« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013.08.31

テキーラナイト@倶楽部Z

130831やっぱりまだ声は出ませんが、
とりあえずはと少ないレパートリーを用意して参戦しました。
集まった人たちの雰囲気だのみ。
なんせ、
見る人のノリ無しではワタシの演奏は成立しない。
結果、やったのは
天使の誘惑、I wanna be loved by you、圭子の夢は夜ひらく。
さらに、あの「サニー」をやったくらいの、
温かくて楽しい雰囲気でした。

演奏者は7名、
みんな汗かき、緊張しての大真面目な演奏を全力で披露!
……なんだけどぉ、
なんかめっちゃ面白かったわ。
筋書きのないコント状態。
連帯感さえ芽生えとったような気がします。

ホストのキャラって大きいなぁと改めて感じました。
ホストが変わると、
集まる人のキャラが変わる、
場の雰囲気が変わる、
演奏曲が変わる、
演奏者のモードが変わる。

セッションもライブも、
いろんな要素が絡み合って、
予想外があるから面白いんやな、ワタシは。

写真は、
テキーラさんとともちゃんのコラボ「Dance With Me」。
好きな曲やし、うっまいし!
やっぱり洋楽はかっこええわ…て、
そんなまとめか

音楽はずっと好きやったけど、
きょうが弾き語りデビュー、
そんな人が多いテキーラナイト。
2カ月に1度くらいのペースで開催されるらし、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.30

情報関連の話題2つ

今朝、
南海電車で出勤してきた職場の人が教えてくれました。
乗った途端にサウナのように暑かったそうです。
なにこれ!と思っていたら、
社内アナウンスで、
「2両目のエアコンが壊れております。次の駅で他の車両に移動してください」って。
彼女はその2両目に乗ってたそうで、
「最悪やったわ」と言ってました。
2両目に乗ってた人全員がそう思ったでしょうね。
スマホがあっても、
この状況には役立たず…あたりまえ。
でもみんなきっと会社に着いてから、
この話を職場でしたよね。
だとしたらちょっとオイシイ?

夕方からは職場の研修でした。
ブレーンストーミング体験みたいなのをKJ法の手法で、
データ出しをしたり、まとめたり、発表したり。
たまたまグループのまとめと発表を頼まれたのでやりました。
終わってから、
「うまいですね」「すごいですね」と何人かの人が言ってくれました。
演奏が終わったあとに言ってもらえることはまぁありませんが。

そりゃ得意技としては、
歌やギターより、
こっちだわな。
昔とったキネヅカってやつ。
でもあんまりやり過ぎると嫌われそうだから、
今回限りにしよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.29

大阪で生まれた女やけれど、

地元とか、
懐かしい町の風景を織り込んで、
詞を書いてみようかと思ったのですが、
さてそれはどこのことなんだろう…って考えて、
よくわからなくなりました。
53分の45くらい、
奈良に住んではいるのですが、
特に奈良がどうこうとは感じません。
奈良公園や薬師寺に行くと、
遠足で何度も行ったことを思い出すことはありますが、
それだけのこと。
よく歩きまわった町ということになると、
意外と大阪のミナミやキタの方だったりして。

最近仕事の関係で、
難波あたりを自転車でよく走るのですが、
そのときにふと、
すごく幼かった頃のことがフラッシュバックすることもあります。
実は大阪の生まれで、
5歳くらいまで難波の近くに住んでいたからでしょう。
じゃジブンの県民感覚はどこにあるかとなると、
それはやっぱり奈良であって大阪ではありません。

ただ滋賀生まれの父と名古屋生まれの母は、
ワタシにとって「大阪の人」なんだと最近思うようになりました。

いま大阪で働いて、
高齢の方と話す機会をもつなかで、
その人たちの言葉や振る舞いのなかに、
懐かしさを感じることがあるのです。

ワタシの場合は、
郷愁ってのがいまいちしっくりコないんだってことが、
ちょっとわかりました。
老後に思い出して懐かしむのは、
イオンとかジャンカラだったりして

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.27

TATTOOとはまた別の…、

130828_2カラダに刺青を入れている人って、
けっこうたくさんおられるのだな…というのが最近の感想。
いまどきの若者のTATTOOじゃなくて、
65歳超の方で任侠映画で見るような…。
刺青は消えないけれど、
色は薄くなるんですね。
黒がブルー、赤がピンクになっている人もいます。
刺青をすることの是非はおいといて、
ワタシとしてはやはりデザイン的な作品として気持ちが引かれることがあります。
服を着ていたら、
ごく普通の(でもないか)の枯れた感じのおじいさんの腕、肩、背に、
鮮やかな作品があると、
やはりハッとします。
「うわぁそんな人だったの!」じゃなくて、
単にカーテンを開けたら景色がキレイだったみたいな…。
近ごろはロックアーティストさん、ダンサーさんをはじめ、
しゃれたTATTOOlをしているお兄さんやオネエさんを見ますが、
おじいさん達のソレとは迫力が違うなぁというのがワタシの感想です。
たとえ色がマイルドになっていようとも。

写真は刺青じゃないですよ、
落書きのような感じで壁に描いて(?)あったものです。
まわりに人がいなかったので、
じっくりと見せてもらって、
写真も撮らせてもらいました。
ちょっとドキッとする絵柄です。
こういうものに惹かれる遺伝子を持ってるみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.26

延着証明書もらった

130826月曜日の朝いちばん、
いつもより30分ほど早く家を出ました。
出社してから余裕の時間が欲しかったから。
なのに、
最寄り駅には人がいっぱい。
見ると案内板に、
電車が遅れていますの文、
アナウンスも繰り返されてました。
でも、
人がいっぱいいる割にはみんな静か。
どうなってるんだ、どーなるんだって感じがありませんでした。
ワタシはすぐにiPhoneで路線情報を確認。
人身事故があったこと、事故の時間、電車が止まっていた時間、動き出してからの時間、
そして現在の運行状況などなどが、
すぐにわかりました。
そーか、
みんなもスマホで情報を取ってるから落ち着いてるんだ…と納得。

程なく電車が来たので乗りましたが、
いつもより混んでいる状態で、
走っては停まり走っては停まり。
結局いつもより20分ほど遅れて難波駅に着きました
が、出勤にはまだ余裕の時刻。
もらった延着証明は50分。
一瞬「どっかでモーニングセットでも食べてくか」と思いましたが、
仕事たまってるし、
予定も入ってるので、
そのまま出勤しました。
遅刻もなし。
使いたいときに使えるのといいのにな、
この延着証明書。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.25

海辺で聴きたい曲by……、

20位 アイ・キャント・テル・ユー・ホワイ イーグルス
19位 コパカパーナ バリー・マニロウ
18位 イパネマの娘 アシュトラッド・ジルベルト
17位 マシュ・ケ・ナダ セルジオ・メンデス
16位 恋のバカンス ザ・ピーナッツ
15位 ジャンク ポール・マッカートニー
14位 ふたりのシーズン ゾンビーズ
13位 愛の航海 ヒューズ・コーポレーション
12位 白いサンゴ礁 ズー・ニー・ヴー
11位 プリーズ・レット・ミー・ワンダー ザ・ビーチボーイズ
10位 ディス・ガイズ・イン・ラブ・ウィズ・ユー ハープ・アルパート
9位 夕日が泣いている ザ・スパイダース
8位 ベイビー・カムバック プレイヤー
7位 思い出のサマーブリーズ シールズ&クロフツ
6位 悲しみのJODY (She Was Crying) 山下達郎
5位 マイ・エンジェル・ベイビー トビー・ボー
4位 太陽はもう輝かない ウオーカー・ブラザース
3位 ある日渚に 加山雄三
2位 恋にノータッチ(Never Gonna Fall in Love Again) エリック・カルメン
そして栄えある第一位は!
「この番組を聴いてくれている方にはもうわかっちゃってるかもしれません。生まれてこのかた僕がいちばん好きな曲でございます」ということで
1位 砂に消えた涙 ニーナ

「砂に消えた涙」、
イントロのギターが聴こえた瞬間に、
「あ、これ!」と思いました。
昨日のフォークナイト@マービンズで、
ダンディ今井が歌ってた!
「誰が歌ってた曲でしたっけ」
「弘田三枝子」
「僕は10年ほど前に竹内まりやのカバーで好きになったんです。元はアメリカ人かフランス人の歌じゃなかったか」
「そうそうアメリカ人かフランス人でした」
……なんて会話をしておられました。
そうだよ、ニーナの「砂に消えた涙」だよ。
ニーナとダンディ今井さんが、
ワタシの中でまったく繋がってなかった。
でも桑ぴょんとまりやさんは繋がってるねぇ。
ホントに桑ぴょん夫妻と山下夫妻は仲がいいんだなー。

日曜日の朝、
雨とカミナリで外出は取りやめ、
録音してあった7/27放送分の「やさしい夜遊び」、
「海辺で聴きたい曲ベストテンテン…のはずが20曲になっちゃった」を聴き始めたら、
素晴らしい選曲と楽しいトークで、
まるでワタシを元気づけるためみたいな内容で、
かなり楽しくなりました。
ありがと桑ぴょん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.24

コミュニケーションツールとしての音楽的生育歴

130824_3いつもより少なめの人数でスタートしたフォークナイト@マービンズ。
でも結局7組のそれぞれーな感じの演奏で、
とてもいい雰囲気でした。
コラボタイムもなかなかよかった。
そして珍しく、
なんとなく始まった音楽談義の時間がことのほか楽しかったです。
以前は終わってから時間を忘れて話すようなこともあったけど、
最近はあまり無かったから、
マスターと話したのも久しぶりみたいな気がしました。

そういやぁ、あの頃は俺達の時代をつくろう、なんて話を何時間でも語り合って飽きなかったな。そしてそんな時間こそ本当は俺達の、あぁ人生そのものだったな (俺たちの明日より)

趣味の世界で知り合った人と、
一歩踏み込んだ話ができる機会って、
無くなってるような気がするもんね。
ネットのオフ会とかくらい?
音楽的生育歴はコミュニケーションツールとして有効だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.23

about suicide

今回の自殺報道で、
自殺報道のルール」ってものがあることを知りました。
リンクをたどってしっかりしたソースを探して読みました。
なるほど、と納得しました。

ムスコは大学院時代(だったと思う)に、
「自殺」をテーマにした研究をしていました。
論文のタイトルは忘れましたが、
「誰にでも自殺をする可能性がある」というようなものだったと思います。
当時、
ワタシはその内容にどうもしっくりとせず、
ピンと来ていませんでした。
だって、
少なくとも、
「ワタシはゼッタイに自殺なんかしない」と思ってたから。
でも今回の自殺報道を目にしたとき、
なんかちょっとわかるような気がしたのですよね。
もちろん自殺はいけないし、
ワタシもしませんが、
それと、
する人の気持ちがわかるような気がするというのは別のことなので。

歳のせい、
あるいは経験値が増えたことによるのかもしれません。

今はまだ大丈夫だけど、
10数年後、
なにかがワタシの背中を押して、
ふっとそちらへ行ってしまう、
それが今のワタシにはとてもリアルにイメージできます。

揺れる心のままで何を言えると言うの?
ああ試される自分を愛想笑いにまぎらす
向き合えば切なく 振り返れば眩しく
ああ生きてゆくだけで ああ傷つけあうのは何故?  (絆(きづな)より)

バラードだから「いい声やなぁ」と思いながら聴くことはあっても、
この歌の詞がココロにグッと入ってくる日が来るなんてことも、
今までは想像できなかったなぁ。
そういう予想できない変化があるから、
例え凹むことがあっても、
とりあえずは明日とか未来とかに希望をもって、
しっかり生きていこうと、
今はやっぱりそう思ってる。
少なくとも今はちゃんとそう思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.22

嗚呼、Full of WonderなDays

デイオフでした。
駅前のショッピングセンターにカフェがオープンしたので行ってきました。
コーヒーが400円。
でもスイーツ、デザートは無し。
コーヒーだけで勝負というわけでもなさそう。
それほど美味しくはなかったし。
もったいないなぁ。
せっかくカフェなんだから、
ケーキとかパフェとかフラッペとか、
だしゃあいいのに。

がっかりしているワタシに店員(店長?)さんが、
「来週くらいにはクレープなどもお出しする予定です」って。
だったらすぐに出せるようにすればいいのに。

怒ってるわけじゃなくて、
もったいないと思ってるだけ。

帰りには、
本屋さんで自己啓発系の棚を立ち読みしまくりました。
なるほどなぁと思うフレーズがいくつかありました。
でもぜんぜん思い出せない。
1コだけ、
「英語のワンダフル=素晴らしいというのは『Full of Wonder』のこと。つまり『想定外』のこともあってのワンダフル」、というようなことが書いてありました。
確か曽野綾子さんの本だったと思います。
いやひょっとしたら心屋仁之助さんの本かな?
「Full of Wonder」、
バンド名にいいんじゃない?

あ、思い出してきた、
心屋さんの本に書いてあったのは、
「今はまだ途中」というような言葉だったんじゃないかな、
凹むことがあってもまだ次の段階がありますよ…というような。
そーいやそーだわな。
いいことも悪いことも、
それで終わりってことはない。
その次の段階へと続いてる。

高校野球、
藤圭子さん、
イチロー。
どのニュースもゴールのようでゴールじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.21

トマトジュース依存症

1308222朝起きたとき、
うちに帰ってきたとき、
シャワーのあと、
野菜ジュースがとってもおいしい。
1本では物足りなくて、
ついついもう1本となってしまう。

ついついお酒を飲み過ぎる人って、
こんな感じなんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.20

悲しみの…、

iPhoneで「悲しみのジェットプレーン」を探そうとして、
「悲しみの」まで入力すると、
「悲しみの果て」って出てくるから、
ん?と思って、
ついついそちらの動画を観てしまう。
その他それ系のオススメ動画をいくつか観てしまう。
いつの間にか電車が目的地に着いてしまう。
なかなか「悲しみのジェットプレーン」が観られない。

悲しみの果てには何があるんだろうなぁ。
きょうはそれが、
見えそうなところまで行ったように思う。
なかなかキパッとしないな。
減っていってる。
足していかないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.19

にゃんこピアス

130822ピントが合わなかった。

金と銀のにゃんこ。
身につけております。
ワタシの耳は髪の毛で隠れておりますから、
気づいてくれる人はおりませんけれどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.18

ハウライト

1308182_2Howliteという石なのだそうです。
どうしてHowか。
Dr.Howが見つけたからだって。

Dr.How…(^^)。

数種類数色用意されていたなかから、
色で選んで、
いただいたものなんだけど、
ネットで見たら、
不安をなくす、
身体の強化、

他者に対する望みや不満「 なぜ ~ してくれないのか 」などの自分勝手な怒りを鎮め、冷静さと洞察力を取り戻し「 すべてのできごとは自分自身の映し鏡である 」 「 自分が変えられるのは自分だけ 」といった霊的な気づきを促します。

また白色に象徴されるこの石の純粋さは、あなたの中にある無垢で清らかなエネルギーを強めるため、頭がパンクしそうなほどの過剰な精神活動をおちつかせ 私利私欲、計略や欲望など利己心を克服し、素直なこころをとり戻すことで守護霊との交信をサポートしてくれることでしょう。

なーんてあったので、
いいじゃん…と、
身に付けております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.17

「がん患者サービスステーション TODAY」

130817はい、きょうは乳ガン系の話題です。
関係者以外はスルーでヨロシク。

数ヶ月前から、
人知れず気にしていたことがあって、
どうも右と左の胸の高さというか位置がおかしくて、
大きさも違うよな……って。
ワタシの場合、
片っぽは完全に無くてニセモノなわけですが、
鏡を見るたびに「これって変よね」と。

たぶんワタシ意外の人は気づかないし、
気づいても触れないだろうし、
いや、胸じゃなくて話題にってことですけど
とにかく気になりだすとピッタリしたTシャツとかも避けるようになって、
こりゃどげんかせにゃいかんてことで、
意を決して、
心斎橋の「がん患者サービスステーション TODAY」に行ってきました。
抗がん剤で髪の毛が抜けたときのためのウイッグや、
乳ガンの手術をした人用のブラジャーとか、
他にもいろいろ売ってるお店です。
がん患者と言っても、
お客様はたぶん女性だけでしょう。
完全予約制で、
マンツーマンで対応してくださる落ち着きのある空間でした。

ワタシの目的はブラジャーとパットということで、
説明を受けながらいろいろ試させてもらいました。
さて、
「乳ガン、ブラジャー」などで検索をした結果で、こちらへおいでになったアナタに、
ワタシから提案させていただくとすれば、
やっぱりキチンと試着とか、
いろいろな種類を試すとか、
やってみるべきだと思いますですよ。
スポンジやらタオルやらで代用している人も、
ワタシみたいにネットでとりあえずそれっぽいものを買って間に合わせている人も、
一度は試してみるといいと思います。

値段的にもブラジャーがだいたい4千円~5千円、
高いので1万円ちょっとくらい。
パットにいたっては300円から5万円って、
どんだけ~ってくらいの選択肢がありますよ。
それらをアレコレ組み合わせて、
途中でわけがわからなくなりましたが、
とりあえずはと手を打って、
そのまんま身につけて帰ってきました。
うっふっふー。

とてもいい感じの女性が丁寧に対応してくださるし、
飲み物を頂いたり、
冷たいおしぼりティッシュも用意してくださっていたりと、
また追加で買いに行きたいなと思うお店だったことが、
単純にウレシカッタです。
対応してくださった方も乳ガン手術の経験者で、
よくわかっておられて、
話が早い、
きめも細かい。

さ、これでこれから、
またピッタリサイズのTシャツとか着られるかな。
もし着てたら、
変じゃないかどうかじっくり見ておくれ。

写真は、
「TODAY」があるビルの向かいのビル。
スゴイなと思って撮りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.16

プライベート用名刺作成。

130818_3仕事で、
久しぶりにラベルなんてものを作ったりしたものだから、
ちょっと思い立って、
プライベート用の名刺を作りました。
最近、
黄色とブルーのバッグを持ったり、
ピンクのTシャツを来ていたり、
あのキラキラ時計を買ったりしているワタシを見て母が、
「今のあんたはそういうことなんよ」と言っておりましたが、
それはけっこう当たっていて、
このたび名刺にもピンク系の色を使っております。
無意識にやっていることですが、
華やかなモノを身につけて気分を盛りたてているのだということらしいです。

テンプレートをアレンジしただけで、
書体を2種類使ったりしてて、
ダサいけどいいんです。
それに、
こういうもの作ったりしてると、
気分があがってきていいもんですね。


手作り雑貨とか作ってネットで販売して食べていけたりしないかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.15

きょうはデイオフ。

1308irukaこのままハスキーでジャジーな声になって、
これまで歌ってきたように歌えるようになったらいいなと思っていたのに、
声質は元に戻りつつあるけれど、
声が出ないというまったく望ましくない方向に進んでいてツマラナイです。

さらにこの暑い日々のなか、
自転車での外回りが続いているので、
体力的にキツく、
それが気力にも悪影響を及ぼしている気がします。
この暑ささえもう少しマシだったらな…と、
暑さ寒さには比較的強いはずのワタシが、
まじ参っています。

そんなだからか、
ココロの元気が今ひとつ出ません。
でも、まったく元気がないわけではなく、
今ひとつって感じなので、
今はあまり無理せず、
目の前の1コを片付けます。

陽気なる逃亡者たる君へ言う 疲れた時には孤独になれ

時を越えゆくために休め
静寂の部屋に籠もりいて
もう一度出かけてゆく
  「クレッシェンド・デミネンド -陽気なる逃亡者たる君へ-」より

写真は、
難波WALKのパン屋さんで見つけたパン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

ファンキー、釜の夏祭り!

1308141_28/13~8/15まで開催の「釜ヶ崎夏祭り」。
昨日は病人状態で帰宅部だったので、
きょうは仕事を終えてからちょっと覗いてみました。
ホントは、お祭ってどちらかってーと苦手なんだけど。

19時頃着いたら、
公園のなかはすっごい人。
ステージには中川五郎さんバンド。
ベース弾いてるのはこないだのキムラさんだ。
それにしてもすごい人、
後ろの方へ行くと美味しそうなお店が並んでました。
焼きそば 150円、チヂミ 50円、ゲソ焼き 50円…。
ワタシは一銭焼き 50円をチョイス。

ステージは変わって「SHINGO☆西成」、
噂には聞いてたけど見るのは初めて。
よかった、面白かった、カッコよかった。
それにしてもすごい盛り上がり。
1308142ウロウロしてたら、
さっきまで長蛇の列やったカレーのテントが空いてたから、
「カレーください、少なめで」。
100円。
でもなんかの会員の人は無料なんやて。
それでかなさっきの行列は。
片手で写真撮ったらピントが合わなかったけど、
みたらシュールなおじさんがおんなじカレー食べてるのが映り込んでるからuse。

盆踊りには参加せず、
公園をあとにし、
居酒屋はなさんでの中川五郎さんライブを、
店の外から見学。
なかなかファンキーなアフターワークでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.13

この夏はこの時計で、

130811tokei久しぶりに腕時計を買いました。
いつもしているお気に入りは、
10気圧防水でソーラー電池の電波時計。
1秒足りとも狂わないし、バイクで雨の日でも安心、
入浴介助(最近することなくなったけど)もオッケーな一品。
だから他の時計に目移りすることなく数年しているのだけれど、
パチもん屋さんみたいな店で見つけたこの時計、
文字盤のフチがブルーからグリーンにと見る角度によってキラキラ変わるのです。
モルジブだかタヒチだか知らんけど、
そういう海の色?
見てるだけで癒される。

仕事中にブレスレットをジャラジャラさせるのはイマイチだけど、
この時計なら楽しいな…と一旦は衝動買いを我慢して1週間。
やっぱり欲しくて買いました。
ところが、
買ったその日にベルト部分が壊れてしまって…
お店に持って行ったら同じ物は無いので、
返品返金で対応とは言われました。
うーん、せっかく気に入ったのになと、
「じゃ、修理してくれるところ探してみます」と持ち帰って、
時計屋さんやらホームセンターに行ってみたけど修理不可。
だいたい時計屋さん自体がなかなか無い昨今。
ネットで修理ができる時計屋さんを探したら、
意外にも地元のすぐ近くにあったので持って行ったら、
2日ほどで治って戻ってきました。
「華奢な作りだから壊れやすいと思うので気をつけてください」ってさ。
修理代は630円、
職人さんに拍手~。

この夏はこれをして乗り切ろうと思っています。
ただこの時計、
文字盤がとっても見にくくて、
時間はよくわからないんだけどね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.12

破壊神だぜ。

Images_2Facebookでひとみさんが面白そうなことやってたのでワタシもやってみました。
ワタシ、
あの「診断メーカー」系はいまいち楽しめないんだけど、
この「通り名メーカー」ってやつは違うみたいだったし。

ひとみさんは「スキャンダルひとみ」って
いいよね。
で、ワタシは「破壊神いおり」。
あはは~。
けっこう気に入りました。
「♪破壊されるんだよ、ダメなものはぜんぶ!」って叫びたい。
それになんてったって「ネ申!」ですからね。

最近、
プライベー度で「名刺もらえますか」っていわれること多いから、
これで名刺、作っちゃおうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.11

24時間スーパーが近所に。

うちからバイクですぐのところに、
カインズホームと、
24hスーパーの「ラ・ムー」がオープンしたので行ってきました。
結局何も買わずに帰ってきたけど、
24h開いてる店が近所にできたってのはウレシ楽しいぞ。
災害時には、
まずここへ来ればいいな…などと思ってました。
そのときのために、
5千円くらいの現金は常に持ち出せるようにしておこう。
これでうちの災害対策はバッチリだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.10

調子が悪いときこそ!

Photo_25声は2オクターブ出るようになってきました。
昨日は1オクターブできょうが2オクターブやねんから、
明日3オクターブ出る?
出ませんね、はい。

今里駅徒歩1分のザットフォーで、
ジャズ・ヴォーカルの先生のライブがあったので行きました。

いつ行っても、
「1曲、歌ってよ!」と言ってくださる温かいお店なので、
いつもなら一応楽譜を何枚か持って行くのですが、
きょうはこの声だし、
さすがに「歌って」とは言われないだろうと、
譜面は持たずに行きました。
ところが先生は、
「そんな時こそ歌わなあかん!」と意外な反応。
いわく、
「ステージが入ってたら、『きょうは声が出ないので…』なんて言うてられへんでしょ。どんなコンディションのときでも歌えるようにしとかな! 調子が悪いときこそ、どうやったら歌えるか練習するチャンスやん。ノドに力を入れずにお腹から声を出したら歌えるから!」って。

ワタシ、
別にプロでもなんでもないのに、
すっかりその気になりました。
そういえば、
桑ぴょんも今ごろは日産スタジアムで7万人の観衆を前に、
20曲以上歌ってる。
そら「風邪で声が出ないので」なんて言うてられへん。
そういう雲の上の話とジブンの状況が、
チョクで繋がる不思議な思考傾向。

譜面、持ってきたらよかったと思ったけど、
バンドの方から、
「キーを言ってもらったらいいから」と言われてしまって…。
歌詞を見ずに歌える数少ない曲から2曲歌いました。
案の定、
無音部分があるわ、
裏がえりもあるわでベストとは行かなかったけど、
「ほら、歌えたやん」と先生に言われてウレシかったです。

実際、
7~8曲×3ステージ歌う先生は、
鼻炎がひどいとかでステージ以外の時間はグズグズの喋り声。
そんなんで歌えるんですかって感じだったのに、
ライブではパワー全開。
なるほどなぁと、
ちょっと新しい扉を開いたような感じ。

大丈夫!
心配せんでも無茶はしないから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.09

竹シーツはじめました。

130811声はなんとか1オクターブ出せるようになってきました。
まだガラガラですが。

そんなことより暑いです。
夜になっても温度が下がらないので、
竹シーツを出しました。
もっと早く出せばよかった。
熱があった夜もこれ敷けばもうちょっと楽だったかも。
花火もそうめんも海水浴も無縁な我が家の、
というかワタシの夏の風物詩です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.08

緊急地震速報を受信したときのこと

あの「緊急地震速報」を、
ワタシは西成区役所の1階のソファーで受信しました。
確か、
「大阪市西成区 震度6強の地震がきます。震源地は奈良」みたいな。

え???のあと、
落ち着け落ち着け…と思って上を見たら(地震のときって上、見るよね)、
吹き抜け部分にガラスが見えたから、
そそそって壁際に行きました。
そこにはトイレがあったから、
入った方が安全かなと思ったけど、
ん?揺れてる?揺れて…ないよね…とまわりを見渡すと、
区役所の職員も、
区役所に来ている人たちも、
キョロキョロしてるだけ。
誰も何もできない。
キョロキョロしてるだけ。

ワタシは奈良の実家に電話をしました。
震源地奈良ってマジかいなと。
はたして、
ケータイも家電話もコール無しの無音。
え、もう電話線がズタズタになってる?
え? え?って、
何度もかけ直すうち10分ほど経ち、
やっと聞こえてきた、
「ただいま電話が大変混み合っております」のアナウンス。
さらにその5分くらいあとでケータイが繋がり、
母ののんきな「なに?」という声が聞けました。
よかった、生きてた。

「大丈夫? 地震来た?」と言っても、
「地震? いやぜんぜん」の答え。
そのころには、
区役所でも「どうやら何も無さそうだ」という空気が流れていて、
なんだったんだろうの答えは得られないまま自転車で事務所に戻りました。

まぁどういうことだったのかは、
夜のニュースで知りましたが、
そんなことより、
もしホントに大きな地震が来ても、
なんにもできないし、
なんの備えも無かったってこと。
これを機会に、
何か揃えておくべき?
なにをやっておけばいいのかとか、
誰かきちんとアドバイスしてはくれまいか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.07

「天上の青」という名前のアサガオ

130809アサガオのタネを蒔く季節を、
また逃してしまいました。
夏休みに入る前に蒔かなきゃゃいけないんでしょ、たぶん。
それともまだ間に合いますか?
写真は、
長野県茅野市に住んでいたI見さんが数年前に送ってくれた、
アサガオの種です。
確かワタシがブログで、
「天上の青というアサガオの種がほしい」と書いたのに、
応えてくださったんだったと思います。
「天上の青」は曽野綾子さんの小説のタイトルでもあります。
ワタシにとってとても思い出深い小説です。
最初に読んだのはいつだったのか、
10代になったムスコに勧めたところ彼も強く惹かれ、
何度も読んだようです。
だからうちにある文庫本はボロボロです。
その「天上の青」に出てくるアサガオの品種名が「天上の青」、
英語ではヘヴンリー・ブルー。

写真では数粒の種ですが、
実際には百粒くらい送ってくださってきていました。
実は7月頃この種を、
ほしい人がいたらあげようと思って、
小さな袋に小分けにしてバッグに入れて持ち歩いていたのですが、
渡しそびれて結局すべてうちに残っています。
そのI見さんが今年の春に亡くなっていたと、
先日、共通の友人が教えてくれました。
病気がちであったことは知っていましたが、
まさか亡くなっていたとは思いもよらず驚きました。

母にも種はあげたのですが、
たぶん蒔いてないだろーなぁ。
今からでも、
庭にパラパラッと蒔いておけば咲くやろか。
うちには庭がないので、
マンションの植木スペースとか、
よその家においてある、
アサガオの植木鉢に勝手に蒔いちゃうとかいうのはどうやろか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.06

歌えないけど練習~。

練習の日でした~。
声はまだ出ないし、
咳き込むこともあるんだけど、
とりあえず曲を決めないと。

それにしても、
3曲だけだとはいえ、
毎回違う曲やってるって、
スゴイというかムボウというか…。
まぁいい、
振り返るにはまだ早い。
とにかく次に集中集中コンセントレイト。
結果的に思いもかけない曲を選んじゃったしな。

ミキオさんがステージ右で、
アコースティックギターをジャカジャカと、
曲の最初から最後まで正確に刻んでいた場面が、
ワタシには印象的な曲です。
今回練習期間がいつにまして少ないけど、
行けるところまで行こう。
最後まで行けなさそうだったら、
曲を変えよう

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013.08.05

立ち飲み屋さんのライブ

Photo_24昨日は、
予告どおり、
1週間前の「たくきさん トーク&ライブ」の打ち上げに行った時に誘われた、
西成区の立ち飲み屋さん「難波屋」さんのライブに行ってきました。
初めてのお店だったから、
iPhoneに教えてもらいながら行きましたが、
着いてみたら、
いつも自転車で突っ走っている場所にありました。
西成警察のすぐ近く、
いわゆる“ディープ”なゾーンとでも言いましょうか。
外から見たら普通の立ち飲み屋さん、
その奥にちゃんとしたライブスペースがありました。

すでに始まっていたライブ、
けっこうお客さんが座ってて盛況でした。
なぜか、
「あー、ここで歌ってみたいな~」と思いました。
そんなこと思ったの初めてです。
もし声の調子が悪くなってなければ、
歌わせてもらえていたかもしれないと思うと残念です。
…って、そんなこと思ったのも初めて。
不思議なもんや。

声はぜんぜん声にならず、
歌えないどころか、
賑やかなお店のなかでカウンターの中にいるお兄さんに「ウーロン茶!」と言っても届かず。
ゴキゲンな弾き語りを聴かせてくれたまきさん(写真参照)に、
「イエーーイ!」と叫ぼうとしても声にならず、
不便なことでした。
まきさんは、
出ない声で叫んでいるワタシを見かねて、
代わりに「ウーロン茶!」と言ってくれた優しい人でもありました。
1曲だけの「どぶ」のインパクトすごったなぁ。
写真左に写っているオネエさんをはじめ、
サビではおおウケ。
ええもんみせてもらいました。

楽しかったけど、
病み上がりだし、
早めに帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.04

とうとう声が……、

130803♪朝起きたら~ノドの調子が変わってました~♪
カスカスの声からガッラガラになって、
とうとう今朝はほぼ無音
不思議なくらいノドの痛みなどはぜんぜん無いので、
1人で家にいるぶんには何の問題もないのですが、
困ったのが電話です。
母にかけても「だれ!だれ!」と言われるし
着信みたらワタシの名前が出てるでしょーが。

なんとか囁くような声で必死に話すワタシに、
母は怒鳴るような声で「えー? えー?」って、も~。

もうハスキーたらなんたら言うてられるレベルではなくなっております。
きょうは夕方から、
先週の西成の打ち上げで声をかけていただいたので、
また違う立ち飲み屋さんのライブとやらに行くつもりでしたが、
さすがに歌える状態ではありませんわ。
でも行くけどね。
楽しくなりそうやから。

こういうとき、
分別くさく止める家族がいないって、
ほんとラク。

ついでにiPadでも買ってこよかな、な~んて、
……それは状況が許してくれない。

写真は、
最近気に入ってる、
オリープオイルで揚げたポテチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.03

♪やさしさに包まれて

Image_1_2夕方くらいまでは掠れながらも何とか出ていた声が、
変に気合入れて練習しちゃったせいか、
本番では完全にガッラガラ声になっておりました。
やめときゃよかったねぇ。
でも、
ちょっとハスキーな声が嬉しくてむしろはしゃいで歌ってしまった。
もともとジブンの声がヤでしょうがないものだから、
声が変わるとそれだけで調子に乗ってしまう。

一方で、
最近チラチラと声を褒めてくださる方がいる。
歌がうまいとか、
ギターが上手になったとかまで言ってくださる方がいる。
カワイイとかキレイとかカッコイイとか言われることもある。
みんなやさしい。
みんなのやさしさにに支えられてる。

昨日だっけ、
西成の打ち上げでのワタシの動画を、
たくきさんがFacebookにアップしてくれはったので、
恥ずかしながらShareしました。
譜面もなしにイキナリやっちゃったのでトチりまくりだけど、
お店のいい雰囲気も一緒に映ってていい感じの動画だし、
ワタシ自身、
まったく緊張することなく歌ってるし。
初めての人たちに囲まれて、
初めての場所だったのにね。

「イイネ」してくれた人、
コメントくれた人もいて嬉しかった。
反対に、
動画観たのに「イイネ」しなかった奴もいる?
怒らないから名乗り出るように。

ジョン・レノンもクラプトンも、
ジブンの声が嫌いでコンプレックスになっていたということが、
ワタシを勇気づけます。
腹話術の本には「パ行はできません」と書いてあるのに、
練習しているうちにできるようになったといういっこく堂さんのエピソードに、
励まされます。
そのぶん、
あきらめが悪いとか、
ふろしきを広げ過ぎるとかいう弊害もありますけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.02

心機一転というほどでもないけど、

事務所の引越し日に休んでしまったので、
きょう出勤しようとしたものの場所がわからず
「あれ、確かこの辺だって聞いてたのにな」と探しても見つからず、
いつも早めに出勤している同僚君に電話して迎えに出てもらってやっとたどり着きました。
かなり広くなったオフィスの、
ちょっと落ち着かない位置にですが、
ちゃんとワタシのデスクがありました。

ただ、
さっきの電話の時わかったんだけど、
声がカスカス。
喋ると咳き込むし。
でもまぁ他はなんとかダイジョブだぁ。
それに明日あさっては土日だし!

発熱した日は解熱剤しかもらえてなかったので、
病院にも行ってきました。
熱がさがって声枯れと咳だけが症状と伝えると、
「自力で治したってことですね」って、
まぁそういうことになりますか。

喉の粘膜保護やら咳止めやら処方してもらったから、
明日のセッションもダイジョブだろ。
新ネタおろす予定だからな、
がんばらねえど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.01

「第三の男」という映画

というわけで
本日、
仕事は病欠でございます。
昨夜、
解熱剤を飲んで朝までグッスリ寝られたからか、
起床時には37度代に下がっていたけれど、
仕事ができる状態ではなかったし、
ましてきょうは引越しやからね。
気を遣わせて邪魔しに行ってもしょうがない。
下がったとはいえまだ熱もあるからと、
休養することにいたしました。

で、
前から観たかった「第三の男」を鑑賞。
引きこまれてました。

なんで観たくなったかと言いますと、
まずはもう15年ほど前のこと、
ワタシとムスコが何かとお世話になった大阪のI藤さんて方がおられて、
ワタシ達2人を天保山の観覧車に乗せてくださったことがあったんですね。
ムスコが15歳くらいのときです。
そのときにちらっと、
観覧車と「第三の男」の話をされていたということがありました。

次の場面は、
先日、
甲府の友人と大阪のホテルから夜景を見ながら話していたときのこと。
向こうの方にライトアップされたその観覧車が見えたから、
I藤さんのこともよく知っている彼に、
その時の話をしたのです。
すると、
「僕、あの『第三の男』の観覧車の現物を見に行きましたよ」というすごい展開。
へー、それほどまでに人を魅了する映画なのか…と。

で、その次は、
ハピエレの練習中のとき。
古い映画にとっても詳しいC鳥さんに、
「第三の男」って観たことある?って聞いてみたら、
「何べんも観た!」って言って、
ネタバレにならないように気をつけながらいろいろ教えてくれたのさ。

もうこりゃ観るっきゃないって思ったけど、
なかなか映画1本を観る時間がとれないまま遊んでばっかりで。
だからきょう休むことになったときから、
きょう観るモードに設定して、
TSUTAYAに行って借りてきて観たのです。
リアリティにキャッチするのが下手くそなワタシでも、
充分にドキドキさせてもらえました。
スゴかったわ。

で、今は、
ゼッタイきょう観るからと思って、
当日返却で借りてきたけど、
すっごい雨とカミナリにビビって返しに行けずにいるところです。
まだ熱もあるんやし、
50円しか変わらへんのやから、
7泊8日で借りてきたらよかったのに、
どーでもいいとこで節約してアホなことになるってこと、
けっこうあるんよね。
めんどくせえよぅ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »