« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

2010.01.31

4年前か…、

介護福祉士を受験したのは、
4年前、平成18年のことだったと、
さっきやっとわかりました。

福祉の世界でも、
4年も前のこととなると、
情報としては古いですね。

今は「残存機能」という言葉を使わないそうです。
「残っている」機能じゃなくて、
「活用できる」機能。

「徘徊」という言葉も使われなくなったりして。
はい、そこのキミ、なぜだかわかりますか?
おい、そこの、そこの! お前だよ!!

「子供」は、「子ども」、
「障害者」は、「障がい者」、
という動きもあるそうです。

でも、これらのこと、
介護や福祉の世界にいても、
知らない人、いっぱいいます。

逆に、
そんなことばかり知ってる人…もいます。

錆びないように、
浮いちゃわないように、
精進しましょう。

きょう受験した皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.30

「僕はiPadにする!」ってさ。

予想に反して、
息子が「iPhoneは買いません。無くても不自由はしないものだし」と宣言しつつ、
私にiphoneを返却したのが1月27日。

偉いなぁ、成長したんだなぁと感慨にふけっていたら、
その翌日、1月28日に、
APPLEから「iPad 新登場」のメール。

それを見て、
「僕は、こっちやろ」とあっさりと方向変換した息子。
きょうまでにいろいろと情報を収集した模様。
アメリカでは499ドルですと。

「iPhone、買わなくてよかった」と、
喜んでおります、息子も、私も。
確かに息子にはiPadの方が良さそうですもん。

私の方は、
「お母さんは、iPhoneでよかったと思うよ」と奴に言われるまでもなく、
ひとりのオフィスで気軽に音楽を聴きながら仕事したり、
家に帰ってからアプリを試してみたりと、
iPhone Lifeを満喫中であります。

iPhoneも、iPadも、
一家に一台あればいいんじゃあるまいか?
かなり楽しい一家になる予感がします。

桜の花が舞い上がる頃かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.29

Because you 〜

Youtubeのサイトに行くと、
「あなたへのオススメ」なる動画がズラリと並んで表示されています。
確かにオススメされてありがたい動画もあるので、
それはそれでいいんですけれども、
その動画のサムネイルひとつひとつの下にいちいち、
「Because you watched 〜」とか、
「Because you favorited 〜」と表示されているのが、
なんかうざい。

言い訳すんなよ、
私のせいかよ……って感じ。

かたやamazonでは、
「おすすめ商品」を、
「閲覧履歴から、」とか、
「既にお持ちの商品から、」とかって表示してくださってます。

「あー、そうきたか」程度に理解できる「おすすめ」もありますが、
フラカンって……。
さらに、
ミシェル・ガン・エレファントって、
そうかなぁ、ホントに私にオススメですかぁ?

それとも、ただの象つながり?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.28

There is a miller on my desk.

100128_182357職場で私が使っている机に置いてある鏡です。
なかなか豪華な逸品です。
私のものではありません。
預り物です。

でも、
それを知らない人には、
私が、
職場のデスクに豪華な鏡を置く人間というふうに映るのだと、
最近、気づきました。

パソコンに向かっている時に、
右斜め前のデスクの隅を見ると、
鏡の中の私と目が合うわけなんだけど。

らしいなぁ、と思われるのか、
えぇ? そういう人? と思われるのか。

どうなのかなぁ、
自分のイメージってわからんもんだな。

写真に写っているのは、
私の左手です。
親指のバンドエイドが無かったら、
私も騙されるところでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.27

おかえりiPhone

やっと帰ってきました、私のiPhone。
やっと治りました、右腕の痛み。

どちらも1週間はかかるだろうと覚悟していたので、
早めに復活できて得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.26

どれにすればいいんだか

100126_224534_3amazonの画面です。
「THIS IS IT」は、
Blu-ray版(盤?)もあるわけですね。

Blu-rayにするか、DVDにするか、
どんなパッケージにするか、
どの特典を選ぶのか、

選択肢が多い上にややこしくて選べません。
「THIS IS ITコーディネーター」がいればいいのに。

てか、
ひとつを選ぼうとするから迷うんだな。
お誕生日に、
あっちからもこっちからも「THIS IS IT」が、
いっぱい届けばいいんですわ。
できれば、いろんなタイプの「THIS IS IT」が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.25

外泊 iPhone

右腕の痛みは、
かなりマシになってきました。
「今、無理をするとぶり返す」と言われながらも、
痛みが薄らぐと、
「かばう」と行為は忘れられてしまうものらしいです。

きょうは殆どデスクワークだったので、
キーボードを打ちまくっては、
しばらく右腕を抱えて唸るというのを繰り返してました。

珍しく17時過ぎには家に帰ってきましたが、
iPhoneはありません。
昨日もきょうも息子に拉致されたまんまです。
「なるべく早く返します」とメールは来ましたが、
返される時は、
奴が自分のiPhoneを手にした時です、きっと。

きょうは職場で、
ちょっと意地悪な人間になってたので、
そのこと自体にストレスを感じながらも、
ちょっと新鮮な気分も味わってました。
大丈夫よ、
意地悪ったって、
ちょっと懲らしめるって程度のものだから。
勧善懲悪の世界では、
悪者に意地悪するの、「あり」でしょ。
そーんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.24

おでかけ iPhone

Photo右腕の痛みはまだ続いております。
きょうはお休みなので家でおとなしくしております。

昨日帰ってきた息子は、
午前中ずっと、
私のiPhoneをいじっておりました。
そして「きょう借りてもいい?」と、
持って出かけて行きました。
産業カウンセラーの試験日です。

昼近くになって、
会場近くから、
「面白い写真が撮れる!」と、
私のiPhoneから写メがきました。
トイカメラ風に撮れてる……らしいです。
私にはよくわかりません。

が、
予感は確信に変わりつつあります。
奴もゼッタイ買うよな、iPhone。
このキャンペーン期間中に。

こういう類のワクワクを目の当たりにすると、
我慢ができない。
遺伝だと言われれば否定できません。
2台目のケータイとしてiPhoneを買うという案を、
彼女さんに伝えた電話では、
「なに考えてんの!」的にこっぴどく言われていたようですが、
それでも奴は、
ゼッタイに買うと思います。

閉鎖されたホテルです。
誰もとめられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.23

右腕の痛み

昨日から、
耐えがたい右腕の痛みに耐えております。

覚えがないわけじゃなく、
「たぶん、あの時に痛めたんだな」程度の無理はしたのですが、
その翌日になって痛み出し、
どんどんひどくなっておりますよ!
肩のすぐ下から手首まで全部!
夕べは痛みで何度も目が醒めたから、
寝不足でもあることよ!

職場で看護師さんに聞いてみたら、
「たぶん腱を痛めたのね」ってさ。
冷やしなさい、
動かすのは最小限に、
できれば固定しなさいって。

無理だし

確かに、
右腕を胸に当てて左手で抱くようにしてじっとしていると、
痛みはやわらぎます。

そのまま足を組んで、
右手の指をひたいに当てたら、
任三郎スタイルになります。

次に、
右手をアゴの下に添えてみると、
絵のモデルさんのような感じになります。

じっと手を見ていたら、
我暮らし 楽にならざりだし、

いっそのことと、
ピストルを持ってみたら、
ボンドガールになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.22

DVDを予約

3月17日発売予定のDVDをamazonで予約しました。
まだ2ヶ月以上先なんだけど、
予約が始まってたものだから。

発売日前日が私のBirthdayだからって、
これをプレゼントにしようとしていた方々。
自分で買いますので他の物をご検討ください。

DVD発売が発表になったとき、
「Blu-ray盤があればいいなぁ」と思ったのだけれど、
すぐに「いや待てよ」と。

基本的に、うちでしか見れない。
友人や母に貸すこともできないし、
息子が研究室で見るのも無理……あ、発売の時には卒業してるか。
パソコンで見ることもできない。
どこかに持ち出してお友達と一緒に見るのも不自由。

でも画質や音が格段にいいなら捨てがたいなぁ…。
……と、悩まずにすんでよかったです。
DVDでしか発売されないみたい。

予約したのは、DVD3枚組の限定版。
見るときには50歳になってる予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.21

晴れのち雨の iPhone

100122_105028きょうはお仕事で車の運転をしました。
もうかれこれ15年くらいはペーパードライバーで、
長く運転などしたことがなかったのですが、
最近は必要に迫られて、
ちょくちょく乗ってるのです。
近場ならちょっと慣れてきたので、
車を所有しない私は、
つかの間の「It's my life」を楽しんでおります。

で、きょうはiPhoneを持って乗りました
もちろんiPodをオンのため!
コードをつなげなくても音が鳴るから
(って当たり前です、電話ですから)、

川沿いの道を、
ドライブ楽し、タラッタラン!

そのせいもあってか、
うちに帰ってきたら、
「充電が残りわずかです」とメッセージを表示しておりました。
さ、充電、充電…、
と思ってコードをさがしたけど、
置いたはずの場所にありません。

しばらくすると息子からメールが来ました。
やな予感…。
「iPodのコードもってきてもたふたつとも」って。
ヤッパシ…。

あのバカ
それに、iPodのコードがふたつじゃない。
ひとつはiPhoneのコードです。
とにも〜、おかげでもうオアズケじゃん。
明日はiPhoneで遊ぼうと、
楽しみにしていたお休みだってのに。

次に帰ってくるのはいつなんだ、まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.20

花めくり 2010

100120_215601先日、母が、
「病院に行ったら閉まってた」と怒っておりました。
「きょうは祝日だからね」と言ったら、
ちょっとションボリ。
そして、
「日めくりが無いから…」と言い訳をしたのです。

そうか、
日めくりがあれば、
めくった時に日付が赤いから祝日だとわかるのか。

と、今年は日めくりカレンダーを用意しなかったことを、
少し後悔しました。
言ってくれればいいのに、とも思いましたが、
母も気づいていなかったのでしょう、
日めくりカレンダーの効能に。

きょうが今年最初の祝日だから。

ということで、
amazonで見つけたカレンダーを購入しました。
毎日、全ページ、きれいな花の写真です。
きょう届いて、
中身を確認したら、
私も欲しくなってしまいました。
1,890円は安いんじゃない?

ちなみに、
kaboちゃんのお孫さんのお誕生日であり、
my iPHONEの購入日でもある、
1月18日の写真は「白い胡蝶蘭」でした。

うん、やっぱり私も欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.19

幸せな、iPhone

100119_232230昨日の、
kaboちゃん初孫ご出産記念に購入したiPHONE。
もちろんWhite。

1/31までキャンペーン中だから、
2年間使えば機種代は実質0円……に惹かれたわけじゃない。
いつか、こうなるだろうなとは思っていたのです。
二の足を踏んでいたのは、
ケータイ電話としてどうかと思っていたから。
2台目として購入するという発想は、
電話だと思わなければいいんだという結論を導いてくれました。

だから新しい電話番号もメルアドもほぼクローズド。
(それでも知りたい方はご連絡ください、お知らせします)

夕方に購入してから夜がふけるまで、
なんだかんだの設定で時間があっという間に過ぎていきました。
が、すでにいろいろわかってきましたよ。
とりあえずは産経新聞が、
新聞のレイアウトのまま無料で読めるのがいいです。
テレビ欄は東京版だけど。

そしてもちろん、
iPodとしてもすでに活躍中。
You Tubeにも感動です。
私にとっては、
エレ◯シを携帯するためのツールでもあるわけだな。
それだけでもかなりのもんだわ!

私のブログを見てみたら、
レイアウトがちょっと崩れてたから、
とりあえず、タイトルの下の文章を書き直して、
ちゃんと見えるようにしておきました。

さすが、
どんどんヘヴィユーザーの道を歩んでますよ。
だから幸せなの、
私のiPhoneは。

なんて名前をつけようかしら。
初孫さんのお名前も参考にしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.18

孫ってどんなだろ。

仲良しのお友達の娘さんが、
赤ちゃんを出産されました。

礼子さん、知ってる?

午前中に、
昨日入院と聞いたので、
こちらまで落ち着かない休日となりました。

私には息子しかいないから、
孫を産むとしたら、
お嫁さんになるわけだけれど、
どんな感じかなーと思ったりして

メールが来るたびドキドキの夜でした。
21時過ぎ、「生まれまちた」と写メが来て、
なじかはしらねど涙でありました。
Image115
礼子さん、見えたー?

勝手に写真出しちゃいけないかな。
でも本人と特定はできないだろうし、いいかな。
……って、
自分で書いてて意味がわからないわ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.01.17

You Tubeさまさま?

で、話を昨年の8月30日のライブに戻します

ずっと、
「あのライブで…、」と言ってはいるけれど、
果たしてそうか?と、
きょう唐突に感じたわけで。

確かにあのライブがきっかけにはなったけれど、
熱が高まったのは、
ライブの翌日から怒涛の勢いで見た、
You Tubeの映像があったからじゃなかったかなと。

逆に言うと、
いくら「かっこよかった」と思ったからったって、
CDを2〜3枚追加して聴いたくらいでは、
ライブに行くとか、
DVDを買うほどまで、
はまることもなかった、と改めて思われ。

エレ部にも、
You Tubeで見てみて「はまった」と言ってる人がいて、
私の症状ととても似ていました。

そう思うと、
You Tubeのおかげで というか、
You Tubeのせいで と、いおうか。

人生って、
出会いとか、縁とか、宿命とかってほどのものじゃない、
へ?ってなものの存在や、
はぁ?ってほど些細な出来事とか、
いろんな要素が絡まり合って転がっていくものなんだな。

最近、
いろんなことに、
改めて気づいて驚くことがよくあります。
長生きはするもんですなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.16

昨日は「朔」の日でした。

私の職場は、
毎月16日〜15日を1ヶ月として仕事が進みます。
前に働いていた職場もそうでした。
だから毎月15日は晦日気分。
毎月16日は正月気分…ってほどじゃないけど、
16日になると、
ささやかながら心機一転モードになるのが、
my習慣。

特にきょうは、
昨日までとは違う日々の始まり感が強くありました。
職場の変化もありますが、
そう感じるのはたぶん、
根拠のない、
ただの「予感」、あるいは「気のもん」のせい。
いい兆しがきているような、
レイヤーが変わったような……。

これまでの経験から言うと、
私の「予感」は当たりますから、
ちょっと楽天的になっていいかもしれませんね。

と、シャーマンもどきが言ってますヨ。

昨日が新月だったことも多少は影響してるのかな。

月の満ち欠けが、
私たちのカラダや自然に及ぼす影響が大きいというのは、
確かにあるなぁと感じることがありますから。

新しいことを始めるなら新月から、
満月が来たら次の新月を目指して準備をする、
そんなふうにするとといいって聞いたことがあります。
今年はそういうの意識して暮らしてみようかな。

あは、
シャーマンというより、
サンマンだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.15

激サプライズの夕食会

で、ライブに話を戻します

ライブの帰り道ってのは、
何か惚(ほう)けたような感じになることがあります。
ひとりで行ったライブだと特に。
テンションが上がるというより、
「あぁ終わったなぁ」みたいな。
連れがいたらいたで、
何か無理やり感が生じたりして…。
私だけ?

でも同じミュージシャンを好きな人たちと、
ネットや雑誌の文通コーナーなどでコンタクトをとって、
情報交換をしたり、
「ライブ会場でお会いしましょう」的なことは、
まったく、する気になれず。
……だったんです、昨年までは!

エレ熱の症状のひとつとして、
ワタクシの場合は、
「群れてみたくなった」というのがありますね。
共有したい、聞いてもらいたい、教えてもらいたい。

実際、
「どんな人たちなんだろ、彼らのファンって」というのが、
お会いするまで全然イメージできなかったし。

だからエレ部の人たちとの出会いは、
それ自体がすごく新鮮だったし、
ワタクシの人生にとっても新展開的で、
それが今のところ(
楽しい!ってのが嬉しいのです。

で、今回のライブですが、
終了後、夕食会があったわけですね。
そこでライブのおさらいやら、
それぞれの人のエレ歴を伺ったり、
さまざまなエレ論の披露があったり。
中途半端なセミナーよりもよっぽど、
成果のあるひとときを過ごしてきました。

さらに特筆すべきこととして、
幹事さんが偶然見つけたというお店の店員さんが途中で、
「ひょっとして皆さんエレカシのファンですか」ときいてこられたあたりから、
グワッと盛り上がり度が増しということがありまして。
しかもその言葉が、
「化けモノ青年とか石くんとかって聞こえてきたから」という、
変わったツボを押さえたセリフであったことも、
みんなちゃんとキャッチしてたような気がします。
「今宵の月とか、宮本とかって聞こえてきたから」じゃなかったわけさ。

「こんなところでエレカシを知ってる人に会えるなんて」と、
おいおいな発言もあったほど。
「今、ライブの帰りなんです!」
「3月にはDVDが出ますよ!」
「よかったらチラシどうぞ!」って、
やおらファンというよりプロモーター化した私たち。
けなげ。

そしてまたそれぞれご歓談に戻ってしばらく経ったころ、
いきなり店内に流れた「悲しみの果て」!!
叫ぶ者あり、感涙にむせぶ者あり。

「他のお客様が来られるまで」と、
お店の方がかけてくださったのでした。
CDがあったんですね、
私が持ってない「Sweet Memory エレカシ青春セレクション」。
次々とかかる曲を聴きながら食事をしながらお喋りに興じた夢のような時間。
みんな、待ってた祭りを迎えた子ども状態。

のちに某所で、
「私も悲しみの果てのイントロが聞こえたときに泣きそうだった」と書いていた人もおられましたが、
イントロが前奏部だとするなら、
「悲しみの果て」の前奏は1秒だし!

イントロを導入部とするとしても、
全員、秒殺されたことに間違いはありませんでした。
Tankyou! 「ほおずき」さん!
なんと、
mixiにコミュもあるお店です。
エビバデ、行こうぜ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.14

みんなイメージを見ている。

職場でかなりの人数の人と顔をあわせましたが、
ヤッパリ誰もいいませんでした、
「髪の毛切った?」と。

10cmも切ったのになぁ。

切り離してしまった私の毛先たちよ、
私は知っているし、忘れない、
キミたちが私の一部だったことと、
別れがあったことを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.13

脱シャギー

以前から、
男性の前髪たらりの髪型が好きだと公言してきたワタクシですが、
(参照用に、渋谷さんのブログ「社長はつらいよ」の元日の記事にリンク貼っておきましょう。ブログタイトル見るたび、「辛いんだ」とちょっと笑えます)
さすがに最近の先生の髪の毛は伸びすぎだわ、
ちょっと切った方がいいんじゃないか? と、
そう思ったことが影響したのか、
きょうふと思い立って、
久しぶりにヘアカットに行ってきました。

ここ何年も、
伸びた部分を切るくらいで、
あまり髪型を変えたことがなかった私ですが、
ちょっと思い切って切ってもらいましたよ。
「どれくらい切りますか?」と聞かれて、
「シッポの部分、切っちゃってください」って言ったから。

でもまたどうせ、みんなからは、
「ぜんぜん変わってない」って言われるんだろうな。

タイトルの「脱シャギー」は、
きょう担当してくれた美容師さんが、
「シャギーをやめるんですね」というようなことを言ったから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.12

新春ライブ@大阪

100111_193303最初、
マイクの加減なのか、
私が座っていた座席のせいなのか、
声が割れて聞こえてくるような気がしていました。
バンドのサウンドはものすごくイイ音で迫ってきていたので、
宮本さんのパワーが想定外になるとこうなるのかなと思ったりしていました。
あとは、
ウラ声が出にくそうだなぁと。

でもそれを残念に思うような感覚は全くなく、
ずっと歌声と演奏に全神経引き込まれていました。

7曲目の「ネバーエンディングストーリー」の冒頭から、
急に声がクリアになったように聞こえたのも気のせいかな。
実はセットリストがわかるずっと前から、
「ライブで聞きたいです!」と神様にお願いしていたのがこの曲でした。
東京で演られたと知って眠れなかったのはそのせいです。
不思議なもんですね、
最初この曲を聞いたときは、
「なんだこの曲」って好きになれなかったのに、
最近は出勤前、
まだ日が完全に昇りきらないような時間に、
必ず1度は聞いてるくらいハマってるのです。

で、ライブに話を戻します。
1階後方から見ていた私が、
双眼鏡でずっとその動きを追っていたのは、
ドラムのトミ!
すごくカッコよかった。
それから、
石君とヒラマさんのギターワーク、
せいちゃんのベース、
そして蔦谷さんの動き!
だって、
双眼鏡で宮本さんを見ても、
DVDやYou Tube見てるのとあんまり変わんない、
家でさんざん見てるものが見えるって感じだし。

どこを見るのも自由ってのがライブなんだなと、
なんだかそれが嬉しくて。

宮本先生の声はビンビン届いてきているわけだし、
遠方はよく見えない私の目でも、
バンドサウンドはヤッパリ全体から伝わってくるもんだと思うから、
双眼鏡じゃなくて、ナマ見じゃないとねぇ。
ただ、
私は宮本さんのギターも大好きなので、
特にリードを弾いておられたときは、
しっかり見させてもらいましたけど。

エレカシの「バンド 力(←チカラという字)」ってスゴイなぁと改めて感じました。
4人ともいい。
それに、
蔦谷さんもヒラマさんも、
ステージの上でも下でも名実ともにサポートしているんでしょう、きっと。
ブッチギリな人なんだから、2人とも。

で、ライブに話を戻します。
セットリストを知っての予習は、
やはり、やっておいてよかったです。
9月の大阪野音の時、
初めて聴く曲がかなりあって、
残念だった分を取り戻せました。
この数カ月の間、
かなり勉強したとは言え、
直近の2枚より前のアルバムは、
なかなかジックリ味わう機会が持てないままだでしたから。

「化ケモノ青年」、「地元のダンナ」、「クレッシェンド・デミネンド」は、
かなりの回数聞いていたはずですが、
ライブの演奏はCDとは似て非なる、
文字通りの「ライブ感」に圧倒されました。

ライブで聴くと、
どの曲も、
CDの印象がバージョンアップされて上書きされるような感覚があります。

初めて聴く新曲2曲も、
「カッコイイ曲を作るもんだなぁ」と感服いたしました。
ちゃんと作って、
しっかり覚えて、
どんどんバージョンアップさせて。

確かに丁寧だと、
そんなところにも感じいりました。

アンコールでは、
東京のセットリストには無かった、
「リッスントゥザミュージック」と、
「翳りゆく部屋」が演奏されましたよ。
ナマで聴けて感動。
しかも、とても素晴らしい声でした。

ラストの「待つ男」も、
自分でビックリするほど痺れました。

終わった寂しさよりも、
ワタクシ的には、
これで当分生きていけるという感覚の方が大。
幸せです。

すべてが終わって、
ロビーでグッズ売り場に並んでいたら、
若い女性に、
「最後の曲はどのアルバムに入ってるんですか」と聞かれて、
「2(に)です。2のラスト」と答えるニワカ博士。
最高の締めでした。

写真は、
ライブ終了後、
機材と“あの”パイプ椅子を見に、
最前列にの行った時に撮ったものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.11

今はまだ…、

昼食は、
久しぶりに親子三世代ランチ、
そのあと一旦解散して、
各自会場に向かいましょう。
グッズ販売も見たいから1時間くらい早めに行っとこうか。

……などと大まかな予定を立てていたきょう。
なんとなく、
開演は18時半とか19時くらいだろうと思い込んでいて、
のんびりランチを堪能し、
また後ほど…と、
会場で落ち合うはずが、
結局16時過ぎてから同じ電車に乗った呑気な親子。
「ちゃんと持ってきたよね」と取り出したチケットを見ていて、
そこで初めて「17:00開演」という衝撃の事実に気づいたのでした。

危なかった〜。
ちゃんと最初から最後まで見られてよかった〜。




で、ライブはどうだったのよ……と聞かれれば、
「よかった! スゴく!!」なんだけれど、
きちんと整理して書けるほどには、
キモチの整理がついていませんで。

それに、
文章に書くと、
気持ちがスッキリするっていうじゃない。
まだ私、
スッキリしたくないし!
今はまだ、
余韻の中にいたいじゃんさ。

ライブの後、
エレ部の人たちとの夕食会で、
すごく幸せな時を過ごして、
夜中に帰宅して、
ひとりの部屋にいて。

さっきまで見ていた夢の中のできごとを、
ひとつひとつ思い出すように…、
食べた高級料理の味を思い出すときのように…、
今夜は、
頭の中で表面張力している記憶を、
しっかりとそこに留めることにのみ全精力をつぎ込んで、
脳内反芻だけをしているのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.10

「勉強エレ」

このタイトル、
けっこう気に入っているのです。
ここに来た人で、
「勉強オレ」という曲が実在することを知っている人がいる可能性は、
限りなく低いのですが。

とまれ、
ここ1ヶ月ほどは、
介護福祉士受験生に負けないくらい勉強してきて、
ワタクシ的には精一杯、
「明日輝くために息も切らさず走り抜け」てきました。

これまで見てきた、
KISS、QUEEN,AEROSMITHなんかは、
ほぼ全曲をリアルで聞いて知っててのLIVE。
クラブトン、スティービー、ストーンズとかは、
一部の知ってる曲をナマで聞けて感動するLIVE。
レイ・チャールズ、ボブ・ディランにいたっては、
大物と時間を共有する喜びに浸るLIVEってな具合だったわけだけれど、
明日は違う。

iTUNESで、
だいたい予想がつく、
きょうやりそうな曲のプレイリストを作って聞いてるなんて、
掟破りもいいとこなんだけど、
しょうがないの!

「待つ男」なんて、
CDゲットからまだ10日しか経ってない。
私にとっては、
新領域からの出題なんだから。

それに、
エレ◯シの場合、
CDを基本編、ライブを応用編と呼べるほど、
同じ曲でも1回1回違うのだから。

双眼鏡、どうしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.09

ココロここにあらずでハコニワ

100109_145331昨日の東京でのライブのセットリスト(曲順のことだな)を見て、
すでに興奮して眠れず、
ウトウトしただけで明けたきょう。

今夜もライブがあるわけで、
昨日と内容があまり変わらないようなら、
大阪の予想がつくし、
昨日と今夜でかなり違う曲をやるようなら、
応用力が必要となるし、

と、
まるで過去問と直前模試で本番を迎える受験生のようです。
昨日のリストをネットで見たところで、
すでに「負けた感」があるのは、
誘惑に勝てなかった自分がいるから。
ああ……。

でもいいのだ。
昨日ときょうの2日とも、
今、私がいちばんナマで聞きたい曲が入ってる。
どうかそれだけでも大阪に持ってきてください。

そんな思いで働いてきました。
途中2度、
「どうしたんですか」と聞かれ、
「別に」と答えたときには、
「その『別に』のテンションがおかしいし!」と言われたりもして。

認知症ケアの一端として、
私も砂をいじって造った山と川、
置いてみたオブジェでつくったお庭は、
心理学者にお見せしたいほどの代物だったぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.08

愛で「タイ」ブログ

タイ在住の礼子さんからコメントが入っていますね。
このブログの熱心な読者……というより、
このブログを掲示板代わりに使っている不届き者約2名のうちのお一人ですが

彼女のコメントに誘われて、
ご主人が開設されたブログを拝見してみました。
素敵な写真が3枚!
礼子さんの姿も!

うわぁ〜いいなぁ〜。
こんなお正月ってどうよ〜!
素敵すぎ!

インドア派の私ではあるけれど、
一度はこんなのも味わってみたいなぁ。

タイトルの「愛で『タイ』ブログ」は、
最初、お正月ってことで「おめで『タイ』ブログ」としてみてたんだけど、
人様のご主人に対して「おめでたい」は無いかと自粛して、
「愛で『タイ』」にしました。
常識派のワタクシでありますから。
結果的に、
よかったです、こっちの方が。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.07

見えない力

母が、
ある方から年末に印鑑をいただいたと見せてくれました。
立派な印鑑でした。
下さった方は、
「これで来年、良い年になりますよ」と言って下さったそうです。

でも母曰く、
首は痛めるは,歯はハズレるはで悪いことばかりだと。

いやいや、
「すごくラッキーだったじゃない」と私。

実は元日、
母がうちに電話をかけてきて、
息子にコンビニで瞬間接着剤を買ってきてくれと頼んだのです。
「接着剤? どんな?」と聞いている息子に私は、
「私が聞くわ」と言って電話を受け取りました。

「接着剤って何をくっつけるの?」と母に聞いたら、
「差し歯が抜けたから」と母。

あーよかった、私が聞いてよかった。
息子だったら、言われたまま接着剤を買って届けていたでしょう。
抜けた差し歯を接着剤でくっつけるという発想は、
けっこう多くの人が考えることらしく、
私のまわりだけでも過去に数人、
そういう人がいましたが、
それが原因で体調を崩しておられましたよ、
それも深刻な崩し方で。
だって口の中に接着剤を入れるなんて、
危険でしょうが。

私は母に、
そういうことは絶対しちゃダメだからね、
不便でもカッコ悪くても、歯医者さんが開くまで我慢して!と伝えました。

ね、ラッキーでしょ。
元日、
私が家にいたのは頭痛がひどくて急遽お休みにしてもらったから。
息子にかかってきた電話に私が出たのは、
その時たまたま、息子がある映画を真剣に見ていたから。

そういうことがなかったら、
今頃、母はかなりの確率で、
体調を崩していたと思われるのです。

きょう、そんな話を母としました。
「印鑑のお陰かもね」って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.06

新聞が来なくなりました。

今朝、ポストに取りに行ったら、
新聞がありませんでした。
「あ、ない…」です。

とうとう止まったようです。
夕刊も来ませんでした。

……………………。

せっかく、
新聞を楽しもうと思えるようになったところだったのに。
なんかサビシイ。
シーマンが「あばよ!」と行ってしまったときくらいに。

先に別れを告げたのは私なのに…、
あんまりしつこいから「もう一度」と思い直してあげたのに…、
いきなり挨拶も無しに来なくなっちゃって…。

…と、
フラリと帰ってきた息子に伝えたら、
「そんなもんや」と一言。

奴もいろいろ乗り越えてきたんだなぁ。

明日から、どうしよ。
どうも、しないか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.01.05

できた!ブルーレイにアナログの二ヶ国語放送を録画

いろいろ試してはできずにガッカリ…というのを繰り返し、
やっとできました。
これで、
我が家的には、
アナログWOWOWで二ヶ国語放送される海外ドラマを、
ブルーレイディスクに保存することができるわけです。

片面二層25GBのディスク1枚に、
標準画質のLPモードで撮ったドラマが、
正味45分のドラマなら28回分残せるわけです。

「24」なら余裕でシーズン丸ごと入れられます。
リアルタイムにドラマが進むったって、
1回の放送時間は45分間なんだから。

画質に拘らない私はLPモードで十分だし、
高速ダビングはできないから時間もかかるけど、
結果が得られるならそれでよしなのです。

嬉しい。
できるはずだと思って粘ってよかった。
これができてこそ、
ブルーレイディスクレコーダーを買った意味があるんだから。

これで英語のお勉強はまた後回しにできます。
英語と日本語を切り替えながら楽しみます。
今夜から始まる、
「クリミナル・マインド4」に間に合いました。

ひとりで粘り強く頑張った私に拍手!

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2010.01.04

来るもの拒めず

新年になってからもずっと、
朝になると新聞がポストに入っています
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新聞…。

毎週月曜日、
新聞の一面を使って、
「歌壇・俳壇」が掲載されているのを読むのが楽しみです。
そのページだけを抜いてテーブルの上に置いておくと、
息子も食事をしながら見たりして、
親子の会話のきっかけになっったりもします。

4コマ漫画の「コボちゃん」も大好きです。
読むと和みますし、
うまいなぁと感心することもよくあります。

書評などを読むのも好きです。
介護や医療に関する最新情報が得られることもあります。
週刊誌の見出しが並ぶ広告もそれなりに楽しめます。
最近の新聞は写真なども綺麗ですしねぇ、
額に入れておきたいような洒落た全面広告もあります。

読み終わった新聞紙の使い道なんて、
ほとんど無限ですもんね!

……と、
きょうもまた届いている新聞を見ながら思い始めています。
もういいかな、来るなら来るで。
強気に出れば止めてもらえるんでしょうが、
そういう強さはないんだな、私。
「戦う女」は、悪者相手のときだけなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.03

全アルバムを一気に!の休日

100103_201607おかげさまで、
エレ◯シのアルバムをすべて揃えることができました。
約18枚。
ハッキリしないのは、
ベスト盤とか、企画盤のすべてが入ってるわけじゃないのと、
iTSで単体で買ったり、
シングルで買った曲もあるから。

まだ全曲揃ったわけではないのが残念なところですが、
まぁしょうがないです。
一気に大人買いをせず、
地道に買い集めたのが私のエライところです。
結果的に6枚目まではEPIC盤だし。

でもって休日の本日、
念願の「1st」から順番に、の一気聴き。
今、「明日に向かって走れ」の「赤い薔薇」のあたりです。
その様子は先日ご紹介した「lastFM」で御覧いただけます

誰が見ているわけじゃないけれど、
このデータ、
自分で見ていて嬉しいのです。

いろいろ勉強したことと頭の中で照らし合わせながら、
アルバム、曲の変遷を味わっています。
気づけばライブまであと1週間。
「もうすぐさ、baby!」

追伸:昨年大晦日発表の「わたくし的十大ニュース」10位を変更しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.01.02

ブログを書きながらたどり着いてしまった今年の方針

アナログとデジタルのはざまで迷うだけでなく、
著作権とか、
メディアの相性とか、
機種とかメーカーのクセなんかもあって、
なかなかスムーズに進みません。

まず、
うちのブルーレイ・レコーダーは、
外部入力で録画したものをブルーレイディスク録画することができないということがわかりました。
たぶん他のメーカーでもダメなんでしょうね。
ということは、
ひかりTVのコンテンツはブルーレイに残すことができないですね。
RAMや,−Rになら残せるけれど、と。

こうやってひとつひとつ、
悲しいことであっても、
現状把握をしっかりとしていかないと。

アナログの二ヶ国語放送を録画しても、
外部入力でブルーレイディスクレコーダーにダビングすると、
言語はどちらかを選ばなければなりません。

WOWOWの二ヶ国語放送は、
マルチ信号という形式なので、
二ヶ国語を簡単に切り替えて聞くには、
DRという最もレートが高いモードで録画しなければいけません。
DRモードだと、
25GBのブルーレイディスクでも、2〜4時間くらいしか入りません。
ってことは、RAMに入れるのと変わりません。
RAMとブルーレイディスクでは1枚の値段がだいぶ違います。

じゃ、
アナログWOWOWの二ヶ国語放送を、
外部入力でダイレクトにブルーレイディスクレコーダーで録画するとどうなるか。
これはまだやってみないとわかりません。

字幕なしでドラマや映画の内容がわかるようになりたいよう。
そうすればなんの問題もない。

そもそもどうして私は、
海外ドラマを見るときに吹き替え派なのか、というと、
字幕ではかなりの情報が切り落とされてしまうからなのです。

必死で聞き取った言語の意味がわかったとき、
字幕でも吹き替えでもわからないニュアンスや情報をキャッチできることがあって、
それを考えると、
二ヶ国語を切り替えながら見る方法は、
簡単に捨てられないの。

今年は、
海外ドラマのリスニングに特化したトレーニングを、
一年の計に入れようかしら。
ものすごく果てしなく遠回りなことではあるけれど、
「大好きな海外ドラマを存分に楽しみたい」という「望み」を叶えるのに、
「二ヶ国語放送をブルーレイディスクに残したい」というのも、
変な話だもんなぁ。
端っから三流を目指すような。

でも、
最近、立案した計画からは、
「英語の勉強」を外したばっかり。
だって優先順位が低いんだもん。

優先順位がさらに低い、
ピアノの練習は入れちゃったし、
英語だ、ピアノだ、歌だってやってたら、
私の2010年は、
楽しいことだらけになっちゃう!

…………ん?
ま、いいか、それで。
しっかり働いとるんだし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.01.01

「望」で幕開け、New year

20091216_1643_3あけまして、
おめでとうございます。
今年もよろしく、
お願いいたします。

さて、
新年早々ここへ来てくださった皆さまに、
とっておきの情報をプレゼントしてさしあげましょう。

全国的に、
かなり冷え込んでいる今夜ではありますが、
ベランダでも庭でもいいですから、
そのままお外へ出てごらんなさいな。
「空にはまあるいお月様〜♪」ですよ。

望月で始まる新年、
なんとまあ、
めでたいじゃぁござんせんか。

冴えた月が
今年のあなたを、
あなたの行く道を、
明るく照らしてやろうと言ってくれたのが、
聞こえましたか!

さあさあ、
さっそく輝いてまいりましょうぞ。
今宵の月のように〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »