« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012.12.31

2012年の十大ニュース

今年はやめとこかと思ったけど、
なんとなく「あんまりいい年じゃなかったなー」と終わらせるよりは、
しっかり総括して次に行きたいと思ったので。

「No Music No Life」だった2012年の振り返りです。

1.ハッピーエレファンツ結成
辛いことや悲しいことが多かった年だったけど、そんななかギターを初めて定期的に練習したり、演奏する機会を得ることができていろんな意味で助けられたと思っています。

2.1年目、無事クリア
検査を終えてあらためてホッとしたときに浮かんできた様々な想いを忘れません。

3.仕事上のいろいろ
次から次からいろいろあったし、やることなすこと裏目に出るし…というわりにはよくやったと思う。職員さんも今年10人くらい増えたしね。

4.病気によるLIVE活動休止と日比谷野音
実はこれが1番じゃない?って感じです。大きな出来事でした。

5.甘いモノをあまり食べなくなったこと
あの「脂肪肝ショック」以来のことですね。クッキーやマドレーヌ系など食べることがすごく減りました。以前が食べ過ぎだったということもありますけど。


6.いっぱい練習しなきゃいけなかった
もっとできたはずだったとも思うけれど、ギターは今年からだし、歌のほうも今年は特に、常に課題を前にして「練習しなきゃ」に追い立てられてきた年でした。

7.ラジオ体操
ほぼ毎日やるようになっております。いい習慣だと思うので続けていきたいと思っています。

8.ムスコの結婚
6月に入籍したことも、ここらあたりに入れとくかって感じ。たぶん来年3月の結婚式のほうが盛り上がるんじゃないかな。

9.まつ毛エクステ
今年は意外と美容関係にお金を使った年でした。その象徴がまつ毛エクステ。来年はもうしないと思うけど。

10.Facebookなどで旧知の方々との新しい出会いがあったこと
友達になる人の多くは、昔の友人、知人です。賛否両論のFacebookだし、ワタシもそれほど楽しめているわけじゃないんだけれど、懐かしい人たちと新しい繋がりができたことは素直に喜んでいます。

ま、こんなもんですかね。
去年の「十大ニュース」はこちらです。

さ、次行こ、次!!
最後に今年のベストショットを掲載しときます。
この笑顔があれば、
ほかにはなにもいらないでしょ。
Photo_26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.30

意外な継続、「スヌーピー家計簿」

Photo_25きょうで2012年の家計簿は終わり。
月曜日始まりの家計簿を使っているから、
明日からは2013年のに書いていきます。
気に入って使っているのは、
「スヌーピーのかんたん家計簿」。
たぶん2007年が最初で来年で7冊目になります。
(写真では1冊足りません。2010年のはどこにあるのやら)

家計簿と言っても、
財布の中のお金の動きをレシート別に書いて残金を合わせるだけで、
予算も立てないし、
使い道のチェックもしていません。
ここ数年は、
ネットやクレジットカード、ICカードでの支払いが増えているので、
ある意味なんの意味もなくなっています。

でもまぁ、
現金がどこに消えたかわからないよりはいいし、
いつか、
懐かしく驚きをもって開くときがあるかもしれない。

スヌーピーは2007年からだけど、
もっと前からのも残してあるからね。
これを機会にぜんぶ探してまとめて置いとこ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.29

開運 or 金運

Photo_24年の瀬になると、
amazonで日めくりカレンダーを買って、
母に届けてもらうようにしています。
ひとり暮らしの母に、
日にちの感覚を持ち続けてもらいたいというのは、
「ボケんといてや」というワタシの祈りのキモチの表れです。

一方で、
普通のカレンダーもあったほうがいいかなと、
きょうイオンで探していたら、
百均に、
「開運」と「金運」の2種類の卓上カレンダーがあったので買いました。

カレンダーなんかにお金をかけると、
ひどく勿体ながる母なので、
コレなら喜んでくれるかなと。

どっちか選んでもらって、
残ったほうをワタシ用にしようと、
「どっちがいい?」と聞いたら、
迷わず「金運!」と選ばれました。
ヤッパリね。

これにより、
ワタシの2013年は開運の年になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.28

ラストエクステ

Photo_23今年の6月に初めてやってみた「まつ毛エクステ」。
もうすぐ、
フリーパスの期限が切れますが、
諸々の理由により、
もう更新はしない方向で考えております。

期間中は何度やっても、
支払い済の料金の範囲内なので、
最後にやっとくかってことで、
今回は緩やかなカーブで付けてもらいました。

たぶん当分やらないだろうから、
写真を撮ってみました。
先日の耳に続いて、
左目の大アップです。
待受にいかが?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.27

落語バラエティ体験

落語を嗜むエレ友と、
落語の会に行きました。
元々好きなほうで、
昔は、
ラジオで流される落語をテープに録って、
何度も聴いていたりしていたんですよ。
って、意外?

そんなワタシにとって落語の笑いは、
静かな笑い、にんまり笑い、たまにドッとウケルみたいな、
そういうものだったような気がするのですが、
きょうの会では、
危うく笑いすぎで呼吸困難になるかと思うほどの、
まるで……、
うぅ、うまい例えが見つからない

あらためてフライヤーを見てみたら、
月亭遊方さん、笑福亭鶴笑さん、そして桂 文華さんの写真の上に、
「どっかんBROTHERS」のタイトル文字。
そして「落語バラエティ」って書いてありました。

確かに、
いわゆる落語会とはちょっと違ってた。
反則技連発のような……、
うぅ、やっぱりうまく例えられない。

あれだけ笑わせてもらったら、
ホンマに値打ちやと思います。
終わってすぐに、
「また見たい!」と思ったのは、
2009年の「Sweet love shower」のLive以来です。
いやマジで。

終わってから、
鯨料理のお店で食事して、
さぁ帰ろうと席を立ったら、
後ろにさっきの主演者さんたちが揃って打ち上げ中!でした。
うわ、ってビックリしたついでに、
サインを頂いちゃいました。

あー、なんか、はまりそう。
あのときみたいに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.26

来年に向けて、

Photo_22クリスマスの飾りがはずされるのを見ていたおじさんが、
「あっという間にズンベラボンやなぁ」って言ってたよ。
12月26日は、
日本人の節操の無さがもっとも表れる日ではないでしょうか。
ワタシの職場のデスクの上には、
1年中4人のサンタさんがかざってありますけどね。

昔、
東京の自由が丘だったかな、
一年中クリスマスグッズだけを売ってるお店があって、
「さすが東京だべなー」と感心したのをおぼえています。

で、
ワタシは昨日届いたグッズのカレンダーを装備しました。
目が合う写真からは、
「お前はきょうもどこかで不器用にこの日々と戦っていることだろう~」という歌声が聞こえてきそうです。
今のワタシにとって、
職場でこそ聴きたい「さぁ、頑張ろうぜ!」です。

職場の人たちは、
苦笑いしていますが、
いいのです。
写真左のファイルも見て!
へへー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.25

今年のツリー

Photo_3このクリスマスツリーのピアス、
見つけたのは12月20日のことでした。
「カワイイですよね~」と勧める店員さんに、
「でも、あと5日しか付けられないよね」と、
自虐笑いしながらも結局買ったわけですが。

「カワイイ~!」と言ってくれそうな人に、
「ねぇ見て見て」と見せたほか、
「今年のツリーはこれにしました」とFacebookに載せて「イイね」をもらったり、
こうしてブログに書いたりして、
ま、もとはとれたかなと。

ピンクゴールドにルビーとエメラルドだから、
けっこうなお値段でした。

……ってのはウッソぴょーん。
3000円くらいでした。

なにをもって、
もとがとれたとなるのか、
実はよくわかってないんだけれどもね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.24

青サンタ~。

Photo_2この忙しいのに、
イベントの盛り上げ役なら他の人に頼んでよ!
…なんて、
ちょっと愚痴っぽく言ってた割りには、
青サンタになったとたん、
はしゃいでいるジブンに気づいたけれど、
すでに止まらない状態になっていたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.23

高橋克也氏の個展へ、2012。

Photo_21毎年12月に京都で開催されている、
イラストレーター・高橋克也さんの個展に行って来ました。
昨年は行けなかったから、
2年ぶりでした。

ブログとかFace book用にと、
写真を数枚撮ってきてのですが、
会場の雰囲気がうまく撮れていなかったので、
結局2人のツーショット写真をにしときました
なんか二人とも、
宗教画みたいな手つきをしてておかしいです。

色鉛筆の魔術師です。
26日までの開催です。
興味をもたれたかたはぜひ足を運んでみてください。
魅力的なホームページはコチラ
Face bookでの発信はしていないということでしたけど、
友人の紹介、そのまたシェアをたどって来てくださる人も多いとのことだったので、
ワタシもアップしておきましょう。

原画を2枚持っている。
それがワタシの自慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.22

つきまといしもの

Photo_20弾き語りナイトでした。
写真は、
素晴らしいギター演奏を聞かせてくれたK君(28歳、ムスコと同い年)。
左手にピントが合ったときは右手が動いている。
右手にピントが合ったときは左手が動いている。
ネックの上、弦の上を動きまわる指は、
ビジュアル的にもかなりビューティフルでした。

終わってから、
残っていた数少ないメンバーでの談笑時、
「練習すればするほど人前で演奏するのが恐くなることがある」と言ってたことが印象的でした。
同じように楽器をやっている人が、
「そうそう、やればやるほど下手になっていくように感じるときがある」と同意し、
「そんなときは原点にかえって一からやるしかない、ジブンを信じて」とアドバイスされてました。

たとえ趣味の世界であっても、
何かに憧れて練習を始めると、
楽しさだけじゃなくて、
悔しさや情けなさにさいなまされたり、
時にはイジケたり、ひがんだりすることも。
…ってのはワタシだけ?

ちょっと恋愛とかに似てるかもと思いました。
彼氏がいないときは、
彼氏がいればさぞ楽しいだろうと思うけれど、
いざできてみると、
心配事が増えたり、
切ない日のほうが多かったり。

家族もそうだよなー、
なんてことを、
ちょっとしみじみ考えながら、
夜の道を歩いて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.21

フォーマルドレスなぁ。

3月に行われるムスコの結婚式。
ワタシはフォーマルドレスでの出席を考えています。
派手にならないように、
できるだけ上品にと、
ロング丈で肩を出さない、
上着付きのデザインでどうかと、
ネットなどでさがしております。

探し始めると、
つい発表会にも着られるもの…とかって欲が出てくるので、
迷うこと迷うこと。

なんとか、
「こんな感じでいいかなぁ」というのを見つけましたが、
海外のサイトなので二の足を踏んでいます。
サイズをきちんと計らなきゃなーとか。

やっぱりブラックが無難かなぁ。
シャンパンカラーとかじゃいかんかなあ。
など、
あれこれ考えながらネット見てると、
時間があっという間に経ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.20

ほしいけど、今は買えないキャンドル


写真は、「ルミナラのLEDキャンドル」。
初めて見たときは、
本物の炎だと思って、
「こんなところに危なくないのかな?」と思ったり、
「どうせ溶けちゃうのにもったいない」などと思ってたのですが、
近づいて見て、
「え? これ本物の炎じゃないじゃん!」と、
まじビックリいたしました。

即、
これは欲しいぞ!となりまして、
「火を使わないキャンドル」で検索したら、
すぐに見つかりました。
動画もあちこちにありましたので、
一度ご覧ください。

危なくない、
溶けてなくならない、
空気が汚れない、
維持費が安い、
…ってことで、
キモチはほぼ9割がた買う方向に定まりました。

が、
値段が……、
小さいほうで5,480円
この値段ではちょっと……。
3,980円がギリかなぁ…と言ったら、
同意してくれる人がたくさんいました。

メーカーさん、
考えてもらえませんかね。
それとも、
もう少し時期をずらしたら安くなる?

考えてみたら、
今がいちばん高値の時期なのかもです。
もう少し様子観察といたしましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.19

「ラジオ体操」ならコレ!


数ヶ月前から、
ほぼ毎日続けてきた「ラジオ体操」を、
気づいたら1週間ほどやってませんでした。
ちょっとさぼるとそちらへそちらへと引っ張られてしまう傾向があるので、
イカンイカンです。

今朝久しぶりにやったら、
ちゃんとカラダがなまってました
でも、ってことは、
続けた方がよさそうだってことで、
また始めます。

You tubeのリンクを貼っておきましたので、
ご一緒にいかがですか。
iPhoneでのYou tubeでやってると言うと、
その手があるかとなる人多いです。

「ラジオ体操」で検索するといっぱい出てきますが、
ワタシはこの動画イッポンヤリ。
懐かしいおじさんの声で朝から気分爽快です。
「うしろそりーーー!」のとこが特にお気に入りです。
やるならこれで!
ではどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.18

「FOR VOCAL」届きました。

Photo_18>こないだのLIVEのあと一緒に撮ってもらったの。
ベーシストの納(おさむ) 浩一さんです。
ね、絆(きづな)スタイルでしょ。

で、
勢いにノッてamaで買った、
「JAZZ STANDARD BIBLE FOR VOCAL」が届きました。
納さんの本です。
「JAZZ STANDARD BIBLE」はキー違いで2冊出ていて、
セッションに行くと、
楽器系の方はかなりの確率で持っておられますが、
ワタシは「FOR VOCAL」版にしましたよ。
そらそーですよね。

スタンダード曲123曲が掲載されてます。
楽譜の片面には、
大きな字で歌詞が書かれていて、
コピーすればそのまんま歌詞カードになるし、
歌いたい曲、
練習したい曲がいっぱい載ってます。

そして、
33曲収録されたCDが付いています。
当然ながら、
すごくカッコイイ演奏です。
あっちの本とはえらい違いだ。

演奏は、
「前半がガイドメロディ入のオリジナル・キー、ブレイク以降は女性キーに移調します」って、
ワタシのためですか。
どんだけ親切なんでしょう。
なんぼほど値打ちなんでしょう。

持ってるだけで上手に歌えるような気になるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.17

「with LOVE」に、ほっこり

Photo_17うちの職員さんが「羨ましい理由」で忘年会をキャンセルしたことを以前書きました。
でも羨ましがってばかりもいられないので、
会場でのグッズ購入をお願いしました。

ポラロイド写真仕立てのマグネットと、
ツアーパンフを。

写真はそのツアーパンフに入っていた、
桑ぴょんからのお手紙です。
もちろん印刷だとは思いますが…(わかってます印刷です)、
手にとった感は、
オリジナル便箋に筆ペンでの手書きです。
そして封筒には「with LOVE」の文字
キャ~~、って、
喜ぶようなことではありません、、
52カラットのワタクシが…。
でも、喜ぶんだよ。

パンフレットには激渋な写真がいっぱい、
マグネットもカッコイイんだぜ。

最近はラジオ番組のチェックくらいで、
アルバムも買ってないし、
iPhoneにも入ってないんだけどさ
「with LOVE」でかなりアガってきています。

単純です、
ジブンでも呆れます。
アルバム聴こ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.16

あっぱれ!R.Stones

Photo_1611時過ぎ、
登場した4人の姿見て、
もーほんまになんとも言えんかった。」
みんな生きてる、
みんな細い。
高校生だった頃から好きだった、
ミックのヘアスタイルとシルエット。
あの人らと、
どっちが細いやろ…なんてちょっと思ったりして。

ミックのヴォーカルが、
ちょっとポップに感じるのは気のせいかな。

歳のことばっかり言われてるから追従したくはないけど、
やっぱりスゴイ。
ミックが69歳?
ロニーが最年少で65歳?
それも再結成とかじゃなくて継続中。
途中、
「誰?」と思ってたらミック・テイラー!
ひとり老けた感じに見えたけど、
この人が平均値なんやろなたぶん。
スプリングスティーンも歳相応なんやきっと。

ともあれ後半に入ってもちっとも失速しないステージ。
どんどんヒートアップして、
なんだか生身のニンゲンを見ている気がしなくなってきました。

最高のROCK BAND!
ビューティフル&ワンダフル!
THANK YOU!!

しかもその現実を、
生放送で見ることができているという素晴らしさ。
ちょっと強引やったけど仕事休みにしといてよかった。

最後になりましたが、
wowowさんにココロから感謝です。
一生解約しないと誓います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.15

ELE部忘年会でした。

Photo_15あはは変な写真。

盛り沢山な会でした。
…………それだけかよって感じですが。
いろいろ企画して盛りだくさんにすると、
なんか喋り足らなかったような気がしたりして。

楽しかったけど、
ワタシだけ楽しかったんと違うやろかと思ったり。
いわゆるこれも燃え尽き症候群の一種でしょうか。

途中、
「ハッピー・エレファンツ」の演奏タイムもあったんですよ。
せっかくギター持って行って弾くんやからと、
カラオケではできないことをしようと、
「穴があったら入いりたい」と「世界伝統のマスター馬鹿」の歌詞をみんなに渡して、
みんなで歌いました。
歌い終わったみんなの感想は「ムズカシイ!」。
歌ってみるとわかるんです、
「あの人たちにしかでけへんわ」ってこと。

それも含めて、
ワタシ的には最高のひとときでした。

来年の忘年会まで、
もっとカッコよく弾けるようになれるように練習しよ、
と思ったよ。

写真は、
忘年会終了後、
みんなが帰ってから残ったメンバーでカラオケしてたときの写真。
会場がカラオケ屋さんのパーティルームやったのでこの絵になってます。
歌ってるのは確かjazz系。
誰とは言わんが、
「嵐」の曲歌ってる人もおったよ。
なんでもありなのがルールさ♪

みんな、
年末のフェスと、
年始の新春ライブで行く年くる年するのが当たり前になっていた人たちばっかりだから、
今年はちょっと調子が狂いがち。
こんな時こそ、
絆(きづな)が大事。
また近いうちに集まろってことで、
たぶん新年会もやるんやろな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.14

ジョンのこと、そういえば、

「ROCK STORIES」で民生さんが、
「ビートルズのジョンが好きなんだ。バンドやってたジョンが!」って熱く語っておられました。
言外に「ソロになってからよりも」と聞こえてきそうな感じで。

で、
「夜遊び」での桑ぴょんは、
「俺が好きなのはメガネをかけるまでのジョン」って言ってて、
ええー?ってビックリしました。
ジョンの日だったから
彼の曲をかけながらのコメントも楽しめた回でしたが、
「Srarting Overがキライとも。
さらに「ジョンにはいつもガッカリさせられてきた」って言ってなかった?
記憶違い?

そのあとに例のマインドゲームの話もあったりして、
なんか本音っぽかったなーなんて。

人を愛する心理ってのは複雑な言動を呼ぶものなのかもしれませんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.13

EQのLIVEへ

Photo_14実力派ってことでいいんだろうか、
輝かしい経歴、来歴のミュージシャンによるユニット「EQ」のライブを見てきました。
地元のライブハウスで見られるってのもまたとないチャンスだし、と思って。

ただ一方で、
「上手な(だけ)人」の歌や演奏って、
なんか面白みに欠けるような経験もあってさー、
ステージが始まるまでは真面目な学生みたいな顔で開演を待ったわけですが、
始まってみるとなんのなんの、
技術に裏打ちされたグルーブ感がビンビンのライブでございました。

弦楽器フェチのワタシはやっぱりベースの納(おさむ)さんにクラクラ。
華奢なお体で、
ウッドベースとエレキの6弦ベースを操る姿がかっこよく、
写真もいっぱい撮らせてもらっちゃいました。
白いシャツに黒の前あきロングベストという服装は、
ミヤモト@絆スタイルだし! カンケーないか。

最新アルバム「Butterfly Effect」を買って、
しっかり4名様のサインもいただきました。
LIVEでは「EXILE」って曲の前に長いベースのソロというか、
パフォーマンスタイムがあって、
ワタシはずっと痺れていましたが、
CDには「入っていません」ということでして(ご本人に確認したんだ)、
でも、
残念なキモチよりLIVEで聴けたというヨロコビの方が大きかったですわ。

炒飯もおいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.12

クリスマス・ソングを歌いました。

昨日の演し物は、
クリスマス・ソングのメドレーでした。
なにをやろうかと考えていたときに、
とてもきれいな声で鼻歌を歌っていた職員さんがいたので、
「あ、この人、やれるな」と思い、
2人で「もろびとこぞりて」をハモってほしいと言ったら、
快く引き受けてくれました。
たぶん心得があるんだ!と、
プロデューサーのワタシはニンマリ。

2人のコーラスのあとは、
メンバーを10人にして「きよしこの夜」、
ワタシが低音パートを歌いました。

最後の曲は「赤鼻のトナカイ」。
歌詞を見なくても歌える歌を選んで、
宴会参加者全員で歌いました。
笑顔で大きな声で歌うことだけお願いして。
服装は職場の制服。
これが意外とよかった。

各部門の宴会芸に埋もれないようにと、余興時間のトップにやらせてもらったことも正解でした。
うまくいくかなと不安もあったけど、
皆んなとってもきれいな声で歌ってくれて、
あとで写真をみたらステキな笑顔だったし大満足。
感動で泣きそうになったくらいだったけど、
他部門の宴会芸がはじまったので涙が吹き飛んでくれてよかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.11

たかが宴会の出しものではあるけれど、

職場の忘年会が、
畳大広間での大人数宴会と決まったときから、
私たちのテンションはだだ下がりとなりました。
そういうカタチを否定はしないけれど、
少なくとも望んでいるカタチではないと。

おまけに各部門から演し物を…と言われ、
ハッキリ言ってゲンナリ状態。
誰がナニする~?と悲しい雰囲気になっていましたが、
そうなってくると、
「逆にキメてやろうじゃないのよ」となるのがワタシの変な習性でして、
できるだけみんなに負担をかけないように、
それでもみんなが楽しめるように、
とにかく、
やる前よりやったあとに、
少しでも爽快感があるようにと、
カンタンな企画をたてました。

恐いのは職場の皆んなからうっとーしがられることだったけど、
誘った人たちがみんなニコニコと引き受けてくれました。

決して企画がいいからとか、
ホントはやりたかったからとかじゃなくて、
誰かが「やって!」と声をあげると、
「いいよ!」って笑顔でノッてくれる人が多いんだと思います。

なかなかこうはいかないよなって、
そのことが嬉しかったです。
その巨大忘年会を明日に控え、
徐々にテンションもあがってきております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.10

ま○よしさん

12/9、
ギターの番組のことを見た直後にその内容についてブログに書いたことと、
その中にうっかり人気アーティストさんの名前を何人も入れたことが重なってか、
アクセスしてくださった方がいつもより多かったようです。

12/10の検索ワードランキングが、
この番組関連のキーワードで占められていたので、
ひょっとしたらと確認してわかりました。

1位は、まさ○しさん。
それが人気と連動しているものなのかどうかはわかりませんけれど、
2位のか○ずよしさんに、
かなりの水を開けておられます。
意外です…なんて言ったら怒られるか。

好きな人には魅力がある人なんだろな…って、
当たり前や。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.09

Char meets SPECIAL LIVE TALKING GUITARS

19時から、
フジテレビNEXTでやってました。
たまたま番組表を見ていて見つけて録画しながら見ることができました。

2003年にスタートした「Char meets ~」の30th Anniversary番組。
スタジオじゃなくて東京グローブ座ってとこで公開セッション。
ステージにズラっと並んだのは、
左から、
斉藤和義、野村義男、CHABO、CHAR、奥田民生、山崎まさよし。

ずっと6人で繰り広げたるは筋書きのないギターセッション。
6人がずっと楽しそうにあの手この手で。

ギターってやっぱり面白い楽器だなー。
ワタシが始めたのは今年からだけど、
「Never too old to Guitar」、
やらずに終わる人生じゃなくてよかった。

いちばんのクライマックスは、
Charが客席にむかって言った、
「ここで弾きたい人ー」って声に手を挙げて、
客席からおじさんが出てきたところ。

でもって、Charのギターを指さして借りて、
6人とセッションしたんだぜぇ、
これ以上のワイルドな状況がありましょうか?

そのあと、
「女の子で誰か」って声に女の子も出てきて、
山崎さんのアコギをって借りて弾いてたぜ。

心得があるってことは素晴らしいことだな。

観覧募集には2万通の応募があったそうで、
ラッキーな400人のお客さんたちも楽しそう。

ワタシも楽しかった。
こういっちゃなんだけど、
みんなオリジナル曲とかやってるときより、
ずっとステキだと思ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.08

意外なカミングアウト

…ってほどのことではないけど、

奥田民生さんが、
ニール・ヤングへのリスペクトを語ってたな、と。
意外でした。
ボブ・ディラン命みたいな感じかなと思ってた。

小室さんは、
影響を受けたのはジミヘンって言ってた。
聞いた高見沢さんが、
「キース・エマーソンとかかなと思ってた」ってビックリしてた。
その反応に賛同します。

かまやつさんが、
「今でも1年に1度くらいは『ラストデイズ』を見るね」っておっしゃってた。
それも意外でした。

そして、
今夜の「夜遊び」は12/8ってことでJ.レノン特集でした。
「マインド・ゲーム」をかけた桑ぴょん。
「いとしのエリーはマインド・ゲームのコード進行なんだよね」と。
そして「言っちゃった~ww」って。

真似したわけじゃなくて、
作ってから、
「これ何のコード進行だっけと思ってたら『あ、マインドゲームだ』となったんだそうで。
へぇぇぇええ!

わからんもんだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.07

Before and after

Photo_12これが新しくなった扉です。
写真では白い扉の方がずっとステキに見えるけど、
実際は白い方、
かなり年季が入っていて汚れています。
新しい扉は厚みがあって少し重たいところが気に入っています。
自然に閉まるときのユックリ感も。

工事の人に、
「音漏れがマシだったりします?」って聞いたら、
「多少は…」って答えでした。

扉が新しくなったんだから、
扉の向こうも新しくなった…ということにしとこう。

きょう18:00から初回放送だったRIJFのアーティスト特集の録画をチェック。
あーこのときはまだ元気だったんだ…とつい思ってしまう。

でもそれって表層だよな…とも思う。
みんな大好きおとしどころ…だって思う。

ジブンのことで考えてみたって、
BeforeとAfterの分け目は、
そんなもんじゃねーだろって思う。

あはは、
もっかい見よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.06

白いドア取り払い~♪

Photo_11きょう、
うちのドアの取り替え工事の日でした。
写真は、
きょう取り外された白いドアです。
記念に撮っておきました。
20年近く使ってきたドアです。

新しいドアは濃いグレーです。
ちょっとグレードアップしたような感じです。
新しい鍵を6本もらいました。
ちょっと得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.05

ショックな訃報

朝の番組で知って本当に驚きました。
もう若いヒトが癌で亡くなるなどということはおこらない時代になっているような気になっていました。
まして…。

桑田さんと同い年。

このヒトが、
ワタシと歌舞伎との距離はグッと縮めてくれたようなものです。
これから彼の手で送り出されるはずだった作品が、
カタチを成す前に消えてしまいました。

母もショックを受けてるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.04

1年目クリア

先日の腹部CTに引き続き、
マンモグラフィー、エコー検査、血液検査などをうけ、
きょう結果を聞いてきました。
お陰様で、
「今のところ問題ありません。1年目クリアということで大丈夫でしょう」と言われました。

あ~よかった、
正直こわかった。

検査ってやつは、
現状を知るためにするものなのに、
なんか、
検査をするから問題が見つかる…みたいな錯覚に陥るところがあって、
最悪のシナリオばかりが浮かんでいました。
マイナス思考は防衛心を覆う膜のようなものですわ。

で、
「大丈夫」と言われて、
ココロからホッとする、
感謝もする、
そして何かしら誓いをたてたりなんかして。
日を追うにつれ、
喉元を過ぎてだんだん忘れてく。
それがパターン。

ま、とにかく今は、
1年目のクリアを喜びましょう。
あと4年。
次のオリンピックの頃ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.12.03

幻の2kg減

Photo_9体重計…というか、
近ごろでは「体組計」っていうんですか?
体重を量るほかに体脂肪率やら筋肉量やら基礎代謝量やらBMIやらがわかるという。

先日来、
どうもうちの体重計の様子がおかしく、
電池を替えても測定値がフラフラするので、
思い切って買ってきました。
ポイントを使って5千円弱。

早速、
日時やら身長、年齢、性別などを設定して量ってみました。
はたして。
「あれ、2kgほど多い?」

どっちが正しい?と思いつつ、
これまではかっていた体重計に乗ってみたら、
「あ、やっぱり2kgほど少ない」。

思わず新しく買ってきた方を箱に戻しかけましたが、
どう考えても2kgほど多い数値が現実だなと、
受け容れざるを得ませんでした。
旧体重計は何度はかっても違う数値になるばかりだし。

じゃ、
甘いモノを食べることが少なくなって、
2~3kg痩せたと思っていたのはナニ?
変わってないんじゃん、ぜんぜん。

ということで、
きょうからまたリスタートです。
写真に写っている「40」という数値は、
「体幹バランス年齢」です。
公開できるのはこの数値だけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.02

ニール・ヤングといえば、

Photo_8
「ROCK STORIES」をチビチビ見る夜が続いています。
何度も同じところを見たり、
歯磨きやメールで見ないままだったりしながら。

ROCK50年史なわけだけど、
やっぱり番組や企画によって、
取り上げるヒトやBANDの重さ軽さが違っていて面白いです。

ニール・ヤングがカッコイイです。
この番組に出てくる男性では2番めにカッコイイです。
ワタシ、その昔、
Liveを見に行ったことがあるのです。
そのころ静止画でしか見ることがなかったニール・ヤングは、
いつも髪ボサボサでズズ汚れたような写真しかなかくて(ワタシの印象では)、
ホールのステージに現れた金髪でほりが深く、
色の白い長身のカッコイイ男性(ワタシの印象では)に、
「えーー! うそぉ」と心底ビックリしたのを覚えてます。

ギターを抱えて椅子に座る彼の前には、
水の入ったコップがいくつか並んでいて、
1つに1本ずつブルースハープが入れてありました。
何の曲だったか、
ホルダーにその中から取った1本をセットして演奏を始めたけど、
「あ、間違えてた」って感じで、
はにかみながら取り替えたりして、
キャーカワイ。

「ROCK STORIES」のなかで吉井さんが、
「声はデカイのかな」って言ってましたが、
繊細かつパワフルな声が響きわたっていたこともしっかり覚えています。
当時の洋楽アーティストのLIVEといえば、
大阪厚生年金会館かフェスティバルホールだったから、
最近のLiveより音響がよかったってこともあるかな。

「HELPLESS」しっかり聴きたい。
あのあたりの曲をじっくりと聴きたい。
あのころのニールにもう一度会いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.01

女子3人でランデブー

Photo_7朝から京都へ向かい、
えれ部の女子2人と滋賀県の信楽へ。
まさしくカシマシ。
目的はMIHO MUSEUMで開催中の「土偶・コスモス」
チラシのデザインもいいね。
見たかったんだー。
土偶、可愛かったー。
愛しくてたまらなくなったよ、ヒトの歴史が。

にしてもすげえとこだったなー。
浮世のウサを晴らすにはうってつけだったぜい。

たっぷり時間をかけて、
土偶やらミュージアムショップやら常設展やら見て大満足。
車の中ではずっとエレ。
ステキな休日でした。

あたりが暗くなる頃、
心地良い疲労感を抱えて京都に戻ってきて、
じゃぁまたね……じゃなかったんだよ。
セッション行かなきゃ、カレー食べなきゃ。
ってことで女子3人のままマービンズへ。

セッションはもう、
うまく歌うとかそんな感じじゃなかったね、
盛り上がってナンボ的な。
3曲歌いましたが、
そんなことより
こんなに大笑いして楽しいセッションって他にあるんだろうかっつうくらいいい雰囲気で、
ある意味トリートメント効果大。
きょうの写真、
歌の途中でナニこの嬉しげな表情
昨日はあんなにマイナスだったけど、
きょうでかなり復活しました。

モンダイは何一つ解決してないし、
難儀な状況も変わらないけど、
マイナスでない、
まずはそこから。

ひとりになってから最後に本屋さんに寄りました。
JAPANの発売日です。
カレンダーがおまけについていたし、
立ち読みする元気は残っていなかったので買いました。
それと、
ふと目に止まった「マイナス思考からすぐに抜け出す9つの習慣」って本も買いました。
そうなんだよね、
ワタシって決してプラス思考じゃない。
ただマイナス思考も長続きしないのが救いってだけ。
この本に手を伸ばしたってことは、
もう抜けてきてる証拠ってことですわ。
昨日のワタシなら、
本屋にすら行ける感じじゃなかったもんね。

あー、兎にも角にも
良い日であった。
「♪~灰色の雲がワタシに教えてくれた。明るい日差しがすぐそこに来ているよ~」
昔から好きな歌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »