« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012.10.31

New Singleが買えない、

201211012New シングルは初回限定版と通常版の2種類。
ワタシはPVとそのメイキング映像が収録されているDVDが付いてくる初回限定版を予約していました。
予約特典のポスターも、
初回限定版と通常版ではまったく違うので、
予約時点ではある意味「当てもの」的な勘が必要とされます。
通常版にはアコースティックVer.が収録されるってこと、
ワタシ見落としてたのかなぁ。
しかも発売日直前になって、
それが「弾き語り20120930Ver.」と発表されて、
「え?」状態。
9/30と言えば野音中止発表の2日前。
あわててiTunes storeに行ってみたけど売ってませんでした。

しょうがない、
通常版も買うか…ってことで買いに行きました。
が!
TSUTAYAにもイオン内のショップにもありませんでした。
発売日当日なんですけど……?
売り切れ?……いやーそーじゃないっしょ。
イオンの店員さんは言ってたよ、
「予約の多い商品は入ってくるんですが……」って。

なんだよそれ。
それでCDが売れない時代って言います?
買いに行ったのに手ぶらで帰ってきてるんですけど?
……と、
ショップでCDを買うなんてここ何年もしたことのないニンゲンが大きなこと言えませんが。

タワーレコード新宿店には、
ジャケ写に使われた衣装の展示もあって、
気合の入ったポップ満載の特別コーナーもあるらしいのになぁ。
今更amazonって気分じゃないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.30

いきなりのネット買いby母

Img59606973_2母とイオンのとあるお店でランチ中のこと。
母がテーブルの横を歩く若い女性を呼び止めました。
「あなた、その服、ステキね。どこで買ったの?」
ビックリしました。
でもその女性は「ネットで買いました」と舌ピアスのあるお口で答えてくださいました。
その後の会話。
「いくら?」
「1900円」
「え! どうやって買うの?」
「ライチミルクってお店を検索してもらったら」。
女性との会話はここまで。

「あんたわかる?」とワタシに母。
「わかると思う」と検索してみたら楽天にあったので、
特徴的な柄で検索してみたらちゃんとありました。
「これだよね」と画面を見せたら、
「買って」って。

衝動買いを止めるほどの値段でもないし、
「送料込みで2450円になります」と現金をいただいて、
送り先は母の家に指定して注文しました。

なんとなぁ。
こんなこともありなんやなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.10.29

5(ご)をGetしました。

(゚ー゚)20121101約1カ月待ちでした。
いちばんウレシイのは軽さ。
にばんめにウレシイのは速さ。
さんばんめにウレシイのは美しさ。

以前まで利用していたショップは、
とんでもない対応で、もうウンザリだったので、
初めてのショップに足を運んでの予約だったのですが、
どの店員さんも、
とても親切で丁寧でよくわかってらして、
それだけでもかなりいい気分です。

詳しい店員さんだから、
いろんなキャンペーンや提案をもらって、
結局またフォトビジョンを新しく契約してしまいました。
実質無料というのに弱い女です。

ウレシカッタ対応その1、
ワタシの携帯画面を見て、
「お好きなんですか?」と言われたこと。
「え、わかりますか?」と言ったら、
「エレカシですよね、カッコイイなと思って見てたんです」って(*^-^)。

ウレシカッタ対応その2、
ワタシの4Sを見て、
「あ、言語設定を英語にされてるんですね」
「あ、はい」。
そこはワタシのダイジですから(゚ー゚)。

よってワタシのトップ画面には、
英語表記のアプリしか並べておらんのです。
「産経新聞」とかはよく使うアプリだけれど2ページ目です。
iPhoneの画面って、
けっこうな個人情報だな…って思いつつ掲載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.28

パソコンのモンダイ解決はカンタンだ。

Windowsパソコンの動きが悪く、
あらためて考えてみると、
10年前のパソコンのような動き方になっているので、
これは「慣れればいい」、
「受容すればいい」というモンダイではないなと思いたち、
以前からどうもコイツが怪しいと思っていたソフトをアンインストールしました。

ダウンロード購入したソフトだから、
もったいないような気もしたけれど、
何となく悪い影響の方が大きそうだから思い切って。

するとまぁかなり快適になりました。
やっぱりアイツだったか。
捨ててよかった。

これがニンゲン関係のモンダイだったら、
こうはいきませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.27

また始めよう。

Photo_34きょうと明日は「大和郡山音楽祭 楽」ってことで、
知ってる人たちのステージがいくつかあったので見に行ってきました。
大和郡山のあっちこっちの会場で、
いろんなジャンルの音楽Liveがあってぜんぶ無料。
ワタシが行った城ホール(大和郡山城ホールのこと!)のレセプションホールでは、
飲食もOKで、すっごくアットホームな雰囲気でした。
ある意味、
大規模なロック・フェスなんかより、
今のワタシにとっては魅力的でありました。
もうすぐ終わる10月は、
仕事もエレもワタクシ事もいろいろあって何かと大変やったけど、
あぁこうして音楽に触れていると、
コリがほぐれるような気がするな~と思ってました。
一緒に行った相棒に、
「来年は出よ!」って言ったのもしっかり本気です。

終わってからは、
恒例第4土曜日のFOLK NIGHTへ。
今回は諸般の事情によりエレ封印。
選んだ曲は「あなたの心に」と「サンフランシスコ・ベイブルース」。
やっぱり皆んなが知ってる曲は反応がいいなぁ。
でもワタシ的には、
緊張のせいなのか何なのか、
手が震えていうことをきかず、
ぜんぜんギターが弾けなかったのでガックリです。
まーいい。
来月までまた練習練習。

そんなことより、
FOLK NIGHTが盛況で、
皆んなが楽しく盛り上がってたことが嬉しかった。
遠くから来ていた人もいっぱい。
リピーターもたくさん。
皆んな音楽が好きで温かい人たちばかり。
カレーライスも美味しかった。
明日からまた始めよう。

写真は城ホールに着いたとき、
屋根の上にあった月。
輝いていた月。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.26

桑名さんのこと

桑名さんは、
小学校のときのトモダチのいとこだったので、
子どもの頃から何度か見に行って、
そのトモダチと一緒に楽屋まで行かせてもらったり、
パーティに潜り込ませてもらったりしたことがあって、
こちらでは勝手に身内のような気になっていたところがある方です。
晴子さんとはかくれんぼしたこともあったりして。

そうでなくても関西には、
彼のことを桑名、桑名と呼び捨てにして、
ダチみたいに思っていた人たくさんいたと思います。

歌、うまかったし、
優しい人やった。
豪快でツキがある感じがあって頼もしい人やった。

あの歌声がもう聞けない、
あの人がもういないと思うとたまらなく寂しい。

ご冥福を心からお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.25

ずっと立ったままがいい

Photo_33_270x360ワタクシが職場で使っているデスクは、
普通のデスクより高さが高いモノです。
椅子にはレバーが付いていて高さの調節ができるので、
いつもいちばん高い位置にして、
座るときには「よっこらしょ」、
おりるときには「エイ」とか「よ!」という感じで乗り降りします。


めんどくさい。
座るたびに立ち上がらなければならない、
と思いました。
じっと連続してデスクに座っている時間なんて、
ほとんど無いんだし。


数日前、
一日に何度も繰り返すこの動作をなくすべく、
椅子を一番低い位置にセットし、
机の下に入れました。
つまり、
メモをしたり、
電話をしたり、
書類を見たり、
画面を確認したりと、
ワタクシがデスクに戻ったときにすることは、
ほとんど立ったままでやる状態になっております。
快適です。
パソコンを操作しているときなんて、
ちょっと「Apple Store的?」なんて思ってたりして。

写真は、
人気のアプリ「漫画カメラ」で撮りました。
これだと個人情報の写りこみを気にすることもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.24

貼ろう、ニューヨーク

10/31発売のニュー・シングル、
予約特典のポスターの絵柄が発表されたってことでサイトを見に行きました。
うわ!って感じ。
ワタクシは初回限定版のみを予約しておりますが、
ーん、こっちのポスターが届くのか!とちょっと興奮。
なんてインパクトなんだ。

思えば、
このシングルのジャケット写真が公開されて、
Twitterなどで大盛り上がりの翌朝、
あのニュースが届いたんだっけ。

サイトでは初回限定版のおまけ、
PVのメイキング映像のショートバージョンも公開されています。
こっちはYTの方にリンクはっとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.23

きれいになったうちのベランダ。

Photo_32_2補修工事が終わって、
うちのベランダがとてもきれいになりました。
てか、なってました。
工事が始まって以来ずっと閉めっぱなしだったブラインドを、
久しぶりに開けて見てビックリしました。

今、うちで一番きれいな場所です。
得した気分。
風水的にもいいんじゃないの?

思わず、
寄せ植えの鉢とか、
ベンチとか、
置こうかしらとなってますが、
思いとどまっています。

今後は、
この状態をキープすべく、
2週間に1度くらいは掃き掃除をするようにしたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.22

ちょっとマシな状況

たとえば、
「100人の人から1万円ずつ、そのうち10人からは一人あたり10万円をもらってきなさい」と命じられて、
途方にくれていたところ、

「内容を変えます。
100人のひとから数千円ずつ、そのうち5人からは1万円ずつ、あとの5人からはもらってこなくてよろしい」と言われたら、
とりあえずはホッとします。

きょうリアルに、
それに近い仕事上の出来事があったので、
とりあえずはホッとしています。

今回のおおわらわで、
救いになっているのは、
これが会社の指示ではないというところ。
だから上司が味方し、労ってくれるところ。

一般企業では「ありえない!」ことを、
「とんでもない!」態度で言ってくるのよね、
あーゆーところのお方は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.21

上手や on my mind。

「Georgia」を歌うと、
けっこうな確率で「ジョージや」と言われます。
上手じゃなくても言ってもらえるからイヤじゃありません。
むしろ気に入ってます。

きょうはおとなし目のエンディングと張り上げ系のエンディングを練習しました。
ホントは、
この曲をあっさりしっとり歌いたくて練習してたんだけど、
その日の気分でどっちかを選ぶってのもスリリングでカッコイイ。。
どっちつかずでコケる可能性も大きいけど。

でも明日から土曜日まではギターの練習しなくっちゃ。
途中でギター弾けんくなって放りださないようにしないと。

Georgiaはそのあと。
Georgieのあとはバイリンガルのイパネマ。
その次は「ケサラ」と「花男」いくか。

そのためにも、明日からの仕事、
なんとか20時には帰宅できるようにせんとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.20

カラオケでの一コマ

トモダチがカラオケで歌っているのを聴いていてふと、

「約束なんか いらないけれど 想い出だけじゃ 生きてゆけない 」というフレーズに、
まー確かにそういうことあるわなーと思っていたら、
そのすぐあとに、

「時の流れに 身をまかせ あなたの胸に より添い
綺麗になれたそれだけで いのちさえもいらないわ」てか。

生きていけないと言うたり、
「綺麗になれたそれだけで」いのちもいらんと言うたりさ、

あげくに「だから お願い そばに置いてね いまは あなたしか 見えないの」と、
しっかりお願いはするんや。
それもけっこうプレッシャーのかかるお願いを。

勝手なくせに健気さみたいなのもきちんと漂わせてるところがなんとも言えん。

トモダチにしたくないタイプの女やわ。

って思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.19

木村の「ケサラ」

71amnwefp6l__aa300_昔、「泣ける曲」を特集するような番組があったよね。
ここんところのワタシの泣き曲がコレ。
憂歌団の木村充揮さんソロアルバム「小さな花(2006)」に収録されております。

表題で「木村」と呼び捨てにしてすみません。
でも「木村さん」では雰囲気が出ないから。

昔、憂歌団の内村さんとは最寄り駅が一緒だった時期があって、
駅でよくお見かけしました。
10代の頃のことです。

話を戻します。
「ケ・サラ」は有名な曲で、
ワタシも違う歌詞でよく知っておりましたが、
泣き曲ではありませんでした。
ということから考えると、
グッと来るのは木村さんの詞と歌声の力が大きいのかな。
それと間奏のトランペット。

You TubeにLive映像と、
映画「毎日かあさん」のエンディングシーンで流れるのとありました。
リンクはどっちにはろうかと考えながら見たら、
両方とも泣かへんかったけど、
ヤッパリLiveの方http://youtu.be/58rUjZYMOXwにはっとこか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.18

あったぜ、Kazoo!

Photo_31「無いはずない。ゼッタイどっかにある!」
と思って早朝から必死で探して見つけました。
ムスコの部屋からではなく、
ワタシのおもちゃ入れにありました。

教訓Ⅰ:探し物は「あるはず!」と思ってする。
教訓Ⅱ:探し物は先入観を捨てるところから。

ちょっと吹いてみたら、
なかなか渋い音が鳴りました。
ネンキ入ったからかなぁ。

これでさらに、
「らしく」なるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.17

特になに、ってことはない。

Photo_30多めに募金して大目にもらった赤い羽根です。
4本の赤い羽根、
赤羽の4人、うふふー。

今回の野音は特別で、(まだ言うか!)
中止から少しだけの開催となり、
マスメディアにも多く取り上げられました。
普段エレカシの歌を聴く機会を持たないような人たちにも歌声と話題が伝わり、
「いい声ねぇ」、
「カッコイイね」など感想が寄せられました。
誰に? ワタシに。
あははー。

結局、
伝えられてきたものだけを見て、
好きだとか嫌いだとかって反応しているだけってことが多いんだなワタシ達は。
それを仕切っているのはマスメディア。
日本が強くなるとファンが増えるスポーツ。
メダルを取れるかもしれないスポーツと取れないスポーツ。
オリンピックとパラリンピック。
勝者を見るために応援するスポーツ。
選んでいるのは見ている人じゃない。

ってことを考えていると、
関西の野球ファンって、
純粋にそのチームが好きなんだなぁってことが伝わってくる人たちが多いねと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.16

「トロイメライ」という曲

Photo_28これは昨日の記事に書いた、
日比谷公会堂内のカフェに置いてあった手回し蓄音機。
ウエイターさんが、
本体に付いている取っ手をぐるぐる回して、
鉄の針を付け替え付け替えしながら、
分厚いEP版を何枚か、かけてくださいました。

オペラ曲、
オーケストラ曲、
昭和の歌声、
どれも空気を震わせながらカラダを包み込んできました。

そのなかの1曲、
「トロイメライ」はワタシにとって特別な曲でした。
父の好きだった曲です。
そして、
ワタシが子どものころ持っていたレコードの思い出と重なるのです。

レコードには3つのお話が収録されていました。
そのなかの1つ、
朗読は高橋圭三さんでした。
動物園の小象(エレファント!)が元気をなくし、
園長さん(だったと思う)に、
「僕、アフリカへ帰りたい。アフリカへ帰ってお母さんの子守唄が聴きたい」と訴えます。
確かお母さんはもういなかったと思います。
象の名前は「エル」でした。
お話の最後にエルに渡されたのがオルゴール、
曲が「トロイメライ」。
エルが「あ、お母さんの子守唄だ!」と言って元気になるというようなお話でした。

こんな要約では伝わりにくいと思いますが。

カフェでこの曲がかかったとき、
静かに水を湛えていたダムがいっとき決壊しました。
でもそのおかげで、
持ち直したときにはまた一層落ち着くことができました。
泣いたあとに飲むコーヒーって、
ものすごくオイシイもんだしね。

ちなみにそのお話のレコードには、
岸田今日子さん朗読の「風のおくりもの」とかいうお話も収録されていました。
ロバのミニーのお話です。
そのBGMに使われていた曲も、
聴くといまだに泣きます。

子どもの記憶って理屈じゃないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.15

@日比谷公会堂のカフェ

Photo_29写真は、
日比谷公会堂の中にあるカフェの入口から撮ったものです。
90年前にオープンした店内の雰囲気を残して、
リオープンしたとのことで、
ワタシはトモダチと2人、
野音のコンサート開演前の時間をここで過ごしました。

過去2回の日比谷野音のときも、
コンサート前には強いワクワクドキドキはありましたが、
今回はやはり特別。
東京散歩を楽しんだり美味しいものを食べに行ったりする余裕はなく、
かと言って開演までにはまだ時間があるし……。

そんなワタシ達を優しく包むためにそこにあったかのようなカフェでした。
静かな店内に流れる手回し蓄音機の音色と、
丁寧に入れられたコーヒー。
トモダチとの会話も、
野音のことなど忘れているかのような、
ゆったりとしたものとなり、
「ありえない!」ほど穏やかなひとときでした。

聞くところによると、
野音周囲はやはりいつもとは違うモードになっていて、
ピリピリした雰囲気さえ漂っていたのだとか。

結局今回は、
東京駅から野音に直行、
ほとんどの時間を日比谷公園で過ごして東京駅へ。
滞在時間は約9時間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.14

特別の野音でした。

1曲目、「夢のちまた」の歌い出しは明らかにセーブした歌い方でした。
でもこの時点では、
セーブしているのか、
そんなふうにしか歌えないのか、
恐る恐る歌っているのか、
ワタシにはわかりませんでした。
明らかに09年1曲目とは違う歌い方、声の出し方。
バンド演奏とアコギでの弾き語りとの違いはあるにしても。

ナマであれほど長いトークを聞いたことはありません。
深刻な事態だった報告もありましたが、
場内爆笑あるいは苦笑の場面があり、
聞くうち安心材料も多く出てきたのでだんだん落ち着くことができました。

曲が進むに連れ、
歌声はどんどんいつもの迫力に近くなって、
後半になるころには、
「最初はセーブしてたんだ」とわかりました。
もう止まらなくなってる……。
大丈夫か?
でもタオルが投げ込まれるようなこともなかったので、
歌い進むうちどんどん「イケる!」感が強くなっての熱唱だったのでは?

トークの中で、
禁煙で声が良くなったとおっしゃってましたが、
確かに素晴らしい声でした。

1時間のステージが終わり、
いつもなら大盛り上がりとなるアンコールが、
スーッと消えて行きました。
12曲歌ったことはあとでわかったのですが、
明らかに予想を超えた曲の多さと、
最後のバンド演奏曲で辛そうに見えた姿に、
みんなが「もう充分です」と思い、
「もう歌わない方がいい」と思って手を止めたのでしょう。
でも、アンコールがまったく無いというのも寂しいんではないだろかと、
遠慮がちに始まった手拍子が徐々に大きくなってきたころ、
「本日の公演は終了いたしました」のアナウンス。
いつもならガッカリのシーンなのに、
期せずして湧き上がった大拍手。

あとで、場外でもみんなが拍手していたと知りました。

素晴らしい瞬間の連続をナマで見ることができて、
本当にシアワセでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.13

あるはずなのに。

Photo_27今夜は、
ライブハウス「オーシャン・ブール・バード」のオープニングパーティでした。
おしゃれなお店だったし、
きょうは無料だったお料理もとってもおいしくて、
駅からも近いし、
期待値大。
奈良ではなかなか難しいという声が少なからず聞かれたけれど、
ステキな音楽フリークが集まるお店になるといいな。

パーティでたまたま隣合わせた人が、
Rockフリークだったから楽しさ倍増のパーティでした。

帰宅してからは、
ずっと探し物。
ゼッタイあるはずのアレを。

と申しますのも、
次回のFolk Nightは、
エレ抜きの2曲と決定しておりまして、
1曲めはワタシ達が子どもだったころの名曲。
とってもカワイイ曲。
ステキなハーモニーが決まりましたら御喝采。
2曲めは、
洋楽のカヴァー。
日本語で歌う予定のブルース。

で、間奏で使いたいなとカズーを探しております。
どっかにあったはずなんだ、ゼッタイに!

ムスコに「なかったっけ?」とメールしたら、
「あったけどどこにあるかはわからない」と返事。

やっぱりあったよね。
それも確かパッケージに入ったままのおニューだったときおくしているのに!
かわりに見つかったのが写真のハーモニカ。
なんかお高級っぽい。
キーはC。
カズーの代わりにはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.12

幻の「BURN」

10/14は、
最近練習を見学させてもらっているバンドの久しぶりのLiveの日でもあるんだけれど、
ワタシは当然野音の予定と重なっていたから「行けない…」はずだったんだけれど、
10/2にあの中止の発表があったから「ヤッパリ行けるようになりました」って言ってたんだけれど、
おとといの「少しだけ歌わせてくれ」コメントがあったので、
あーやっぱり行けないか…と。

でもきょう練習は見に行かせてもらいました。
本番が見られなくなったわけだし。
そしたら途中で、
「BURN,歌えますか?」って!

え、それってLiveでってこと?!
うわー!

あのね、
歌えるかどうかは別にして、
もしこの野音の復活がなければ、
きっと「やらせてください」って言ってたと思うんだよね。
だってロックバンドのヴォーカリストだぜ。
知らない曲じゃないんだから、
必死で歌詞を覚えて練習だってしたんじゃないかな。

なーんてね。
歌詞を覚えるのも練習するのも、
やるやると言ってるだけでぜんぜんできないのが、
いつものワタクシですけどね。
ま、とにかく今回は縁がなかったんだからしょうがない。
野音が終わったら、
いつ来るともしれないその日のために、
歌えるようにしとかなくっちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.11

「機嫌よくやれ!っつってんだよ」

というわけで、
14日に向けて盛り上がっていくというよりむしろ、
社会生活から逸脱しないように、
テンションを抑え気味にコントロールする日々が始まっております。

先日録画した「RISING FES.」の映像などもちょっとは見ながら。

最近、
「機嫌がよければいい」的な発言がよく聞かれ、
このフェスのガストの途中でも、
「機嫌よくやれ!っつってんだよ」と、
ものすごい迫力でおっしゃってます。

機嫌よくって
ミヤモト氏が言うとまた違う趣があってよろしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.10

衝撃のニュース第2弾

10/2のニュースも早朝イキナリでびっくりしたけど、
今朝の第一報はトモダチのメールの「オフィシャル見ましたか?」。
布団のなかで見て飛び起きましたよ。
見たのはコチラ

失ったときに、
それがどういうものだったかわかるってことがあるでしょ。
失ったものが戻ってきたとしても、
失う前にはもう戻れない。
違う世界に違うものが戻ってくる。

一度失ったことで、
変わってしまうこともある。
関係ないようなことも、
変えてしまうことがある。

急激な変化は、
ゆるゆると来る変化よりも、
影響がキツイ。

ワタシは日帰りで行くことにしました。
14日の野音中止の発表で、
15日は出勤すると宣言してしまったし。

一旦、東京行きが無くなったことで、
ちょっとした衝動買いもしましたが、
買ってしまったものは、
少しだけ使わせてもらって、
「返品させてくれ」ってわけにはいかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.09

ジョンの誕生日

生きていたら72歳…だって。
けっこうイメージしやすいね、
年老いたジョンの姿。

「あるがままにしなさい、あるがままにしなさーい」って、
ワタシにはもう、
直訳ロッカー、王様の歌声で聞こえてきます。

「あるがまま」って言葉がここまで一人歩きしていること、
ジョンは知ってんだろか。

「あるがまま」って言葉を、
放置することと同義に捉えているような人がいるように思うのは、
アマノジャクだけ?

なかには、
人に「あるがまま」を強いるような人もいたりしない?
それって笑いとるために言ってんの??って言いたくなるのは、
アマノジャクだけ?

アマノジャクは、
もう眠いみたいですよ。
最近眠りが浅いみたいで。

追記:この記事を読んだトモダチから「Let it beはポールだよ」ってメールがきました。
そう言えばそうやわねぇ。
あははー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.08

集合場所は大阪城野外音楽堂

Photo_26集合時間はコンサートが開演ようするはずだった時間。
うわー切ないなぁ…、
行ったら泣くかもー…と思ってたけど、
そんなことはありませんでした。
誰もいないような写真になってますが、
実際にはチラホラと数人ずつのカタマリが集まっていました。

別にそこでは何するでもなく、
ワタシ達はとりあえずカラオケBOXへ。
だって総勢18名だから、
いっぺんに入れるお店を探すのは大変。

まぁ入ってからも大変だったけどね。
飲みまくる人、喋りまくる人、歌いまくりの人。
歌うたってマイクは使わずみんなで合唱状態。
本人映像の「俺たち」では振りマネも。

ただ一方で、
参加者の中に耳の専門家がおられたり、
難聴経験者が2人もいたりで、
話を聞いているとやっぱり不安になりました。
どうか病状も後遺症も軽く済みますように。
そのためにも「ゆっくり休んでもらおう」と。

終了間際にはせっかくだから!と、
すっごいテンション組と若干引き組が混在しつつ、
ファイティングマンと花男をみんなで大合唱。

歌い終わってちょっとションボリだったけど、
こんなふうに集まってよかったねと、
それはたぶんみんなそう思ってた。

同じカラオケ屋さんに同じような集団もいたらしく、
みんなで幻の大阪野音、
見送りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.06

調子にのって7曲

Photo_257曲といったらあなた、
ちょっとしたフェスですがな。
セトリは、
Route, Geogia, Don't know why, Desperade, Lullaby, Satin doll,You'd be so

もちろん求められて歌ったわけではなく、
参加人数が少なかったから歌ったわけで、
聞かされていたほうはたまらんかったと思うけれど、
ワタシの方は超楽しませてもらいました。

写真は、
Jazz通、音楽通のI 野さんに撮影をお願いしたもの。
お酒がまわってるせいか、
歌の途中うつろな目ぇしてどこ見てるねんっていう表情やけど、
ピントがベースマンに合ってるとこも含めて、
気に入ってるの。

I 野さんのピアノによる、、
Fのブルース演奏も最高にCoool!でした。
ナマであんなにかっこいいトリオのセッションも聴けちゃって、
本当にお得な日でした。

最後のYou'd be soは、
そのI 野さんからの、
ベースだけのイントロでやってみてとのお言葉に、
出だしのタイミングはトチりながらも、
すっごくかっこ良く弾いてくれたベースで歌って、
最後もベース音だけになってのエンディング。
ピアノさんもドラムさんも、
ベースの音が効いてるアレンジになってたから、
スーッと引いてくれはったんやね。
Sessionの醍醐味を垣間見た感じ。
同じ曲でもぜんぜん違ってて。

もっと練習しよ!
いろんな音楽聴こ!って思いました。
あーでもここんとこギターが弾けてない。
……けどまぁいいか、
たぶん師匠も、
あのニュース以来弾けてないと思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.05

Remembering Steve

日付が変わる直前に、
某appleフリーク(エヴァってまだ言う?)から、
「きょうはSteveの亡くなった日」と教えてもらいました。

うちに帰ってから、
appleのサイトに行ってみたら、
1本の動画とティムのメッセージが。

去年の秋は、
ワタシもいろいろ思うことがあったなぁと、
あれこれ思い出して……。

iPhone5が来たら、
やっぱり使おうかな。
下取りに出すのは3の方にして、
4Sは置いておこうかな…なんて思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.04

カフェMG というお店

Photo_24職場の近くということもあって、
ちょくちょくひとりでランチを食べに行っているお店の看板です。
きょうのランチもここで食べました。

いろいろなおかずが楽しめる日替わりランチがオススメですが、
なんといってもワタシがこのお店に行く大きな理由は、
コーヒーの美味しさ。
疲れがとれていくような気さえします。

カウンターの棚にたくさんのカップ&ソーサーが並んでいて、
好きなカップを選べるのもウレシイです。
ワタシは噛んだら割れそうな薄いカップで飲むのが好きなので、
「薄いやつで」とお願いしたら、
ロイヤルコペンハーゲン(じゃないかな)のステキなカップで入れてくださいました。

そして、
たぶんお店で作られているのであろうケーキも絶品。
濃厚でクリーミィなレアチーズケーキは、
一度食べたらやみつきよ。

お店の名前「MG」は何の略かしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012.10.03

デマではなかったけれど、

スポーツ新聞の見出しっちゅうもんに慣れていない乙女らは、
デマではないにしても、
かなり内容が盛られていることもあるということに思い至らず、
早朝からかなりビックリしたわけです。
「無期限活動休止」と、
「今後のコンサート活動に於いては暫くの間、休止させて頂きます」とでは、
だいぶ違うでしょ。

無期限活動休止は解散に近いニュアンスもありますしね、
経験則により。

さらに、
「突発性難聴」と、
「急性感音難聴を発症し、外リンパ瘻の可能性がある」もかなり違います。

まあいずれにしても、
第一報よりは冷静に受け止められる内容でよかったです。
と言いながら、
真実とか実際のところはわからないわけですけれどね。
失踪とか逮捕とかもっと重篤な状態とか、
そんなんではなさそうだということでよかったです。

昨日は職場でも、
「ショックだったんじゃない?」と声をかけられたり、
「大変やね」とメールもらったり、
その他にもいろいろと気遣っていただいて、
なんか“妻”みたいやわと、
アホはニッタリしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.02

久々に、あの偏頭痛でダウン

たいへんな一日でした。
早朝の「無期限活動休止」のニュース。
初めは、
何かの間違いか、
悪質なイタズラなのではないかと思っていました。

こんな日にオフィシャルサイトが開けなかったというのも、
ファンの不安を増大させた大きな原因だったと思います。
落ち着かない気持ちで仕事に行き、
一生懸命仕事をしましたが、
11時に、
ここ2年ほどなりを潜めていた例の偏頭痛が始まってしまって、
数時間ダウン、
デスクに突っ伏して死ンでおりました。

も~、なんとも言えんわ。
どんだけ影響うけてんねん。
2年ほどなかったから、
更年期を経て体質が変わったから、
あの偏頭痛はもう来ないと思っていたんだけどな。

でも夕方にはなんとか復活しました。
iPhoneで見たらオフィシャルサイトも復活していました。

大阪、日比谷の野音中止も、
ミヤモトさんの病もデマではなく、
しっかり現実でした。
ただ、
第一報の日刊スポーツの記事と、
オフィシャルサイトでのお知らせでは、
伝わってくるものがかなり違いました。

なんとか落ち着くことができ、
10月14日の東京行き新幹線とホテルのセットはキャンセル。
手数料4,460円。
もうどーでもいい。

夜になっても、
薬の副作用なのか気分の悪さ、
普通の頭痛は続いているので、
今夜は早めに寝ようと思います。
グッスリ寝たいからクスリ飲も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.10.01

波乱の幕開け

出勤したら職場のまわりが葉っぱだらけになっていたので、
みんなでお掃除。

その後、
いつにもまして大きな出来事が連続で起きた1日でした。
いろいろなこと、
しっかりさばいていける自信が、
正直言ってぜーんぜんありません。

笑っちゃうくらいお手上げ状態です。

大阪野音の日も、
15時までは仕事になりました。
16時半開演だから間に合うんだけど、
ちょっと緊張。
ヘヴィな10月、
ヘヴィな週になりそうです。

でも、
ずっと調子が悪かったうちのウインドウズ君が、
ちょっとまともに動き出したので、
ブログが書けました。
ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »