« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

DISK1、DISK2、DISK3、DISK4……、

100331_224847DVD、6枚組の「あいなめBOX」ですが、
大人の事情で収録されていない部分があって、
一方でDVDのみに収録されている映像が、
それほど多いかというとそれほどでもなく、
要はうちのHDDに入っている寅さんの方が、
見ごたえがあるんじゃねーのか?何だけれど、
1枚目、2枚目と見ていくと、
途中でやめられません。

忘れちゃってるけど、
#10のトラジェクトXの回のセットリスト(?)なんて、
・THE WEIGHT
・TIGHT ROPE
・I SHOT THE SHERIFF
・HEART OF GOLD
・IT'S TOO LATE

素晴らしい!

…と書いていて、
ふと不安になるのは、
リアルタイムで「寅さん」が放映されていた時と、
同じことを、
このブログに書いているのではなかろうかということ。
反応する場所も、
その感動も、
たぶん変わらんだろうですもんね。
別に問題ないとはわかっているけど、
無自覚でやってると、
ちょっと恥ずかしい。

このDVD BOXで気に入っているのは、
メニュー画面のBGMが「HONKY JILL」のフルコーラスだってこと。
ほっとくと、
ずっとリピートしています。
短い部分のリピートではないので、
ストレスがありません。

あと、
「大人の事情」で収録が叶わなかった曲があるってことは、
収録されているのは、
「大人の事情」をクリアした曲なんだなと、
訳知り顔で見たりできるのが面白かったりして。

今、「声に出して歌いたい日本文学」です。

にしてもこのところ、
DVDを見るために生きてるような変な人生♪です。

一方、エレカシさんの方も、
新曲発売の告知がありました。
まるで少し右に傾いた柱時計の振り子のように、
イタリキタリしています

今夜から、
午前0時までには寝るというルールを作ってみたので、
そろそろコーヒーを飲み終えなくてはなりません。

今、「TEARS IN HEAVEN」。
英語詞と一緒に、
訳詞が字幕で出ています。
もうちょっと見ていたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

届いた。「あいなめBOX」

100330_231955やはり佐川さんは、
うちへの配達を、
いちばん最後にまわしてるっぽいです。
きょうも20時まわってました。

「桑田佳祐の音楽寅さん あいなめBOX」

早速、100ページにわたるブックレット、
「音楽寅さんのタマのウラまで分かる! 音楽寅の巻」をザッとチェック。
「お願い!」と祈りつつ見たけど、
2001年歌会始めで歌われた、
「A song for you」は収録されていませんでした。
ああ。
誰か持っていませんか。
我が家にあるのは、
画像ザラザラのノイズ入りバージョンしか無いんです。

気を取り直して。
まずはDISK 5から。
なぜか。
やっぱりあの、
Sweet Love Showerのライブをフルバージョンで見たかったから。

いろいろ感慨深いものがあります。
改めて見ると、
SLSのライブは、
桑ちょんのコンディションがすごくよかったことがわかります。
素敵なライブだった……のになぁ。

同じディスクに収録されていた、
「ウッドストック特集」と最終回も見ました。

リアルタイムの放映当時、
ワタシはエレカシ熱の初期症状の真っ只中。
寅さん熱が冷めていて、
しっかり見ていなかったのか、
けっこう新鮮でした。
「ウッドストック」を歌ってるのなんて、
ほんとカッコイイ。
発音もカンペキ! 
えらい違いです。> 誰と?

続いて「Special DISK」。
コチラは2000年放送の寅さんからのお宝映像。
けっこうなボリュームです。
……もう、比べるのはやめます。

2000年の寅さんも、
当時、夢中で見ていたので、
懐かしいシーンの連続に胸が熱くなりました。

2000年といえば、
TSUNAMIの年。
10年前です。
今年54歳になった桑ちょんが44歳だった年。
今、宮本さんがその年齢。

2000年といえば、
アルバム「Good Morning」が発売された年、
あの「ガストロンジャー」が前年の12月に発売された年。

あれ、何の話だっけ?

まだ特典DISKの再生が終わりません。
44歳の桑ちょんが建長寺で歌っています。
「愛の言霊」という神曲を。

今は「TSUNAMI」。
この曲を聞くと、
高校受験の頃の息子の姿が浮かんできます。
まるで退行催眠のように。

DVDは、
また明日からじっくりみていきましょう。
なにしろ全部で6枚もあるんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.29

明日は「望」の日

明日は「望」の日。
つまり「満月」。
何かを始めるために準備を始めるのに「いい日」なのです。

満月ってのは、
引力の関係で赤ちゃんも産まれやすい。
もし満月の日に産まれたら、
望と書いて「のぞみちゃん」なんてどう? >孫

うちの息子は、
次の「朔」の日を、
スタートを切る日に設定しているので、
明日からその日に向けて、
しっかり準備をしたらよろし。

イメージ的には、
明日から日々、
細くなっていくお月様に我が身を重ね、
間食や夜食をやめてみてはどうでしょう。

なんてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.28

有名なラー油

100330_2101461本 850円。

注文したのはワタシの職場のお友達です。
みんなで分け合うために、
数名で数十本を注文したのです。

ワタシは知らないのですが、
テレビなどで紹介されて有名になっちまってるラー油なのだそうな。

餃子、ラーメンはもちろん、
納豆、お豆腐、
野菜いため、
卵かけご飯などなど、
絶妙な味になるのは確かです。

昨年の9月に注文して、
1年待ちと言われていたのが、
意外と早く届いたわけで。
ワタシは5本いただきました。
そのうち4本はギフト用です。

喜んでいただけるといいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

タイムドメインで野音、武道館

100327_221633ここんところ、
あまり使っていなかったタイムドメインのスピーカー
理由はコンセントの問題だったりしたわけだけれど、
ふと思い出してきょう、
うちのテレビに繋いでみました。

実は、
うちのテレビは昔の名機で東芝バズーカってスピーカー搭載、
重低音バリバリの、
まぁけっこう迫力のある音を出してくるもんで、
それがタイムドメインを休ませてしまっていた理由にもなっていたってこともあるんだけれど、
イヤフォンジャックからタイムドメインに細いコードで繋いだだけで、
まぁビックリするほどの、
ものすごい臨場感。

重低音という飾り物を排して、
聴こえてきたのは、
ギター3本、ベース、ドラム、キーボードそれぞれのリアルな音。
まるでライブ会場にいるような。

歌声にいたっては、
生々しくて怖いくらい。
スゲエ!の一言。
野音DVD1日目は、
雨音もライブ感の重要な要素となっていて、
感動も新た。

結局、
野音やら武道館やら、
その他の録画系なども、
次々とおさらいすることに

このブログには、
「タイムドメイン」というキーワードで、
検索サイトから「タイムドメインの実力」という記事に来る人が、
けっこう多くおられるようです。
ついでなのでリンクを貼っておきましょう。

ワタシの個人的な感想ですが(当たり前だ)、
エレカシ、特に野音のDVDなどは、
こういうリアルな再現力を持ったスピーカーで聴くのが正解だと、
今夜、深く感じいりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.26

初めてのWindowsだ。

100326_230726さる筋から、
入手したWindowsマシンです。
うわぁ〜、初めて我が家にやって来たよ〜!

うちは20年間ずーーーっと、
Apple一本槍で、
何の不満もないどころか、
ある種の誇りさえあるくらいなんだけど、
通信教育のソフトが使えなかったり、
サイトによっては動画が見られなかったり、
息子も統計解析のソフトが使いたかったり、
他にもいろいろやりたいこともあるようで、
不満は無いけど、
不便はあるというかなんというか。

でも購入を検討するほどの動機でもなく、
どこかから流れて来ないかなーと待っていたものだから、
このたび、
「いらっしゃーい!」と大歓迎でのお出迎えを、
したわけで。

セットアップしたところ、
ちゃんと起動してメデタシメデタシ。
ところが、
何かしようとすると、
「アクセス権が無い」って言ってきて、
何にもできないようです、
今のところ……。

どこから入手してきたんだ? > 息子

「ご心配なく。
ちゃんと頂いてきた物ですから」とは、息子談

何でもいいや。
動け、動け。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

誰か厚紙で作ってください。

100326_223743素晴らしい。
好きな世界です。
ペーパークラフト。

写真に撮ってるくらいなんだから、
一応ワタシも作ったわけなんですが、
紙の厚みというか、
強度が足らず、
乗せたらグシャります。

ちゃんと厚紙で作ろうと思っている方はコチラへ。
1コ作るなら、ついでにもう1コ作ってください。

紙じゃないスタンドも販売されているようです。
買うなら9色ぜんぶ欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.24

似てるけど違う

100324_084111梅でも桜でもなく、
これはスモモ。

花は桜とそっくり。
ちょっと白っぽいかなって感じだけど。

アンズの花も桜にそっくり。
色も桜色だし。

でも、
散り方が違うの、桜とは。

決して舞い上がらない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.23

DVD 飽きるまで見る 贅沢よ

100323_203035_2せっかく早い時間に帰宅できた本日であったのに、
ふと、
お風呂でDVDが見られるポータブルプレーヤーが欲しくなって、
あちこちのサイトを見ているうちに、
すっかり夜になっちまった。

ワタシのバスタイムなんて、
実のところ、
湯船に浸かることのない、
シャワータイムばっかりで、
せいぜい20分かそこいらなんだから、
それくらいの時間は、
DVDをとめて入ってくればいいんだ、
一時停止でも充分だ。

何万円もかけて買うこたぁない。
ワタシの中のおかしなアドレナリンよ、
わかったかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.22

頭痛三態

きょうの昼過ぎ、
職場の事務所にいたのは3人。
全員が「アタマ…痛い…」状態。

1人は最近ずっと続いている頭痛なのだそうだけれど、
「朝、薬を飲んできたから今はだいぶマシです」と、
どうやら更年期系。

もう1人はおでこのあたりに激痛。
「夜も寝られないし、ひどい肩こりだし」と、
どうやらストレス系のよう。

ワタシは、
両側のコメカミを締め付けられているような痛みで、
したがって例の偏頭痛ではなく、
「たぶん、この気候のせい」と自己分析。

ひょっとしたら3人とも黄砂のせいだったりして。

他の2人のその後は知らないけれど、
ワタシは30分くらい前に頭痛薬を服用。
今、効いてきています。
ありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.21

あの曲を…、アカペラで。

昨日は、
息子の卒業式でした。
…といっても、
25歳にもなった奴のことだし、
お母さんが行くほどのこともない。

でもお世話になったというゼミの先生にはお会いしてみたかった。
フランス人だし。
友人のF村君にも会ってみたかった。
息子の相棒だし。
I崎さんにも会いたかった。
エレファンだと聞いていたし。

なので、
卒業式が終わるころを狙って大学へ行きました。
しばらく待って、
花道を通って出てきた息子と共に、
先生のところへ。
カッコよくて可愛らしい先生でした。
素敵という言葉が似合いすぎて腹立つくらいの。

そのあとの授与式とやらには列席せずに帰ってきました。
修士号をたぶんいただいたのだと思いますが。

でもワタシが興奮したのは、
そのあとに行われた祝賀会での話の方。
音楽をやってるからと、
いきなり出し物を強要された彼は、
アカペラで歌ったのですってさ、
「翳りゆく部屋」を。

しかも女性の肩に次々と手を置きながら、
場内を練り歩いたんだそうな。

結果、
大ウケだったと。

たぶん皆さん、
あのユーミンの歌を、
スゴイ歌い方するもんだなと思って聞いておられたんだろうし。

なかなかの武勇伝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.20

ネットで「夜遊び」

あるサイトで、
「地元のFM放送を聞くことができるサイト」があると知りました。
早速、行ってみると、確かに。

今、FM Osakaでは、
桑ちょんの「やさしい夜遊び」をやってます。
ちゃんと聴けます、ノイズなしで。

だからたぶん誰だって、
このサイトに行けば、
JFN38局のどれかは聞けると思うので、
簡単に聴けますよ、「夜遊び」が。
もちろん他の番組も。

今でこそ、
かなりイイ状態でFM放送を聴けている我が家ですが、
一昔前は、
ノイズレスでFMを聴くために、
あの手この手で大騒動をやっていました。
もしその頃に、このサイトがあったれば、
神の恵みのように感じたでしょうね。

FMが聞きにくい地域って、
けっこう今でも多いんじゃないかと思うし。

大きなラジカセで聴いている我が家的にも、
何だか便利です。
テーブルの上で、
物品を増やさずにして、
ラジオがきけるんですから。

パソコン作業をしながら、
手軽にFMを聴くってのもいいんじゃない?
ねぇ、そこの、アナタ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.19

号泣のカロリーは?

久しぶりに、
じっくりと1本の映画を見ました。
ウィル・スミス主演「7つの贈り物」。
WOWOWの録画です。

公開当時、
ワイドショーのコメンテータの賛否が、
真っ二つに分かれていたのを覚えています。
私はどっちだろうと少し興味も。

ウィル・スミス…、
この人にどうしてこんなにも惹かれるのか
……惚れっぽいんだな、つまりは。

しかしまぁ、なんとも。
見終わって約1時間。
まだちょっと呼吸が苦しいような気がするほど泣いたがな。
賛否と言うなら、
ワタシは「賛」。
悲しくはあるけれど、
「否」では決してありません。

あー、
急におなかがすいてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.18

What can I do ?

一緒に働いていた仲間がひとりクビになっちまった。
少なくとも私にはとても理不尽にみえてます。
クビにされたら次の就職は難しくなるんだろうなぁ。

明日は我が身だから、
私も気をつけねばなるまいなぁ。
小さなミスも起こさぬようにするべく、
なるべく仕事をしないようにしよう。
「無難にソツなく」やっていこう。
頼まれた事以外には手を出さないようにしよう。
無用な気配りはやめよう。
最優先事項は「保身」。
そして、
転職のためのスキルをたかめよう。

せっかくのカリスマ介護士であり、
有能なビジネスマンであり、
職場の天使である私であるのになぁ。

職場の仲間にも言われてます。
「下手に動いちゃダメ」。
「アナタも同じ目に遭う」とも。

でも私にできるかなぁ、
知らん顔で通すこと。

…ゆれる、揺れる〜、揺れるー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.17

憧れのモンステラ

100317_234458やっぱりどうしても欲しかったので、
すでに切れ込みの入った葉っぱたくさんのモンステラ買いました。
ご自分へのバー・プレってことで。

AEONで1,580円。
え、そんな値段でいいの?ってくらい、
お値打ちです。
こんなに見事な切れ込みで。

このカタチにどうしてこうも惹かれるのか、
自分でもよくわからんのですが、
可愛がろとおもってます。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.16

大きな大きなつづらが届きましたとさ。

DVDは20時現在まだ届いておりません。
サガワのお兄さんは、
どうせ早く来たっていつも留守だとでも思っているのでしょうか。
そういえば、
Guitar Song Bookのときも、
前のDVDのときも遅かったです。

21時を過ぎましたけど、
まだ届きません。
100316_21191921:15
今、届きました。
「な、なにこれ、なんでこんなに大きいの!」
開けてみたら昔懐かしLPサイズ。
初回限定版はそうなんだって。
知らなんだわ。
手前の「John & Yoko」がCDサイズです。

ということで、
それでは皆さん、
しばらくさようなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

あしたは「朔」の日

明日は「朔」の日。
つまり新月。
何かを始めるのにイイ日です。
…ってことは前にも書きました。

明日は「朔」の日。
つまり新月で、
何かを始めるのにイイ日で、
私のBirthday。

明日は、
うちの職場の新年度初日。
市から調査の人がやってくる日でもあって、
けっこうハードな日になる予感。
そして私のBirthday。

今夜は職場の人と外食。
土砂降りの雨で月は見えない。
帰宅したら23時。
明日のために早く寝ようとおもっていたところへ、
amazonから「ご注文の品物を発送しました」のメール。

「え、明日、届く?」
明日は「朔」の日。
何かを始めるのにイイ日で、
私のBirthday。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.14

何の曲のPVでしょうかっ!

100314きょうはJOY SOUNDでした。
「ご案内できるのは 新機種CROSSO(クロッソ)のお部屋になりますがヨロシイですか?」と聞かれて、
断る理由が無いので「はい」。

楽しかったのは、
PVカラオケに、
ライブ映像カラオケ。
洋楽系もけっこうあったので、
「We are the world」やら、
「ボヘミアン・ラプソディ」やらで調子にノリました。

マイケル、
カレン・カーペンター、
フレディ・マーキュリー、
みんな故人なんだ…なんて思いながら。

エレ系は150曲ほどだったかな。
新キミ、絆、とあと1曲(写真参照)がPVカラオケでした。
声の出ないPVに合わせて歌うのはちょっと変な感じ。
後ろで画面を見ている人はどんな感じかしらと思ったり。

ただし息子よ、
JOYSOUNDには、
FLYERも、翳部屋も、さよパーもなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.13

天のカミサマの言うとおり…、

今夜は桑ちょんの武道館「巨大上映会」。
もしチケットがとれていたら今頃は、
興奮さめやらぬ私が、
夜行バスで帰途についている頃だったのかも。

きょう、
5月16日の予定が決まりました。
ライブ以外で、
2ヶ月先の予定が決まるのは、
私にとって珍しいことです。
断れない予定ではありませんでしたが、
これも何かの流れかと思ってOKしました。

5月16日は、
JAPAN JAMの日です。
JAPAN CIRCUITのチケットが取れなかった場合、
次のターゲットとして第一参戦候補にあげていたフェスです。

JAPAN CIRCUITのチケットは一応取れましたし、
5月16日に予定が入ったことで、
JAPAN JAMにいくことはほぼ完全になくなりました。

なにか……、
自分で決めているのではなくて、
まわりの状況で勝手に定まって行く予定というのが、
けっこう好きです。

たとえば、
今年の山中湖、
Sweet Love Showerはどうなるかな…なーんて。

ゼッタイに行くゾー!と気合を入れなくても、
「こりゃぁ行くしかないっしょ」となっていってくれるといいなあ。
楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.12

そして残った箱ひとつ

100313_204206先日の不用品処分の際、
古いパソコンソフトも大量に処分しました。
ひとつのパッケージに、
たくさんのフロッピーディスクや、
分厚いマニュアルが同梱されているものもあって、
かなりの量のゴミとなりました。

当時の購入金額で言えば、
総額数十万円ほどでしょうか。
会社の経費で買った物が殆どです。
当時はハードもソフトも高額なものでした。

今となっては何の役にも立たないので、
惜しくはありませんでしたが、
たったひとつ、
このパッケージの空箱だけは、
しっかりした作りで、
色もデザインも好きだったので、
捨てずにとっておきました。

月に一度送られてくる、
ある会社の社内報入れに重宝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.03.11

休みぐせ

体調は100パーセント復活しましたオメデトウ。
明日は元々お休みの日。
でも今週は早退続きでほとんど仕事してないから、
出ればよさそうなものを。

100パーセントになった体調で、
休日を謳歌したいので、
休むことにしました。

いつまでだって遊んでられるよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.03.10

季節はずれの「大感謝祭」

吐き気があって朝食を取ることができず、
昨日からろくに食べていないので朝のおトイレに行きたくならず、
したがって時間があまり気味になった朝のひととき、
ダメ元でローソンチケットのサイトに行ってみたら、
JAPAN CIRCUITのチケットが「発売中」となっていて、
「へ?」と思いながら手続きしたら、
ちゃんと1枚買えちゃいました。
ウソみたい。

半信半疑のまま出勤して少し仕事をしたところで、
やっぱり動けない私を見て、
上司も「帰りなさい」と言わなきゃしょうがない。
きょうは30分で帰ってきました。

徐々に快方に向かっているとはいえ、
まだあまり食べられないし、
家事もできないので、
あ、そうそうと、
前述のフーたんのために、
サザンのライブを見ています。
(詳しくは書けませんね)

2008年、夏、雨の大感謝祭。
あぁ久しぶりだ。
桑ちょんのギターを弾く腕の動きが、
とても懐かしくて、Sexy。
「Oh. クラウディア」の熱唱では思わずウルン。
この曲、SLSでも歌ってた
粋でオシャレな曲を次々と歌う姿に、
いいのか! って感じになってます

それにしてもすごい規模だすなぁ。
7万人×4日ですか。
今朝、2000分の1のチケットをゲットしたばかりの私にはピンと来ませんが。

おー、後半のメドレー、
愛の言霊〜!
私はヤッパ、こっからの流れが好きだわ。
あぁ、はまりそう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.09

次回はレルパックスで。

結局3時間だけ仕事して帰ってきました。
「大丈夫?」と聞かれれば、
「大丈夫」なんだけど、
ちょっと動くとダメ、
ペンを持つとダメ、
パソコンに向かうとダメ…では居たって意味ないし。

家に帰ってすぐに横になったら、
これがまた寝れちゃうわけで、
起きたら17時。
吐き気も頭痛も残ってる。

しょうがないのでお医者さんへ行きました。
待合室では待つこと2時間。
辛い症状と付き合いながら、
ずっとエレカシ聴いてました。
「あ、この曲、練習してみようかな」なんて思いながら。

今回は新しいお薬を処方してもらいました。
レルパックスってやつ。
ゾーミッグと同じトリプタン製剤。

「以前、ゾーミッグは効かなかったんですけれど」と言ったら、
医者のやつ、
「トリプタン系は前兆の時点で飲んでも効きませんよ、痛みが来てからじゃないと」だと。

そんなこと、
前は言わなかったと思うぞ。
確かできるだけ早く飲めって言ってたぞ!

きっと新情報なんだ、
そうに違いない。
それをまぁ、
前からの常識みたいに。

まぁいいです。
次はいつだかわかりませんが、
試してみましょう。
痛みが来てからトリプタン系を飲んで、
吐き気止め(プリンペラン)を一緒に飲むと、
原因はわからないけれど、
効果が高まるという情報もあるそうですよ。

ここのブログは、
意外と偏頭痛の方の来訪も多いものですからね、
参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

錯覚じゃなかった!!

昨日、
偏頭痛の余韻のなか、
私がずっと心待ちにしていた、
「SWEET LOVE SHOWER アーティスト別特集 エレファントカシマシ」が放映されました。

普通、
人が恋に落ちた瞬間(わざとそう表現しますが)というのは、
たまたまビデオにでもとっていない限り、
後で確認できるものではないと思いますが、
相手が相手だと可能な場合があるんですね。

あの日から、
熱病にかかってしまった、
そのライブ映像は、
私にとってゼッタイに確認の必要があるものでした。
何がそれほどよかったのか。
私の中に残っている、
「あのライブの時は特によかった」という印象が、
果たしてどれほどのものであったのか。

それが今回の放映で、
やっぱり錯覚なんかじゃなかった!
ということがハッキリと確認できましたよエブリバディ !!

これまでの3曲抜粋ではいまいちわかりにくかったけど、
曲をぶった切られながらも30分に納められた全曲の特集が、
その声、迫力、大型モニターに映された姿、パフォーマンスのすべて、
あの場所で感じたものを蘇らせてくれました。

まず声ね。
すごかったんだから!
2曲目の「悲しみの果て」なんてアータ、
風圧、風圧!
それからギターね。
私は誰がなんと言おうと、
ギーボ宮本だからこそ好きになったんだから!
と、今は言える。
このライブでリードやらフィルインやらをカッコよく決めて歌う姿が、
ちゃんと確認できたから。
ギターの位置もバッチリ!
これこれ! これよ!

そして全身からみなぎる迫力、
熱い視線。
私が、
「俺たちの明日」を好きなのも、
この日の演奏で刷り込みされちゃったからですね、きっと。
生まれ出たヒナ鳥の前の親鳥が、
この時、最高のものを与えてくれたって感じでしょうか。

放映ではカットされてたけど、
「桑田佳祐の前座です!」の一言で始まり、
「次は桑田佳祐だ!」で終わったあの日。
エレカシの後が、
総勢26名編成のスペシャルバンドで乗り込んで来た感のある桑田さんだったことや、
あの日、
多くの桑田さんのファンがいて、
前方のスペースにもギッシリおられたことを、
改めて思い出しました。

全部で7曲、
夏だったけど、
あの日の山中湖は雨が降ったあとで寒かった。
最後のガストロンジャーまで、
特に汗をかいた様子もなく、
ある種の貫禄を見せつけたステージ。
素晴らしい始まりだったことに、
今、改めて感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.07

プラスストレスの影響か…? 偏頭痛

比較的暇な日曜日の出勤だったし、
前夜の余韻に浸りつつ、
午前中は調子よくやってたんだけど、
お昼ごろから前兆ありの偏頭痛発作。

「あぁ、そうきたか」と思うのは、
私の場合、
マイナスのストレスだけじゃなく、
プラスのストレスでも誘引されるみたいなわけで。

これまでにも、
息子の保育園の卒園式や高校の入学式の後とか、
すごく楽しかったイベントのあった夜とか、
久しぶりに会った友人と楽しんでいる最中とか、
けっこうありまして。

不便なことだけど、
これも体質のひとつと受け容れなければしかたない。
嘔吐によって、
午前中に食べた、
大量のクッキーのカロリーが、
チャラになったことを喜びとして。

実はこれを書いているのは、
翌日(3/8)の夕方でして、
今回は復活までにかなり時間がかかりました。

きょうが元々のお休み日でよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.06

ありえんほど楽しかった。

だいたいが、
大人数で「カラオケにでも」と行くカラオケで、
心の底から楽しめるわけなんてないわけで、
そこはそれ、
そこそこのお遊びで終わるものと、
相場を踏んで参加するのが常のこと。

だけどきょうは違いましたから!
企画というか、
コンセプトに惹かれて集まる人たちによってつくられた、
雰囲気、空気…いや力とでも表現したくなるような、
自立連帯のカタチ。

一アーティストの楽曲のみを延々と歌うというカラオケ。
しかも、
そのアーティストの特性によってかよらずか、
それぞれに、
社会のなかで感じてきた、
似たような寂しさやはがゆさを笑い飛ばし、
水を得たふえるワカメちゃんのごとく、
イキイキとお互いの思いを重ね合いながら、
次々とマイクを握った時間の幸福感。
あっという間の6時間超。

めんどくさいので、
ここからは、
私が参加した方に送ったコメントを転載。

「よっ」とか「ほっ」とか「は~ぁ」やセリフまでが忠実に再現されたり、
わかんなくなったら最強のガイドボーカルが入ったり、
ここというところで受けたり受けてもらえたり、
もー最高!
私自身もエレ◯シを知っている人の前で歌う、
スリルと興奮を味わって,
ちょっとはしゃぎすぎたかと反省するほどです。
それについては何卒ご容赦を。

そう、
本当に楽しかったのです。
人が歌うのをここまで真剣に聞いて喜んだことなんてなかったし、
またみんな好きなだけあって、
それぞれに上手だし、
すげえ人もいたし、
すっごい刺激になったのも◯。
課題の持ち帰りあってこそ、
楽しさも倍増するってもんだ!

私の歌でしか彼らの歌を聴くことがない人たちのためにも、
レパートリーを増やすべく、
まだまだ練習しなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

のぼりくだりのエブリデイ

チケットは取れねぇわ、
奴はポカやるわ、
声は変だわ、
仕事はたるいわ、
なんなんだこの、
昨日との落差は!

と、
一旦、海底を蹴っとかないとね。
明日からまた始めるために。

では、
自分の良心を静かに見つめる時間を持ってから、
おふとんに入ることに致しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.04

あぁこの思いをワタシは何に例えよう

100304_224632職場で一緒に仕事をしている、
仮の名(今、ワタシが付けた)を、フーたんという人が、
「昔からのサザンファン」と、
ひょんなことからわかったので、
「ワタシ、昔から桑田さんが好きだったから、いろいろあるよ。DVDで渡せるよ」
と言ったら、
すごく喜んでました。

そらそうだろな、
ワタシの職場に、
「エレカシの映像なら、いっぱいあるから渡せるよ」という人がいたら、
ワタシ、その人のことを、
神が遣わせた人だと思うもん、きっと。

実は、
ここだけの話なんだけど、
「イオさんはマリア様!?伝説」というのがあって、
まぁここでは話が長くなるので割愛するけど、
そのサザンファンのフーたんは、
みんなが一笑に付すその伝説を、
「なんかワタシ、わかるような気がします」と言ってくれた人で、
今回、彼女にはまさに、
初心の功徳とも言えることが起こったわけで。

おもわずワタシ、
そのことをキッカケに、
最近やめてしまっていたお祈りを再開させたりして…。

で、
うちに帰って彼女のために、
サザンのDVDを探していたわけさ。
最近、とんと見ることの無くなっていたカゴのなかを。

かなりレアなものまでいろいろ見つかって、
ワタシはフーたんが喜ぶ表情をイメージしながら、
あまりの羨ましさに苦笑いまでしちゃいそうな感じで…。

そして見つけたのさ、
「エレカシLIVE」と書かれた1枚のディスクを。

え? なにこれって。
ワタシの字で書いてあるけど、
まったく記憶にない。

でもって、かけてみたら、
えーーーー! 
一昨年、BS2でやったライブじゃないすか!

録ってたんだ、ワタシ。
ちゃんと録ってたんだ!!

You Tubeでは見てたし、
ダウンロードもしてて、
このライブ、
いろんな意味で、
思い出深いライブでもあったりしまして、
あまりに思いがけない、
あり得ない展開にビックリ!

すべてを書けないのが残念ですが、
バラバラだったピースが見事に繋がって、
もう、
なんというか、
自分の人生のありように感動をおぼえ、
昇天しそうなくらい興奮しました。
やっぱりそういうことなんだ……って!

さーっぱりわかりませんか、
そーですか。
ムリもありません、
省略している部分が多いので。

ほどなく、
帰る予定の無かった息子が、
体調を崩したために予定をキャンセルして帰ってきたので、
いろいろ話しながら、
ライブを一緒に見ました。

これまでの経緯も知ってる奴ということもあって、
こんな日は、
一緒に過ごせてよかったです。
カミサマ、アリガトウ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.03

これがnative…なわけか。

私のTwitterのHome画面は、
settingで言語がEnglishになっています。
なので、
settingをいじると、
「save changes」というボタンが表示されます。
変更したのが1箇所でも、複数形です。
大は小を含むって感じでしょうか。

そして、
saveのボタンをクリックすると、
「◯◯ have been saved」と言ってきます。
それを見て私は、
「お、現在完了形だな」などと思うわけです。

次に、
私をフォローしている人のページに行って、
followingを見てみます。
すると私のIDの横に、
「That's you!」と表示されているのです。
「おや?」と思って日本語に設定を変えてみると、
「それはあなたです!」と表示されます。
ビックリマークはいいとしても、
どうして「It's you!」じゃないんだろう。

もっとワタシ的に言うと「これはあなたです!」であり、
「This is you!」なんだがな。

これがNativeの表現ってやつなのか。
ふふ。

日本語の設定で、
変更を保存したときに、
「ありがとう」と言ってくるのに馴染めません。
ワタシはJapaneseのnativeなのに。

英語で「Thanks.」と表示されるのには、
何となく馴染めるのも不思議と言えば不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

誰かのつぶやき

Twitterの検索はけっこう不思議な結果を出してきませんか。
どうしても私に辿り着けない、
そこのアナタ。
こちらです。
背景画像は深海をイメージさせるブルーで決めてみました。

Webは、
Last.FMに貼りました。

Lsst.FMの「ホームページ」リンクはTwitterに貼ったので、
このブログとTwitterとLast.FMで、
私のプライベートタイムがほぼ掌握できる感じですね。

それが実態の「ほぼ」か、
ということになると、
まだまだぜんぜんだと思いますけれど、
それはそれです。
てか、すごく楽しんでるんるです。

タイトルは、
あの曲名がふと浮かんだので。
手を延ばせば、そうさー、届きそうさ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.01

そこに満月ちゃんとある

夜になってけっこうな雨です。
満月の夜ですけど。

17時、
待っていたメールは来ませんでした。
桑ちゃんの方です、武道館の。
どうせ行けないとは思ってたけど、
当たってたら無理してでも行ったかな。
楽しそうな企画だもん
まぁいいです、
「無理しなくていいよ」って言ってくれてるんでしょう < 誰かが

いずれにしても、
おついたちの満月は最先がいい感じです。

たとえ雨雲で見えなくても、
そこに満月はあるのです。
月にしてみれば、
「俺はいつだって満月だよ」ってなもんでしょうし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »