果がわかっているのに、
最後の最後まで
手に汗、握ってましたよ。
そして、今シーズンもいろいろあったのに、
またも1ポイント差で決まったチャンピオン。

わたし的には、「黒人初」という冠よりも、
イギリス国籍の天才ドライバー、大口たたく憎たらしい奴というイメージのハミルトンなので、
「黒人初」という、たたき上げ的な冠には違和感があります。
最後1キロ地点でだもんね。
すげえ奴です。

来年も私は、アロンソの復活チャンピオンを応援するよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

母を相手に長谷川式

一昨日、放映されたドキュメント、「消えゆく妻の記憶 認知症の南田洋子よ」は、一般の方々にどんな感じで受け止められたのかなぁ。
少なくとも、介護業界で働く私の周りでは、かなりの話題になっていました。
母からも、「録画しそこねた。見たい」と電話があり、
きょう録画したディスクを持って行ってきました。

ほぼ同世代でもあり、
美しい女優さんで、多くの作品の中で輝いていたことをリアルに知っている母は、
複雑な感情をもって見ていました。
母の姉である私の叔母「ヒデちゃん」が、もう十年以上前から認知症を患っていることも、
私たちには作用しました。

「そっくりや…」と、母は言いました。
表情や歩き方、発声の仕方など、南田さんの姿はヒデちゃんと本当によく似ているのです。
身内として見ていると、情けなかったり、腹立たしかったりするヒデちゃんの姿が、
あの聡明な南田さんの症状と重なるのを見て、
改めて、
「おんなじ病気なんやなぁ」とも言いました。
母がそういうふうに認識することは、
母にもヒデちゃんにも、いいことだと私は思っています。

見終わったあと、
何となく不安げに元気なく見えた母に、
「ちょっとテストしたげるわ」と、
認知症の判定に使われる長谷川式スケールっぽい質問を試してみました。

「100引く7は?」
「93」
「さらに7を引いて」
「私、数字は苦手やからわからへん」

「も〜〜〜。じゃ、今から言う言葉を覚えてよ。桜、猫、電車」
「桜、猫、電車、はい」
「今年は何年?」
「今年? それはあんた、えーっと平成……二十……年……」
「季節は?」
「秋の……終わり……か?」
「昨日の晩ご飯は何食べた?」
「なんやったかな、覚えてへん」
「思い出してよ、たぶん思い出せるから」
「えーーーっと、昨日は…………、う〜〜〜〜ん、何食べたんかな……、えーーーーーーっっと…………、あ! そうや、昨日はコンビニに支払いに行って、チキンのお弁当を買ったんや! そうそう思い出した」
「今、どこにいるかわかる?」
「なに??」
「いや、いいわ。ところで、さっき覚えてって言った言葉、覚えてる?」
「えっと、桜、猫、電車」
「正解」
「それでなに」
「大丈夫みたいやわ」
「当たり前や!」

まぁね。
よかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008.11.04

笑える話

息子が…、
「お母さん、面白い話、聞いてん」と聞かせてくれた話。

彼女がいるのに、浮気をした奴の話です。
ゼッタイにバレないはずだったのに、
彼は、浮気相手に送るはずのメールを、自分の彼女に送ってしまったのだそうです。
メール文は、
「えり、やっぱり寂しいわ。タオル忘れてない?」

息子の(注)、「そういう時のメールに限って、全ての情報が入ってるわけよ」

「は?」と思った彼女は、すぐに彼に電話をかけました。
でも、繋がりません。
「…………」。
しばらくすると、彼氏の方から、何事もなかったような感じで電話がかかってきました。
「きょうは、寒いから、衿(えり)のあたりが寂しくてな、首に巻くタオルがほしいなぁと思って」と。

いろいろ考えたあげくのつじつま合わせだったのでしょうが、
彼女には通用しませんでした。
問い詰められて、彼は容疑を認めたそうです。
お気の毒さま

皆さまも、お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.03

大殺界ではないはずじゃが…、

たまたま検索ワードのランキングを見ていたら、
小室哲哉が上位にあって、
「なんでかしら…」と思っていたら、
そういうことだったのか、です。

細木さんと、とっても仲良しだった小室さんとKEIKOさん。
改名のアドバイスとか、してあげればよかったのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.02

5気圧防水って…?

081102_182641雨の中をバイクで走ったり、職場で水仕事をしたりするのに、防水機能が付いている時計が1コ欲しいなぁと思っていて、買ったのがこれ。
約1,000円。
5気圧防水って書いてあったから大丈夫かなと思って買ってきたんだけれど、
説明書を見てみると、
「水泳や水仕事など長時間水に触れる」のは「×」って書いてあったの。

え?と思ってネットで調べたら、
5気圧なら「水に触れる機会の多い水仕事(漁業・農業・洗車・食堂など)や水上スポーツ(水泳・ヨット・つりなど)をされる方にお使いいただけます。」って複数のサイトにありました。
ただし素潜りはダメ。そこが10気圧防水との違い。

よかった、それだったら雨の日のバイクも、職場での入浴介助くらいは大丈夫っぽい、と思ったのも束の間、
「値段の安い時計は危ない」という記述も見つけちゃいました。
う〜〜〜ん。
「mada in china」の代物だしなぁ。

もし壊れたら、次は100m防水を買うことにしましょう。

「水に触れる機会の多い仕事」には「介護」も入れてほしいなぁ。
なんとなくだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.01

現実の厳しさ。

きょうはお休み、Day off。
朝からのんびりしていて、
一昨年のAAAのライブの映像を流しながら、
お掃除をしていて、ふと気づきました。
「あ、あと5分で10時。AAAのチケット発売だ」と。

今年は、企画を知るまで、
「行ってみようかしら」と思っていたこともあって、
試しにチケット予約にトライしてみました。
「取れちゃったらどうしよ」と思いながら。

結果、まったく無理でした。
途中からは、本気になって、
固定電話とケータイからリダイヤルしまくりながら、
ネット予約にもトライしたんだけど、
ずっとダメ!

15分くらいで、
「もう売り切れただろ」とやめましたが、
これがもし、
本気で行く気のコンサートだったら、
それはさぞかし悲しかったでありましょう。

ライブ会場にいる人達って、
選ばれた人達なんですねぇ。
扉を開けてもらえなかった私は、
他のシーンで「選ばれる」ように努めたい、と思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »