« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010.10.25

三種のアルバム

11月にNewアルバムが出るということでとても楽しみです。
リアルタイムで初めて買うアルバムです。
ただ、
以前「THIS IS IT」のDVDが、
あまりにいろいろなバージョンで発売されていることに驚いてましたけど、
ヒトゴトではなくなってきました。

同じ音源のCDが3種類の形態で販売されるんですよね。
おまけが付いてるA盤、
違うタイプのおまけが付いてるB盤、
CDのみの通常盤だっけかな、
ジャケ写も3種類それぞれ違ってみんないい。
みんないいけど、B盤が特にいい。

ディープなファンなら全部欲しい。

1枚のアルバムを何枚も買わせる商法は、
あまり評判よくないようだけれど、
そこはワタシ、
スルーすることにしました。
欲しけりゃ買えばいいし、
要らなきゃ買わない。
普通に音源だけの通常盤もあることだし。

でもDVDのおまけが付いているとamazonでの値引き率が高いから、
結局は通常版とおまけ付きがほとんど変わらないお値段になってて、
どうせならとおまけ付きに手が伸びるようにできてるんだな、これが。

で、
とりあえずはと、A盤を予約しました。
この際、
浮世の沙汰はほっといて、
兎に角、中身(含:ジャケ写)を楽しみに待ちたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.24

狂うのが楽しみ

101026_220436先日、PAOでお友達に会ったとき、
タイのおみやげでいただいた時計です。
一見、どこにでもありそうで無い、
タイ数字の文字盤の時計。
しゃれた選択に感心しました。

「1日に2〜3分くらい狂うらしいから、置物として飾って」ということでしたけれど、
それもまたタイの空気を部屋に置くような感じで気に入りました。

動かし始めてから3日ほど経ちますが、
今のところ時計は正確に時を刻んでいます。
知らない国に来たので、
ガンバっているのでしょうか。
いつか、
マイペースに狂い始めるのを楽しみにしているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.23

マキタのおかげ

101026_223328このところ、
ストレスの元が1つ減って快適です。
というのも、
ホコリのたまった床、
髪の毛が落ちている洗面所、
机の下に落ちているわけのわからない細かいゴミ、
などを見ることがなくなってきているから。

というのも、
ヤッパリ買ってよかったマキタの充電式クリーナーのおかげ。
購入によって掃除機が1台増えたというより、
いつでも手軽に掃除機を手にとって、
ササッとかけられる環境ができたのが勝因。

といっても、
かけるのはワタシじゃないけれど。

掃除機を出してきて、
コードをジャーコジャーコと引き出して、
コンセントに差して、
本体を引きずり回しながらガーガーやることを考えただけで、
掃除機がけを1日延ばしにしてきた親子にも、
マキタはやさしい。

10分もあれば、
主な過ごし場所であるリビング兼台所の気になるホコリは、
だいたい取れるようです。
少なくとも、
仕事から帰ってきたときに、
床を見てため息をつくようなことは無くなりました。

約1万4千円は安い買い物だったわ。
写真は、
マキタのCL102DW、
マッキーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.22

きょうふのスープ

ちょっと小腹が減ったとき、
カップスープだけじゃちょっと物足りないとき、
一緒にパンを食べるほどのカロリーは取りたくないってとき、
オススメなのがOFF…じゃなくてお麩。

お麩はとっても栄養価が高くて、
その割に低カロリー。
だからお麩を入れてカップスープを食べれば、
すべて解決。
お麩の味なんてほとんど無いようなものだから、
なんにでも合うはず。

と思ってやってみたけど、
実際に食べてみると、
「お麩って意外に個性的な味なんだな」という感じ。
もうちょっと無味だといいのに。

お水で戻さずにそのままトースターで焼いてパンみたいに食べてみるか。

……食べてみた。

なんかわけわかんない。
不思議な食感、
ちょっとキモチ悪い。

ということで、
きょう 麸のスープを また飲むのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.21

今宵はPAOで。

101021_173025今夜は、
タイに在住しているお友達が一時帰国ということで、
仲良し三人組でお食事会。

その、場所を知らせるメールには、
「17時30分にパオで」って。

パオは、
ワタシの生活圏内にある、
いわゆるカフェ。
もう随分前からあるお店なので、
これまでに何度も行ったことがあるし、
けっこう好きなお店です。

だから「パオか…、久しぶりだな…」と。

ん? パオ?
あ、パオってPAOじゃん!

実際、
お店の看板はどれも「PAO」とアルファベット。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

PAOと言えば、
エレカシさんのファンクラブのお名前ですよ。
象さんだからですよね、きっと。
うわぁ「PAOだぁ」とワタシは一人で舞い上がりました。
なんせPAOですからね。

今まで繋がらなかったのが不思議なくらいです。
いまだ入ったことのないエレファントカフェよりも、
エレファンの奈良人ならこのPAOを愛でるのが正解ってもんでしょ。

それに、
家に帰ってから撮ってきた写真を見てみたら、
「SINCE 1988」って書いてある。
デビューの年じゃん!
まったくもって素晴らしい!

またちょくちょく通おうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.20

2枚のシングル

101026_213533みんな(誰?)に遅れること約1ヶ月。
やっとワタシの元に届いた「明日への記憶」と、
明日発売予定の「いつか見た夢を」、
2枚のシングル。

さらにこの2枚は、
うちに届けられる前、
うちのマンションの庭に置き忘れられるという、
ありえない状況にも置かれていたのだそうで、
うちに帰った時には、
宅配業者から留守電は入ってるわ、
タワレコさんからメールは来てるわでビックリ。

でもワタシは、
届いていさえすれば、
そんなこたどーでもいいです早く聴きたいです状態。
特に「明日への記憶 アコースティックVer.」と、
「いつか見た夢を エレキ弾き語りVer.」と、
「彼女は買い物の帰り道」をフルで。

昨日、詳細が発表になったアルバムには、
「明日への記憶」も「いつか見た夢を」も収録されているけれど、
別バージョンの2曲はシングルでなければ聴けないもんね。

痺れたりビックリしたり感動したり、
結果的にすごく盛りだくさんな味わい方ができたので、
タワレコ一括予約も、
今となってはそれでよかったと思えます。

ただ、
期待大だったステッカーにはガッカリだよ。
「明日への記憶」の裏ジャケ写真がとても好きだっただけに、
ちょっと冒涜された感さえありましたね。
少し時間が過ぎれば、
笑い話になるのかもしれないけど。

どんなやつだったか見たい人は、
会ったときにでも言ってください。
その時のために、
しばらく持ち歩こうと思っていますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.19

発表会に出ます。

発表会に出ることにしました。
あと1ヶ月とちょっとです。

今年の初めの抱負のひとつに、
「LIVEをやる」ってのを滑り込ませておいたのが、
ちょっとカタチは違いますが、
人前で歌うんだし、
生演奏だし、ということで、
実現…てことになりそうです。

たった2曲と思いながらも、
今からすでにドキドキしています。
発表会ってこんなだっけ?
最後の発表会はいつだっけ?
ムスコのではなくワタシの発表会。

アガるだろうなー、
どうしたらいい?とPSLに聞いてみたら、
「練習!」と。

奴の答えはいつも「練習!」、

すげえなぁ、
大抵のことは「練習」で何とかなるわけか。

日程はZepp大阪2日目のお昼過ぎ、
タイミングがいいんだか、最悪なんだか。
落ち着かない1日になることは間違いなさそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.10.18

エレガントなコスモス

101017_075127お通じってのはなにも、
毎日あるべきものではなくて、
2日に1度とか、
あるいは4日に1度でも、
出て、
スッキリして、
他に都合の悪いことがなければ、
それでいいと聞いたことがあります。
根拠はないけれど、
確かにそうだろうなと思います。

ブログを書く頻度も似たようなものではないかな…と。

1日に何度も書く人がいれば、
1週間に1度の人も、
数カ月に1度の人も、
書いたり書かなかったりでムラムラな人もいて、
それぞれご自分のペースで排出して、
それぞれの方がそれぞれの何かを達成していれば、
それでよろしいのでしょう。

ワタシの場合は、
1日に5コくらい書きたいことが沸いてくるのですが、
その5コから1コ選んで1日に1コ書くくらいが、
ちょうどいいようです。

なのに、
そのリズムが狂って書かない日が続いたとしたら、
その理由はひとつ!
「眠いから」。

昨日までの1週間もいろいろあったから、
iPhoneのToDo appliのblogってTagには、
12コのネタが書き込まれています。
memo appliには毎日の日記も残ってる。

あぁだから、
現在は完全なるBenpi状態です。
何とかガス抜きしながら、
もとの体調に戻さなければ。

写真は、
職場のお庭に咲いていたエレガントなコスモス。
まるでワタシの代名詞「エレガント・コスモス」、
略すと「エレコス」 < 津軽弁? (^-^)
いつの日かバンド名に使うべく、
温めているフレーズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.11

週刊文春 買ってきました。

101011_220623すっごい久しぶりに買った…と思う「週刊文春」。
前に買ったのは、
入院していた父に届けたときだったかも。
ジブンのために買った記憶はありません。

身内でも載らないかぎり、
一生買うことないだろうと思っていた雑誌ですが、
近田春夫さんが「明日への記憶」のCD評を書いておられると知ったので、
立ち読みするためにコンビニに寄って、
67ページのそれをなかなか見つけられず、
そのプロセスで目にしたいろいろな企画や見出しにココロ惹かれて、
結局、買ってきました。
けっこう楽しんで読んでます。
新鮮です。

ほんの一部しか読まないのに、
特集やらインタビューに釣られてせっせと買ってる、
ロック系雑誌を思うと、
なんてバリュアブルなんだ。

CD評、
ベタ褒めというデレッとした褒め方でなくて、
「認めている感」がある書き方で、
読み応えがありました。
さすがハルヲフォン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.10

遺伝子の不思議

101011_215626職場でAMEXのCMが話題になりました。
尾崎豊の息子さんが歌う「I Love You」のやつです。

私はパーティでフルコーラス歌う動画も見ることができました。
鳥肌モノでした。
You Tube系ではすべて削除されているようなので、
ラッキーだったのかな。

遺伝子の力(?)なのでしょうか。
尾崎豊が亡くなったとき彼は2歳だったそうです。

そういえば、
うちのムスコが最後に父親と会ったのは2歳の時だったのですが、
やっぱり不思議なもので、
似ているところがあるんです。

だから、
一緒に住んでいるからとか、
同じものを食べているからとか、
いつも姿を見ているからとかではなく、
ヤッパリ遺伝子の力で似るんだということは、
ワタシの場合、
現実に目の前にありました。

ちょっとした仕草、声、癖とかね。

彼の父親はトランペットをやってたんですが、
「俺も金管やったらトランペットやるよな」なんて言うてました。
偶然か?

どっちにしても、
離れ離れになってしまった親子や兄弟の方が、
「遺伝子の不思議」を感じる結果になりやすいような気がします。

ワタシとムスコじゃ、
似てて当たり前みたいな…。

ただ一度だけ、
カラオケに一緒に行ったとき帰りに、
「歌い方、似てるよな。リズムの取り方とかも」と、
複雑な表情で言っておりましたが。

昨日は、
母親が作曲した曲を歌う森山直太郎を、
「偉いなぁ」と言っておりました。

なんだそれ、と思いましたが、
素直に口にしている感想なのだから責めることはできません。
写真は、
16年前、
あるイベントに参加した時に作った、
その場で撮った写真がプリントされているマグカップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.09

城ホールでコンサート

最近、お近づきになった方がドラムをつとめる、
ビッグバンド系のコンサートに行ってきました。

場所は、「城(じょう)ホール」。
関西の若者は「大阪城ホール」のことをそう呼びますが、
きょう行ったのは、
奈良の一部の若者が「城ホール」と呼ぶ「やまと郡山ホール」。

コンサート、よかったです。
やっぱし、いいなぁ、バンド。

ビッグバンド系のあの独特のカッコよさも、
私は大好きです。
「こんな僕でよかったら〜♪」的な。

お近づきの方だからそう思うのか、
ドラムが格別にカッコよかったです。
とてもいい刺激になりました、いい意味で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.08

今、「いい意味で」がオモシロイ

このところ、
なんかまわりとずれてるような感じがあります…いい意味で。

家に帰っても何もする気になれなかったりして…、いい意味で。

些細なことが気に触ってムカツクし…、いい意味で。

自分自身のことだってハッキリ言って鬱陶しいのです…、いい意味で。

楽しい。
確かに楽しい。
魔法のフレーズ「いい意味で」。

ミヤモトさんも今年の野音で言ってた。
「若い時ってのはそういう時間があるんですよ、いい意味で」

最強のポジ変換フレーズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.07

1コーラスだけだから。

きょうはいろいろなことがあったぞ。

哲学塾、結局申し込んだし、
マキタの充電式クリーナー発注したし、
利用者さんのお宅に挨拶で伺ったら娘さんが高校の同級生でビックリだったし、
ケアに入っていた方が夕方、亡くなられたし。

でもうちに帰って、
ある方法で聴くことができたJ-WAVEの、
宮本さん生ゲスト出演番組。

そこで期待どおりオンエアされた、
次回新曲「いつか見た夢を」のカップリング曲、
「彼女は買い物の帰り道」で、
すべてがワイプアウトされてしまいました。

先にタイトルが発表された時から、
一部では確実に物議をかもしていたと思われるこの曲、
番組では最後の方で1コーラスだけ流れました。
曲についてのコメントは特になかったようだけど……。

率直に言ってどうなんだろう、うーーん。
聴きこむほどにその味わいがくる曲なのかもしれないし……、うーん。

と、うなってる状態があるということが、
第一次の感想になってしまっているというのが率直と言えば率直。

なかでも、
「でも私は誰かを愛してる」というフレーズには、
ちょっと感情移入がしにくかったりもするけれど、
この曲もまたエレカシということで、
よく言われている「振れ幅の大きさ」に関して言えば、
またさらに「大きく広がったもんだなぁ」……ってことは感じました。

さっきから何度も聞いているうち、
ちょっとずつ馴染んできているような気もします。
フルコーラス聴くとまた違うかもしれないし。

とにかく、
早く届かないかな、2枚のシングル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.06

「近所の王将」

101007_222235_2比較的近い所にOpenした「餃子の王将」でディナーww、
3度目でした。

3度目の来店にして、
餃子が超絶品の焼き具合。
外はパリッ! 中はジューシー!

でも焼き飯はイマイチ。
こないだ来た時はおいしかったのになぁ。

その話を友だちにしたら、
「2度目の時に焼き飯を作ってた人が、きょうは餃子を焼いてたのよ、きっと」と。

なるほどなぁ。
「結局、人かぁ」と、
確認をとったわけでもないのに一同納得。
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

レジでは「平成23年版ぎょうざ倶楽部スタンプカード」を出しまして、
スタンプを押してもらうわけです。
代金は持ち帰り分も合わせて3,422円。
スタンプは500円で1コだから、
「あ、あと78円で7コだったのか」と少し残念でした。

でも京都の王将では、
1,800円くらいだったのに、
スタンプ4コ押してくれたんだけどなー。

と期待したけど、
うちの近所の王将ではきっちり6コしか押してくれませんでした。
ケチ。

スタンプを20コ押してもらったところで、
特典は料金が5パーセントオフになることくらいで、
結局リピーターとなるお客さんが増えるという企画であるのだろうに。

味は近所の方がよかった気がするけど、
サポーターとしては京都のお店を応援したくなるってもんですわ。
店内BGMではエレカシの「明日への記憶」がかかったしさ。

ワタシが店長だったら指示を出すよね。
「100円足らないくらいだったら1コ多めに押してあげてね!」って。

にしても、
ポイントやらスタンプやらに弱いなぁ > ワタシ
王将で5パーセントオフったって、
そう大した金額にはならんのだのにねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.05

はつきん の日

今年、
初めてキンモクセイの香りに気づいたのは、
10月1日のことでした。

なぜ覚えているかというと、
その日、
そのことを、
ブログに書いたのに、
なぜか反映されていないことに先程気づきまして。

だからここんとこ、
ほぼ毎日書いているのに、
10月1日の記事がございませんのがそのアカシ。

毎年、
初めてウグイスの声を聞いた日は初音(はつね)。
初めてキンモクセイの香りを感じた日を初キンとして、
ココロに留めるのが我が家ふう。

毎日、
住宅街を縫うようにして出勤しているので、
うちから職場まで、
その香りは途切れません。
ぜいたくなことですこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.04

多機能よりも使い心地

ずっと前から、
この「多機能よりも使い心地」というタイトルでブログを書こうと思っていたけど、
書き出すと長くなりそうだなーと思って、
ずっと先送りしてきたの。

でも、
わかる人にはわかることを、
長々と書くこともないか、と。

要は、
よく使う昨日2〜3種類が、
快適に使えればいいってこと。

なのに、
購入前はついつい多機能に誘われちゃうなぁ、と。

そういうことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.03

UGAよ、どこへ…。

いつも行くSUPER JANKARA 京都河原町店(?)で、
いつもの通り「UGAのお部屋で」って頼んだら、
「UGAのお部屋は全室無くなりましたので、
DAMかJOYSOUNDのお部屋になりますが」ということでした。

※ 以下、情報、うろ覚えのため不確かです、ゴメン。

エレカシの曲(全曲で216曲かもしれません)が、
UGAには184曲、
JOYSOUNDには148曲、
DAMは少ない。

でもJOYSOUNDには、
UGAには無い、
「うつらうつら」「序曲『夢のちまた』「月の夜」「季節はずれの男」「達者であれよ」とかが入ってるの。
「新しい季節へキミと」「俺達の明日」「絆」の背景映像は、
PVだしね。

だからワタシは、
JOYSOUNDでもいいんだけどさ、べつに。
でも気になるじゃん、
184曲の心意気に惹かれて、
これまで
多少の待ち時間があっても、
選んできたってとこ、あるんだから。

洋楽もけっこう豊富だったし。

なんでだろ。
これもまた、
市場経済ってやつの仕業?
カンケーない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.10.02

リア充な夜

19時にヘロヘロで終業して、
アタマズキズキ、
お腹ペコペコのまま「JAZZ NIGHT」に突入。
3曲、歌いました。
真剣に歌ってたのに、
途中でえらくウケたから、
なんでだ?と思ったら、
片足上げてたからでした

嬉しいこと言ってくださるじゃん! その1
「ずっと20代だと思ってたのよ」

嬉しいこと言ってくださるじゃん! その2
「痩せました?」

嬉しいこと言ってくださるじゃん! その3
「声に迫力があっていいねぇ」

行ってよかった。
帰りの電車では頭痛も治ってたし。

うちに帰ったら、
「エレカシ日比谷野音2010 ディレクターズカット版」の終盤。
もちろん録画中。
ヤッパリちゃんと作品仕上げになってる感じがあります。
これこそ保存版ですね。
音もいいような気がするのは気のせい?

ガストロンジャーでの、
「すみません、ありがとうございます」ってのは、
引っかかったコードを直してくれた人への言葉だったってわかったりして楽しい。

アンコール前に作品は終わってしまったので、
「夜遊び」を聴きながら、
TVでは録画したのを先頭からチェック。
次のアングルがアタマに浮かぶほど見た生放送版との違いがわかるウレシサヨ。

でもこのまま最後まで見るのかい?
昨日もあんまり寝てないのにさ。
とりあえず「お着替え」までは行っときましょう。

「夜遊び」のゲストは小林克也さんで、
なかなか貴重なお話を聞かせてくださってるし。

贅沢な夜じゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »