« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009.10.31

チケット目指してWヘッダー

10:00から、
チケット発売でした。

桑田佳祐 Act Against AIDS 2009
映画音楽寅さん
チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演
「男はしたいよ」
【日程】2009年11月30日(月)・12月1日(火)・2日(水)

とは言っても、
今年は電話しなかったのですけれどね。
WOWOWで拝見させていただきます。
今回もあっという間にSold Outだったみたいですよ。

12:00からは、
エレファントカシマシのライブのテケッツの、
先行予約のエントリー。
ファンクラブ入会が間に合って、
めでたくの参戦ですが、
抽選に外れたら何の意味もございません。
こちらの手続きは、期間内に済ませればいいとのことなので、
慌てず騒がず、
夜も深まった先ほど済ませたところです。

結果発表は11月7日。
落選だったら悔しいだろな。
そんなことをきっかけに熱が冷めていったりして、
と、これは脅しです。
誰にやねん。

今夜の「夜遊び」は、
私の好きな「棚からムギュッとひとつかみ」企画。
けっこう渋いところをかけておられます。

Now On Airは、
CHICAGOの「If You Leave Me Now」です。

私はどこへも行きません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.30

あ、エレファントだ。

091030_212504タイに移住しているお友だちが、
数ヶ月ぶりに帰ってきているというので、
一緒にディナーしました、
仲良しの3人で。

写真は、
おみやげにいただいた象さんです。
「あ、エレファントだ!」と喜ぶ私。
ここんところの熱病を知る日本在住の友人は、
「彼女、最近、エレファントに凝ってるから」と説明してくれました。

「え? なにそれ」と聞かれたので、
「エレファントカシマシって知ってる?」と聞いてみると、
「あ、それって確か…………」としばし記憶をたどったあと、
「扉!」と言ってくれたのです。

私、思わず興奮しまして、
「そう! 扉! スゴイ! 渋いとこ知ってるやん! 私トリハダ!」と歓喜。


なんでも、
ご主人が退職された時に、
息子さんが記念に贈ったCDだとか。
その息子さんの檄渋な選択に、
わたしゃぁ胸がジーンとするほど感動しました。

が、続けて彼女の話を聞くうち、
若干の違和感が…。
だって「扉っていう曲」と言ったり、
「一緒に入っていたピアノ曲」と言ったりするし、
なにより、
彼女がハミングで聞かせてくれたメロディに、
「?」で。

ディナーは、
いろいろな話で盛り上がりましたが、
私はさっきの一件が気になっていたので、
今一度と話を戻しました。

「『扉』っていうアルバムに『扉』って曲は入ってないんだけど…」
「え、そう?」

彼女は、
曲名を確認するためにケータイでご主人に電話をかけました。
結果、返ってきた答えは、
「『扉』じゃなかった。『ハルカ』だって」
ん? そんな曲あったっけ?
「歌ってんのはね、グリーン!」

「え、それってGreeeeNの『遙か』?」
ぜんぜん違うじゃん!
私ガックリ。

にしてもなんで、
「扉」ってタイトルで話が進むのよ、
ややこしい。
とおもったけど、
帰宅してから確認してみたら、
GreeeeNの歌う「扉」って曲がちゃんとあるのね。

明日、タイに戻る彼女。
どうぞご無事で。
かわいいエレファントをありがとう。
「なんで象?」と聞いたら、
「タイは象だから」という答えがよかったです。
大事にするね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.10.29

新聞購読続行

今月いっぱいで」って電話したけど、
粘られた。
「なんとかお願いします」って。

私も粘った。
「でも読む時間がぜんぜn無いし、チラシとかでいっぱいになるだけだし」。

実際、1ヶ月でたまる量が私には負担なの。
新聞紙はまだ許せるんだけど。
と、思ってたからそう言ったの。

するとおじさん、
「チラシ、抜いてお届けできますよ!」。

そこで私、
「あ、そうなんですか」となぜか道が開けたような気がして、
おじさんが、
「できますよ! 早速明日からチラシ抜いてお届けします!」って言っってくれたのを。
まだ月末なのに?と、
きめ細かいサービスだと感じでしまって
「じゃ、それでお願いします」と。

電話を切ってから、
購読料の問題はぜんぜん片付いていないことにショックを受けましたが、
まぁ…、どーなんでしょう。
ことの顛末を息子に話したら、
なんか話のオチを待ってるような表情をしていましたが、
そんなもの、ありゃしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.28

痛む膝

右足の膝が痛ぇ。
2〜3年に1度のペースでやってくる膝の痛み。
前回痛かったときに買ったサポーターは、
どこに置いてあるんだろう。
動くのが辛いから、
探す気になれない。

今の状態で整形外科に行くと、
レントゲンを撮られて、
「軟骨がすり減ってますね」とかっていわれるんだわ。
「水がたまってます」とかね。

それを職場で話したりすると、
「ゼッタイ水は抜いちゃダメ!」とか、
「水を抜いたらイッパツで治るよ」とかって、
みんなが教えてくれるんだ。
膝痛の専門家が。

腰痛の専門家、
肩こりの専門家、
胃痛の専門家。

足をかばって動くから、
腰が痛くなってきて、
肩がこって、
頭痛にもなる。

で、約1ヶ月ほどたって、
ある朝起きたら、
昨日まで痛かったのがウソみたいに治ってる。
繰り返しだ。

そして、
明日、なに来て行こうかなーって引き出しをあさっているときに、
膝用サポーターが出てくるってわけ。
繰り返しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.27

え……、 サヨナラ……って、

桑田佳祐 ニューシングル 「君にサヨナラを」

収録曲目:
M-1.「君にサヨナラを」

M-2.「声に出して歌いたい日本文学」
フジテレビ系「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~」8月3日放送の企画『声に出して歌いたい日本文学』にて、日本文学の名作10作品の詩や文章の抜粋に曲を書き下ろし歌った18分にもおよぶ組曲を完全収録!

M-3.「HONKY JILL ~69(あいなめ)のブルース~」
フジテレビ系「桑田佳祐の音楽寅さん~MUSIC TIGER~」オープニングテーマ

なんか…
え? ってタイトル。
サヨナラ……なのか……?

そう来ましたか、って感じ。
ちょっと胸が痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.26

「ケアマネ」VS「○○○○」

091027_072950昨日、
このブログに来てくださった方々、
検索ワードで見てみたら、
「ケアマネ」関連と、
「○○○○」関連でまっぷたつ。

実際には、
野音、日比谷、などとのAND検索で、
○○○○の方が多かったんですけれど。

写真に撮ってみると、
カタカナ4文字で、
ちょっと似てる?

まさに「それぞれの週末」だったんだと実感しました。
有用な情報ではなかったと思うので、
申し訳ないですけど。

わたしはちょっと楽しいです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.10.25

それぞれの週末

今夜は、
Space shower TVで、
あのSpace love shower、
私の思い出のライブが放送される日です。
ライブ当日、
放送日を知った時点では、
10月25日なんて、
遙か先のことだと思っていましたが、
あれからずっと○○○○漬けになってたわけで、
そのせいで、
昨日きょうが野音の日となり、
なんだか落ち着かず、
切なささえ感じる日になるなんて、
予想だにしていませんでした。
ホント、人生わからないものだと思いますよ。

あのライブを見るために契約したひかりTV。
ほぼ同じ時間帯にMusic on TVでは、
エレカシ出演日のSummer Sonicをオンエア。

「なんでまた同じ日にやるかなぁ」と思ったけど、
さらに大きく重なっている野音参観組さんは、
もっと大変ですね、
ウレシイ悲鳴というやつですか。

午前中は仕事をしていました。
その時間帯、
お友だちの何人かは、
ケアマネ試験の日。
年に1回の試験って、
キツイよね。
でも、とにかく終わりました。
きょうからは、
試験勉強もありません。
合格発表まで、
何かにググッと熱中してお過ごしください。
そうすれば、
2ヶ月なんてあっという間ですから。
体重も減ります。

サマソニは、
「おはようこんにちは」
「今宵の月のように」
「ガストロンジャー」の3曲。
SLSは、
「今宵の月のように」
「ハナウタ」
「俺たちの明日」の3曲。

SLSは、
3曲ではちょっと物足りなかったけど、
あの日の私にとって特別な「今宵…」がもう一度見られて、
残しておけるのはウレシイことです。
091025_181947私はカラオケにも行ったよ。
ちょうど野音が始まったころから。
でも、ぜんぜんうまく歌えなくて…
写真は…、
スゴイでしょ、高得点1位。
でもダメ。
「絆」も自己ベスト更新で1位だけど、
たまたま音程が合ってて、声が出てただけ。
狙ったテイストにならねえ。
これからの課題。

ちなみにUGAからのランキングは、
月末でリセットされるようです。
来月はまた新しい気持ちで歌いましょう。

ってことで、
いろいろあったけど、
明日から新しい週!
新しい気持ちで踏み出しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.24

ウレシイNEWS

日比谷野外音楽堂ライブDVD (野音ライブ初の映像作品化)

2010年 春 リリース

間違いない?

素晴らしい!

ファンクラブからは、
新春ライブの告知フライヤーが届きました。
裏には先行予約の案内が!
ファンクラブが初めてなら、
先行予約なんてのも初めて。
ミスらないようにしないとな。

あ、「夜遊び」が始まってます。
「フォークソング特集」です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.23

残念なお知らせ

091022_150555
お友だちがインフルエンザ。
25日のケアマネ受験も断念というメールが来ました。
本人は、
「勉強してなかったから」っていうけど、
やっぱり残念。
これが去年の私だったら、
そうとう辛かっただろうなと思うと余計に。

と思っていたら、
私の職場の人も、
扁桃腺の熱でダウン。
同じく受験組なので、
心配です。

明日あさっては、
野音の2Daysがあるので、
エレ・ファンにとっては特別な週末。
私には関係ないけど、
いいお天気だといいなと願ってます。

それぞれの週末。
辛い人も、
サイコー!の人も、
Let's get it on

写真は…………、
10月12日、
記念に買った赤羽発の切符。
パウチしてもらってお守りにしようと企てたんだけれど、
切符が感熱紙だったものだから
頼んだ私も、
頼まれたお友だちも、
「気づけよ!」ってなもんですが、
ダメージは、
切符を真っ黒けにしてしまったお友だちの方が遙かに大!

そりゃそうだよね、
「宝物にするの!」とかって渡したわけだから。

でもって私は意外と大丈夫。
むしろ大笑い。
ブログネタになるわと、
写メしてもらったものです。

この写メの方が、
わたし的には、
むしろおいしかったりして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.22

0.7から1.0にバージョンアップされました。

角膜が傷だらけだって騒いでいたのは、
もう4ヶ月以上前のことですか。

あのとき買った、
3ヶ月で使い切るはずのレンズが、
なぜか先週で無くなったので、
購入ついでに検眼もしてもらいました。
コンタクトレンズを入れた状態で、
両目とも0.7。
「見えにくいなぁ」はやっぱり気のせいじゃなかったです。

今回は度数を上げて、
特殊な角度に対応する乱視矯正で、
なんとか1.0。
クリアな視界を手に入れるために、
お高いレンズの購入を決定しました。
ツーウイークアキビュートーリック。
UVケア!

で、かなり期待の初装着のきょうですが、
今のところ、
あんまり変わらないような気が…。

本当のところ、
検眼の「どちらが開いていますか」のCマーク、
私には、
微妙な黒い○にしか見えていないのです。
右、左、はほとんど勘。
だから度数アップも乱視矯正も、
どうなんだか。
とはいえもう少し、
差を実感したいところです。

さっきは見つからなかったのですが、
あとでまた、
月を探してみましょう。
もしも月が二重に見えなければ、
高いレンズも、惜しくはないから。

ついでに流れ星も見えるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.21

今月いっぱいで、

新聞購読をやめようと思っています。
理由は、
1.読む時間が無い
2.ひかりTV視聴料の捻出
3.ゴミ減らし

紙メディアが好きな私としては、
大きな決断だと思います。

新聞紙としても、
いろいろな用途を持たせていた我が家としては、
実に大きなこと。

でも、
予想されるスッキリ感への期待も大きい。

残る難関は、「断りの電話」。

…気が重いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.20

ま、あれは、あれで…。

昨日のsma×sma騒動、
お友だちや母にまでメールやら電話やらをして、
「見て!」というほどのものではありませんでしたね、
スミマセン。
大人なんだからもうちょっと落ち着いたらいいと思うんですけれど、
ま、はしゃいじゃうんじゃないですか、
それがそもそも子どもっぽいんですかね。

おまけに、
お友だちも母も、
「ビストロはちゃんと見てたのに、気づいたら番組が終わってた」って、
見逃してやんの。
すでにYouTubeにUPされているから、
見たい方は行って、
「エレファントカシマシxSMAP」で検索してください。
リンクは貼らんときます。
10年前のはコチラ

同じマイク音量なら、
宮本さんの声だけがドーンと前にでてくると思うんだけど、
そうでもなかったし。
ソロパートは「あーあ〜」だけだし。

でも宮本さんの目、キラキラしてる。
SMAP御用達のライティングのせい?

放送後のiTunes Storeでは、
「今宵の月のように」がいきなり上位に。
初めて聴いて、
オリジナルを聴きたくなった人が
いっぱい、いたんかな。
私も聴いたもんね。

トーク、ラストの笑顔も、よかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.19

きょう、ですから!

SMA×SMAに出るの。
DVDもYouTubeも見る機会がないという、
私の周りにいる、
「エレカシ…?」
「あぁ、名前は聞いたことある」
「えっと、曲、聞いたら知ってるかも…」
な皆さん、見てみてくださいよ。

といっても、
新聞のラ・テ欄には、
ビートたけしさんのことばかりで何にも書かれてないんだけど。

ひょっとしたら、
「大型新キャラ登場」ってのがそーなのか?
歌のゲストじゃなくて?
どんなふうに登場するのか、若干の不安はあるけれど、
まあ取りあえず見てみましょう。

ネ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.18

明るくなりました。

ってことで、
昨日の「DVD鑑賞会」で、
武道館ライブに惚れ直したわけですが、
その理由のひとつに、
「画面が明るいじゃん」てのがありまして。

ひょっとしてと思い当たったものだから、
テレビの設定を確認してみたら、
やっぱりバリバリ省エネモードになってました。
暗いわけです。

「標準」にしてみたら、
一気に明るくなりました。
もともと眩しいのは苦手なたちなので、
いちばん暗いモードにしてたんでした。

ついでにイコライザみたいのも触って、
重低音モードもちょっと軽めにしておきました。
夜遅く見ることが圧倒的に多いんだから、
その方がいいでしょ。

で、試しに、[PLAY ALL]。
おお。
最初のバックステージの映像からぜんぜん違います。
明るい明るい(*^-^)。
ぜんぜん違うじゃ〜ん。

ってことで、これまた、
最後まで見るんだろうな。
明日もまた早いのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.17

無事だったよっ!

091017_204741
心配ご無用でした。

「DVD鑑賞会」、
集まっていた方は、
素敵で、いい人たちだったよ。

どうやらダイジョブそうだと安心してからは、
いろいろと、
わかんないことを質問して、
卒論くらいは書けそうになってきたよ。
↑ 「博士」にはまだまだ遠いって意味です。

DVDも小一時間、一緒に見られたしね。
なんか、
うちで見てるよりもすごく臨場感があって、
画面も明るくて、
何度も見ているはずの映像に、
見入ってしまいました。
「初めまして」の挨拶もそこそこに。

そのあとは、
かっぱ横町を少し覗いてから夕食会。
ひとつのことに集中すると、
他のことが疎かになる私は、
味覚にあまり記憶が残ってませんで、
新鮮で斬新な情報群に、
圧倒されていました。

皆さん、
とてもディープなイーグル級の方ばっかりで、
対する私は、小鳥ちゃん。
小さな翼でバタバタし始めたばかりの…

でも、この熱病、
これ以上の症状が続くと、
正直キツイがなぁ。

「この人でなければダメだ」という人なんて、
いない方がラクなんだから。
と、思ったりするようになってるってことは、
時すでに遅しなわけで。
あぁ。

探してみようと思った動画のことや、
覗いてみたくなったサイトのこと、
欲しくなっちゃったアルバムのこと。

これだけワクワクしながら帰ってきて、
真夜中におさらいやってる時点で、
もう重症だわ。

でも行ってよかった!
まだ余韻が残ってる。

明日も早いんだから、
早く寝なくちゃいけないのに。
もうすぐ、太陽が昇ってきちまうぜ。

写真は、
満席で入れなかった、
「エレファント・カフェ」のサイン。
入ってお茶を飲めると思って、
嬉しくって写真に撮ったのに。

イスもテーブルも象なんだって。
それ聞いて、私、
「そうか、エレファントって象か」と気づいてビックリしました。
そらそうなんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.16

明日は、鑑賞会。

「DVD鑑賞会」に行くのですヽ(´▽`)/。
仕事が16時まであるから、
DVDの鑑賞にはほとんど間に合わないんだけれど、
その後の夕食会では、
たぶん何人かのファンの方たちとお話ができるのです。
いわゆる「オフ」ってやつですか。
今もそういう?

なんか久しぶりにそういうのに参加することも、
とても楽しみです。

でも、
ワクワクしている私を、
おともだちやこないだのセンセイー、そして息子までもが、
「ダイジョブ?」と心配していました。
いったい何を心配しているんでしょうねぇ
大丈夫でしょうよ、当たり前に。

はしゃぎすぎないように気をつけなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.15

1年遅れで、キターーー。

発表されました

桑田佳祐『Act Against AIDS 2009』開催決定! 今年のテーマは「映画音楽」!

おぉ!

覚えてますか?
去年の10月、
「AAA予想」で、
ワタシがAAAのテーマとして、
「映画音楽」を切望していたことを!

ちゃんとWOWOWで生中継もされるし、
楽しみです。

過去の出来事に「もし…だったら」は禁句なのだそうですけれど、
去年のテーマが「映画音楽」だったら、
ゼッタイ行ってただろうなと思うと、
ジンセイ、わかんないもんですね。
これもそういう何かの流れのひとつかな。

12月に横浜に行ってたら、
翌年8月のSLSで山中湖まで行くことはなかったかもしれないし、
そうしたら、
エレカシ熱に冒されることもなかったのか…と。

このところ、
わたくし的にはさっぱり盛り上がることのなにクワ系ですが、
12月2日に向けて、
きっと「夜遊び」でも「予習講座」の特集があるだろうし、
熱病への、
タミフル効果に期待大!です。

同じようなこと、
9月にも書いてます
熱病けっこう長引いてますねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.14

次週のSMA×SMA

エレカシの、
オフィシャルサイトのインフォメーションで知りました。

0/19(月) 22:15~放送予定
フジテレビ「SMAP×SMAP」
※番組内ワンコーナーにて「今宵の月のように」パフォーマンス

この番組なら、
kabo-chanも見るんじゃない?

でも、1曲だけなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.13

車中の話題

昨日、
片品村三人委員会哲学塾の会場からの帰りは、
ありがたくも声をかけてくださった澤田さんと、
鬼頭センセイと一緒に、
眼鏡男子のミエダ君の車で高崎まで送っていただきました。
3人とも著書がある有名人だから、
イニシャルじゃなくてもいいでしょ。← it's my kijun.

たまたま乗り合わせた4人ではあったのだけれど、
話題が例のYou Tube系となり、
おもいがけずの大盛り上がり。

この話は2chの展開が加わわることによって、
ワンランク上の、
わかる人にはわかる面白さがあるんですけれど、
乗り合わせた4人は、
その「わかる人たち」だったものだから、
ウケルウケル! ウレシワタシウレシ!

赤羽出身バンドのことは知らなかった澤田さんだったけれど、
2chのあの人も、北区の出身なのだそうで、
意外にもリアルに、
とってもよくご存じ。
ワタシも知らなかった彼の一面を知ることができて、
「ふ〜ん」て感じ。

なんとなく哲学塾の間は、
封印していた話題だっただけに、
喋りまくってワタシスッキリ。

顔やバックボーンが見える人たちとのお喋りは、
ヤッパリ楽しいのだ。

きょうの記事の意味がさっぱりわからない人は、
次回、お会いしたときにでも、
またちゃんと説明しますからね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.12

赤羽散歩の夕

091012_163115
群馬県片品村で開催された三人委員会哲学塾の3日目。

だけど、
私にとっては、
高崎までの車中から、
その後の赤羽めぐりへと、
尻上がりで盛り上がる午後の印象の方が強くなっちゃって。

哲学塾は、
来年、できれば阿賀野川に参加したいなという大まかな展望と、
一応、
自分で作った宿題をぼちぼちやっていくってことで、
いいですか

で、
赤羽ですよ。
しかも、
この地の案内人として最高の澤田さんと!


彼らの行きつけのお店だったという喫茶店に連れてってもらったあと、
澤田さんのオフィスのベランダから前方に広がる赤羽台団地を遙かに見渡し、
あの「扉の向こう」のコースを散歩!!

オシャレな言葉とか、
ウケル歌ではなく、
生きている時間とか育った風土、
感じたことが伝わってくる曲が多いエレカシだから、
聴くほどに、
その「地元」を歩いてみたいと強く思っていたし、
「扉の向こう」がお気に入りだったので、
まさに夢見心地。

階段を上るだけで、
街路樹の桜の木を見上げるだけで大興奮。

「俺は空気だけで感じるのさ 東京はかつて木々と川の地平線」

散歩の途中には、
澤田さんオススメの
カフェ マッカラン(だったと記憶)というお店で、
おいしいコーヒーとサンドイッチをいただきました。

マスターも、娘さんもエレカシのことをよくご存じ。
(というか、知らなかった澤田さんの方が……?)
「赤羽台さくら並木公園一帯も紹介されているから」と、
娘さんからいただいた北区の情報誌「KISS」。
紹介記事にあった、
「長い桜のトンネル。満開になると空が見えなくなるほど」の一文と、
「桜が町彩る季節になると いつもわざと背を向けて生きてたあの頃…」の歌詞。
「桜の歌が歌えるようになった」と語っていたインタビュー。
武道館ライブの「昔いろいろあったけど、青空と桜に気づいた男の歌です」。

くださった娘さんに感謝です。
あの曲が一層、
胸に沁みるようになりました。
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

わたしの育った町、
暮らす町の風土は、
どんななんやろ。

喫茶店で、
散歩の途中で、
澤田さんといろいろ語り合えたことが、
私には最高の、
哲学塾の締めだったと、
帰りの新幹線で強く実感しました。

家に帰り着いたのは、
23時前。
少し疲れてもいたけれど、
荷物を下ろすやいなや、
DVDをセット。
さっき歩いた町並みを歩く宮本さんを確認。
幸せにひたりながら、
夜中にまわる洗濯機を見る夜なのでした。

写真は、
喫茶店に掛かっていた額です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.11

三人委員会哲学塾2009 2日目

091011_180324夜行バスの疲れか、
昨夜は温泉のあと早々に就寝、
すっきり目覚めた朝でして。

ここらで一昨年、参加した哲学塾の初日の記事にリンクしときましょう。
7月だったんですね。
「哲学塾」の検索ワードで、
今でも時々このブログに訪ねてくる人がいる記事ですよ。

えっときょうは、
9:30から18;00頃までの長丁場。
といっても私にとっては緩急もある、
あいかわらずの物見遊山、
 ↑ きゃ、怒らないで!
ある意味、アンニュイな一日。

でも途中、
介護界についてのするどい指摘があった場面は、
ちょっと辛かったな。
別に私や私の職場について指摘されているわけではなく、
私がケアに当たっている方の不幸せが語られているわけでもなくて、
確かに言われている通りの現実があることを充分すぎるほど、
承知しているんだけれど、
やっぱり胸がクッと痛む感じで。

「もしも世界の終わりが明日だとしても、わたしはリンゴの種をまく」

明日が世界の終わりだという可能性は50パーセント。
私にとって、
確率は常に2分の1。
雨が降るか降らないか。
あの人が来るか来ないか。
Yes or No … God Knows.
そこから先は、考えない。
it's my rule.

そんなことを考えていたら、← ヤッパリ考えてる
介護保険制度&ヘルパーさんへの感謝を発言された人がいて。
別に私の仕事が褒められたわけではなく、
介護の世界の未来が開けたわけでもないのに、
たまらなく嬉しくて嬉しくて。
アホやん。

片品村の日射しって、
いつもこんなにキレイなのかなって思えた2日目でした。
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
途中で1回、
今回の記念にと、
マイクを持って発言しました。
途中でわけがわかんなくなって苦しくなりました。
でも、
夜の交流会や、
宿泊が同室だった方から、
嬉しい反応を聞かせていただけたので、
心が和みました。

内山センセー、ムラサキ色の服、着てる。
T塚さんって、エレカシの宮本さんと話し方、似てるって言われたこと、ないかな?
エレカシ、聴きたいなぁ。
明日はどうやって東京まで行くんだろう。
と、私の思考は、
跳ぶたびに着地に失敗してひっくり返るコオロギのよう。

写真は、
会場の「いろり」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.10

3人委員会哲学塾2009

ちょっと読みが甘かったこともあって、
小一時間歩いて会場入りしました。

再会する人ごとに、
久し振り! 久し振り!
と、声をかけて頂きました。
何年ぶりぃ?なんて声も。
「それほどでは…」と思う私。

不思議なことに皆さん、
一昨年、私が参加していたことをぜんぜん記憶しておられなくて(^_^;。だからの「何年ぶりぃ?」でした。

確かに一度も発言しなかったし、
一昨年は、まだ手術前の半病人で、おとなしくしてたってこともあることはあるんでしょうが。
~・*・~・*・~
会場の民宿 かしや さんは、160年前の建物だそうで、
みんなが座ると、
あの掛川の加茂荘さんの光景がオーバーラップするかのごとく。
あの頃からのメンバー、
ぜんぜん老けてません。
むしろ逆!
驚異的!

初日は、
地元の村の方、5人のお話からスタート。

地元の方々の…ってところも大事だったのかもしれませんが、
私はどのお話も、
そういう聞き方はしないままでした。

ネット販売、追い続けた夢、講の話、ある花の危機、こだわりの品物づくり、地産地消、値段の付け方、伝える、表現する、嫁のしごと、学び合い、村から、全国どこでも…なのか? 等々。

どれもリアルで刺激的でした。

触発されて、
伺いながら、
いろいろなことを考えました。
なんだか久し振りに考えている? ← 私のアタマ
しかも、私にとって、切実じゃないことを!

なかなかイイ感じです。

~・*・~・*・~
夜の交流会はご馳走の山。
クマ 食べました おいしかったです。
シカ 食べました おいしかったです。

ちょっとアルコールも入って、
近くに座っていた人ともラフにお喋り。
いつも私を引き立ててくださるS田さんとも、
「以前、北区の本を作った時に手伝ってもらったわね」
「そうでしたね」
なんて…。

…………?
あれ? 北区?
北区って…、
赤羽……、あ、
「あの…、赤羽って北区じゃなかったでしたっけ…?」
「そうよ」←キッパリのS田さん。

!!!

S田さんとの繋がりが、
がぜん輝きをました瞬間でありました。
<つづく>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.09

慌だしく出発

21時前まで、嵐のような状況の下、
クルクルクルクルお仕事をして、
一旦、家に戻って、
21時半に京都に向けて出発という、
バタバタなスケジュールで家を出ました。

取りあえず新宿へ、
そこから尾瀬行きのバスで片品村に入ります。

2年半ぶりの片品村であり、
2年半ぶりの哲学塾です。

2年間って、
短いようでけっこう長い。
ケータイの契約期間で思い知ったように。

でもたぶん、
哲学塾には、
今回も同じ空気が流れてるんだろうな、と、
私には感じられるところ。

何しに行くんだか、
自分でもよくわからないけれど、
ここらでちょっと、
自分なりの宿題がほしくなってきてるんじゃないかしらん。
そのテーマをお持ち帰りできるといいな。

今のところは、
うまくいく予感がありますが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.06

群馬

土曜の朝には東京、
そっから群馬入りです。
なんか実感がないですけど。

今の流れで、
スーッと行ってきたいと思ってます。

カメラのリモコン、探さなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.05

今週からの「月23」

きょうからWOWOWでグレイズのシーズン5。
先々週までは、
寅さん枠だった「月曜日の23時〜」が、
様変わりです。

というか、
朝から、
「あー! グレイズ5の第1回、録るの忘れてた! あんもー! 5日から始まるって楽しみにしてたのにーっ! やってもーたがなぁ!」
と騒いでたら息子が、
「5日は、きょうや」と。

よかった

さてデジタルで録るかアナログで録るか。
私はもうデジタルWOWOWなんて、
契約ごとやめちゃおうと思ってる派。
息子は、やっぱりキレイだからとデジタル派。

粋な台詞を聞いたとき、言語で聞いてみたくなったりせんのかな。

結局、
ちゃんと考えて結論を出すまではと、
デジタルとアナログの両方で録ることに。

近いうちに、
HDDの整理をしなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.04

ちょっと凹んでる。

最近、
仕事でミスと抜けが多い。

まわりが、
たくさん仕事してるから、とか、
疲れてはるから、とか、
忙しいから、とか、
無理もない、とか、
言ってくれて、
余計凹みます。

あげくの果てには、
仕事の分担を減らしてくれて。

この年になると、
慰めたり、
励ましたりして、
サポートにまわることの方が、
慰められたり励まされたりするより多いから、
「気にしないでください」
「元気だしてください」に、
どうしたものやら。

「さあ、がんばろうぜっ!」も効かない。

でも、
どうしたらいいのかわからないってほどのことにはなってません。
目の前のひとつを丁寧に、
それが終わったら次のひとつを丁寧に、
それだけでいいはず。

この歳になると、
凹んでるとは言っても、
けっこう図太い。

都合よくできているんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.03

UGAカラで、

091003_164103きょうは友人たちとカラオケ。
店員さんに勧められてUGA NEXTとやらを選択。
UGAにはエレカシ曲がたくさん入ってるって聞いたし。

そこで、
採点システムなるものを試してみたところ、
意外と甘くて、
私程度でもちょっと頑張ると90点超。

次にはウガバトなるものを発見。
こちらも試してみたところ、
カーペンターズの「青春の輝き」で、
いきなり全国2位
だって、
エントリーしていたのが、
1人だったから

とにかくエントリーしている人が、
ほとんどいないの。
それじゃあと、
「ハナウタ」を見たら、
エントリーはやっぱり1人。
で、頑張ったら全国1位。

トップバッターは採点されたあと、
暫定1位って感じね。
ランキングデータが無い曲は、
歌えば即1位

でも、
全国1位となったら悪い気はしません。
次々とやってみました。
「今宵の月」や「悲しみの果て」なんかは、
さすがに何人かの挑戦者がいましたから、
1位とはいきませんでしたが、
「悲しみの果て」は、
ちょっと意識して丁寧に唱歌みたいに歌ったら、
92点、全国2位。

一番、嬉しかったのは、
「今はここが真ん中さ」の、90点で1位。

W.ヒューストンの「I always love you」は、
1位に100点の強者がいて2位

おばちゃん、
調子にノル、ノル、ノルネ。

挑戦者が増えれば、
すぐに落ちていくであろうランキングではありますが、
記念に写真を撮ってきました。

採点を気にすると、
変に力んで(←カッコワル)、
ミスるあたりもご愛敬。
けっこう盛り上がりました。

みなさんも、
全国1位を狙うなら今がチャンスです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.10.02

キタけど、オアズケ。

突然ふってわいたような、
きょうは休日。
朝からフル回転。
ひかりTVのチューナーも無事ゲット。

12時にはセットも完了、
なのに、
見られるようになるまで、
「最大で24時間かかります」なのですって!← NTT西日本プレミアムの場合

19時からの、
SET STOCKが見られると喜んだのに、
未だにダメ。
急ぐ必要はないんだけど、
この24時間はじれったいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.10.01

待ってました!のUP

ひかりTVのチューナーが間に合わないまま、
SLSのライブのダイジェスト版が放送されて、
だからずっとYou Tubeの新着動画に、
どなたかUPしてくださらないかと待ってまして、
2日程前? ついに見ることができました。

「ハナウタ」と「俺たちの明日」が放送されたんですね。
早速、何度か見てみて、
あの日の感動がよみがえりました…という感覚よりも、
「あー、こんなだったんだ」というような新しい感動の方が大。

だって、
あの日のライブは、
私にとって非日常であった上に、
エレカシを見ている時なんて、
さらに興奮しているわけで、
冷静に「あぁなるほど…」と見ていたわけじゃないですからね。

覚えているのは、
登場したときに大型ビジョンに映った宮本氏の姿と、
近くにいた男性が一生懸命歌っていた姿と、
「あ、リードギター弾いてる」とビックリしていたことと…、
あとは、
とにかくカッコヨサに痺れていたわけなんだけれど、
本当のところ、
リアルタイムでキャッチしたものが、
どういうものだったか、
実はもうぜんぜんわかんなくて、
それを確認したい、
好奇心みたいな気持ちの方が断然強かったものですから。

「ハナウタ」をあんなに早いテンポで歌っていたことも、
途中で歌詞をごまかしてたことも、
髪の毛が思っていたより長かったことも、
靴を脱いでいたことも、
今回初めて確認できました。

またナマではゼッタイ見られなかった物が見られるのもいいです。
平間氏の前に並んだエフェクター群とか。
いつもアコースティックギターをジャカジャカ弾いておられたイメージがありますが、
どの曲でどういう音づくりをしておられたのか、
知りたいです。

だから、
3人のギターがどう鳴っているのかだけを追っかけて聴いてたりしています。
そういうのがけっこう好きです。
この日の宮本さんはストラト型だったってことも、
イメージ的には、
武道館のテレキャス型の方が強くなってしまっているので、
不思議な感じです。

「俺たちの明日」のラストの音の直前で、
慌ただしくギターを変える石君に、
「おぉ」と思ったりもしてます。
次の「ガストロンジャー」の準備?
とか、そういうのがもっとみたいから、
できれば全曲やってほしいなぁ。

リンクは、ギター持って歌ってる「俺たちの明日」にしときましょう。
見れば「ハナウタ」は、
関連動画で出てくるだろうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »