« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013.11.30

初の池田からの~EARTH

初めて阪急の池田に行きました。
目的は、
エレ部の忘年会…のようなもの。
もちろん全員あるバンドの熱狂的ファンであります。
ヘルペスも快方にむかっているってことで、
期待値、大!で参加いたしました。
美味しいものを食べながら、
みんなでライブDVDをみたりなんかして、
まぁ盛り上がること、盛り上がること。

音響も意外とイイ部屋(池田駅前店)で、
あらためて先日発売されたニューシングルの初回限定盤に付いている、
日比谷野音からの9曲DVDのスゴイ演奏に圧倒されました。
さすがライブバンド!
CDやテレビとは伝わってくるものがぜんぜん違います。
これがなかなか世間に届かない。
でもそれはしょうがない。
ワタシはとりあえず、
ワタシに届いていることを喜ぼう。
この日集まった乙女らには伝わっている、
それを祝しあおう。

終了後は、
動物園前のEARTHに移動して釜凹バンドのライブで3曲。
ギターのチューニングが狂ったまま強引に最後まで歌いました
「センチメンタル・ジャーニー」
「いいじゃないの」
「釜ヶ崎の空の下」

職場の人が2人見に来てくれました。
社長には内緒よって。
いつもと違う緊張感がありました。

その終了後には、
新世界の串かつ屋さんへ。
新世界にはたっくさんの串かつ屋さんがありますが、
よく知っている人の案内だったので、
とても静かで美味しくて安いお店でした。
ここでもけっこう盛り上がり。
久しぶりに盛り沢山な一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.29

「ら」でのひととき

個人的な用事(笑)で、
仕事帰りに「ら」に行く予定にしてたので仕事帰りにゴー。
今夜のライブは、
弾き語りトモダチのZOROさん。
そのオトモダチでピアノ弾き語りの石山さん。
石山さんのライブはJAZZ、歌謡曲、フォークと色とりどり。
終わってからお願いして、
譜面が入ってるrファイルを見せてもらいました。
懐かしい曲がイッパイ入っていたので、
今度はマスターに「ちょっとギター貸してね」とお願いして、
弾けそうな曲をポロポロと。
ライブ予定もあるので選曲も兼ねて。
たとえば「赤い風船」「シルエットロマンス」「別れの朝」。
普段はなかなか練習できないワタシだけれど、
「ら」に行くと、
こういう時間にけっこう長い時間ギターを触っていたりします。
ある意味、
ワタシにとっていちばん楽しくてシアワセな時間。

歌っていると、
「その曲、合ってる」とか、
「いい感じ!」と言ってもらえたりして、
ずっとこうしていたいな~…と思うけど、
電車の時間はしっかり気にして、
いつもきちんと帰宅の真面目女子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.28

ビバ!モバイルバッテリー

131202iPhoneのバッテリー消耗があまりにも激しく、
いつも充電のことを気にしているようなことになっていたので、
モバイルバッテリーを買いました。
どれにしようかと探し始めたときは、
できるだけ軽いのを…とおもっていましたが、
最終的にはバッテリー容量が大きいものを選びました。
iPhoneフル充電3~4回は余裕でできるタイプです。
まぁこれのお陰で、
ホントに気がラクです。
ラクになってみて、
今までどれほど電池残量を気にしていたかがわかった感じもしています。
だって音楽もメールも電話も止まると困るし。
スマホ依存と言われればそうかもしれん。

iPhoneだけでなく、
会社の携帯もICレコーダーも充電できるので、
スッカリ余裕のよっちゃんになってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.27

劇的に効いた、レルパックス

12/6にギター&ヴォーカルのMaybeさんとエレキベースの本多さんのユニットであるMellowsさんとご一緒するということで、
「1曲コラボしませんか?」と声をかけ、
メールのやりとりで曲を決めたので、
「一度くらいは練習しときましょう」ということで、
今夜行ってきました。
ヘルペスのほうは昨日よりちょっとマシ…な程度。
でも朝から家でゆっくり過ごしたのでだいぶマシ…な感じ。

選んだコラボ曲は、
やってみるとけっこう難しい。
ギターなんてワタシぜんぜんムリ!
だけどまぁやるだけやるさ。
もっと簡単にハモれるかと思ってたけど、
けっこうムズい!
読みが甘かったな…と気付き始めたころ、
例の偏頭痛の前兆が始まってしまって。

ヘルペスに加えて偏頭痛かいな!と思ったけど、
練習している最中だしと、
今回はレルパックスを痛みが来そうなギリギリまで待って服用。
いつもならアタマを冷やして暗い所でジッとしてるところだけれど、
それもできないので、
クスリの力を信じて普通に過ごしていたら、
なんと痛みも吐き気も無し。
症状が出ないまま収まりました。

すごいんだなレルパックス。
処方した先生の「劇的に効くはず」という言葉は本当でした。

ひょっとしたら今回たまたまかもしれんけど、
たぶんもう大丈夫なんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.26

母は歯、はははは。

土曜日あたりから、
歯茎の腫れからの発熱で調子が悪かった母にヘルペスの報告をするために電話をしたら、
あれから熱がさがらず、
大きな病院に行って手術もして大変だったとのこと。

日にちクスリだから、
だんだん良くなってきているとのことで、
とりあえずお互いいろいろあるけど…と、
無事を喜び合いました。

ヘルペスのほうは、
この日が痛みのピークでした。(1週間後に書いているので断言できる)
右の上半身、
アタマも、口の中も含めてビキビキ痛い。
…ということで、
明日(水曜日)は有給をとって仕事をやすむことにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.25

阿倍野ヘルペス

仕事の途中で皮膚科に行ってきました。
だんだん痛みがキツくなってきたもんだから。
やっぱり帯状疱疹…ヘルペス…。
阿倍野区民センターの発表会の次の日に発症ということで、
阿倍野ヘルペス

先生は、
何度も何度も繰り返してきた言葉だからか、
目も合わさずに棒読みで、
病状の説明、原因、治療、クスリ、注意点などについて淡々と。
痛みは数日から数カ月、
原因は疲れあるいはストレス、
治療は塗り薬と飲み薬で、
あとは安静に。
てな内容でした。

「先生、アタマも痛いんですけど…」
「神経は繋がってますから」

あーそーですか。

痛い、とにかく痛い。
クスリがね、
1週間分で7千円。
診察費と合わせてアルプス1万弱。
イタすぎる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.24

虚弱なワタシ

きょうは体調崩してダウンしてました。
ある意味わかりやすいというか、
根性なしというか…(´・ω・`)ショボン。
気づくと首のまわりと肩と上腕に湿疹のカタマリができてます。
痛みもあり。
コレって帯状疱疹ってやつやないんかいな。
しんどいのはコレのせいか?

明日、
ひどくなるようやったらお医者さんに行ってくる。
おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.23

発表会おわた。

131123いろいろとお騒がせしておりました、
発表会の日でした。
写真はFacebookでいろいろあげたので、
こちらではiPhoneに不慣れな人にお願いして撮ってもらったステージ写真で雰囲気だけ。
1曲目「Nigjt And Day」はドレス、
2曲目「New York State Of Mind」はパンツスタイルにしました。
いろいろと気負いもあって大変だったけど、
このために歌詞を覚えてキチンと歌うための練習をして…ってのは、
やはりいい経験になったと思います。

でもここんところ、
ずっとおんなじ曲ばっかり歌ってたし、
お金もイッパイ使っっちゃったから、
発表会が終わったら、
当分こっち系はお休みしようと思っていたキモチは、
消えましたね
ステージで歌ったことや、
他の人たちの曲を聴いたりしたことで、
また欲が出てきてるっつーか。
昔、占い師さんに言われたように、
2足のワラジの方が安定するタイプなのかもしれません。

終わってからは、
マービンズのFolk Nightへ。
着いたら思いがけずド迫力のJAZZピアノ演奏が始まって脳がついていけませんでした。

ハッピーエレファンツは、
「何も無き一夜」
「ボーイハント」
「柳の木の下で」の3曲。

バラバラのジャンルの選曲が笑えます。
ただやりたくてやれそうな曲を選んでるだけなんだけどね。
今回はギターを千鳥さんに任せて、
ワタシは歌だけでした
終わってからのリラックスタイム、
かっさんのギブソン(高級品)を弾かせてもらいました。
かっさんは28歳、
ローンを組んでジブンで買ったそうです。
ワタシが「買っても、よう弾かんしな」と言ったら、
「買ったら弾くようになりますよ」ってさ。
「そ~お?」って返事はしたけど、
買わへん買わへん。
それよりも、
練習して、
そろそろストロークだけの世界から、
一歩先へ行きたいと思っています。
歌もギターも、
練習は続くよどこまでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.22

高級焼き肉の夜

職場の歓送迎会でした。
久しぶりにオイシイお肉をたくさん食べました。
でもまあ、だからどうってこともなく。
ワタシ的にはサラダとソフトクリームの方が嬉しかったです。
今回は飲むつもりだったので、
バイクに乗らずに出勤してたんだけど、
結局ジュースとウーロン茶で終わりました。
おとなしくしてたつもりです。
二次会も行かずに帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.21

現職場で初の有給消化

このままではムリ!と、
内なる声が聴こえたので、
この木曜日には予定を入れないようにして有給で休む日としてました。
新譜をかけながらお洗濯2回、
限定版に付いているライブDVDをガン見。
これぞエレカシ。
CDだけではなかなか伝わらない。
ハマる人は大抵、
ライブかYoutubeで引きずり込まれているように思います。
今回の新曲なんて、
ワタシもまだ、
どうにか慣れてきたという状態。
でもこれがまたどこかのライブできっと化けるのよね、曲が。

午後からは、
実家の用事、発表会の服の準備、銀行、郵便局など、
平日の休みを有意義にテキパキ。
やっぱりドレスを着ることにしてアイロン。
靴とアクセサリー選び。
化粧品もいつもとは違うものを揃えておきました。
実家の用事もできたので母も落ち着いたし、
ワタシも一段落。

夜になってからは、
ダメ押しで近所のお店「2nd」のセッションへ。
2曲うたってチャッチャと帰るつもりが、
札幌から学会の用事で奈良へ来たついでに来たという、
23歳ボーイのピアノが超絶で、
セッションはどんどんゴキゲン状態に。
こうなると歌の伴奏なんかよりソロ合戦を楽しませてもらうほうが俄然楽しい。
ってことでまたえらく遅い帰宅になってしまった。
今月、お金もかかってるよなぁ…なーんて反省は、
来週からすることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.20

練習と新譜

ハピエレの練習日でした。
が、どうしても仕事を早く終えることができず、
開始時間が遅れがちに。
さらに2人とも大事な曲の譜面を「あれ? ない!」というテイタラク。
いかんいかん。
ただ次の土曜日はワタシが阿部野で開催の発表会から直行ってことで、
ギターはC鳥さんにお任せすることを決定し、
かなり気が楽になりました。
ついいろいろ喋ったりしているうち遅めの電車に乗って帰宅…の前に、
コンビニ受け取りでエレの新譜をゲット。
「24時間スーパー」にも寄って、
真夜中の帰宅。
翌日が有給ならではの動きです。
新譜もamazonの箱を開けずに寝るという余裕の対応でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.19

3週連続、倶楽部Zのセッション

毎週火曜日に開催されている、
倶楽部Z のセッションに行きました。
今回で3週連続の参加です。
発表会は今週末の土曜日なので、
最後の練習になるかと。

Facebookのつぶやきをみて、
近くで飲んでたM上さんが来てくれて、
締めのジョージアで圧巻の歌声を聴かせてくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.18

エレの朝

今朝の「スッキリ!」にエレカシがナマ出演ってことで、
TwitterのTLに一陣の風が吹きました。
なんせ民放の朝ワイドにナマですものね。
ワタシは録画組、
昼休みに皆んなの書き込みで“無事に”終わったことを知り胸をなでおろし、
いろいろな実況にニマニマしていました。

そして早めの帰宅後、
さっき見ました。
ホントにツッコミどころ満載。
演奏はなかったけど、
いいプロモーションだったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.17

「うたのありか」@磔磔

夕方から久しぶりの京都に向かい、
中川敬(ソウルフラワーユニオン)&リクオ、ゲスト長枝政広(カーネーション)のライブを見ました。
「うたのありか」と名付けられたツアーで、
確かに歌や音楽の楽しさを堪能できるライブでした。

ワタシはファン歴が浅くて、
まだソウル・フラワーのライブは見たことないんだけど、
中川さんの弾き語りは今回で3回目。
最初に聴いたのが弾き語りのCDやったということが大きいのかな。
いちばん聴きたかった「踊れ!踊らされる前に」が1曲目で、
もう帰ってもいいわと思うくらい嬉しかったです。
弾き語りで歌われるあの曲がすごく好き。
でもCDはバンドバージョンしかないからね。
もちろん帰ることなく最後までおりました。

ワタシは3回目で、
しかもそれしか見たことがないという珍しい入り方をしているファンなのだと思います。
だって皆んな中川さんが弾き語りをすることをすっごくイジるの。
本人も自虐的に語るの。
昔はゼッタイやりたくないと思ってたとかも言ってた。
だけどどうみたってすごく楽しそう。
中川さんもそう言うてた。
「バンドじゃ、こうはいかん」と言って、
演る曲をその場で決めたり、
1番だけ歌ってやめたり、
「自由やねん!」てさ。

リクオさんのピアノ&歌&お喋りも底抜けにひたすら楽しい。
カーネーションの直枝さんは渋カワイイ感じで、
演奏が始まると凄カッコイイ。
特にワタシはギターをガン見してました。
3人のコーラスもステキやった。
「満月の夕」も3人の声がキレイに絡み合って鳥肌モン。

あっという間の3時間でした。


--------------------
なんか最近、
語彙が乏しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.16

釜凹バンドday in ら

2度めなので、
ちょっと余裕の参加でした。
ここんところJAZZセッションでの緊張が続いていたからか、
なんだか思いっきり楽しめました。
ジブンで用意した曲を数曲、
その他にいったい何曲やったんでしょうね。
笑っちゃうのは、
ギター担当がワタシだったこと。
途中でふらっと入ってきたお客さんが、
いろいろリクエストして、
またそれに必死で応えるという
「恋人もいないのに」だっけ、
誰かギター!って声はあったけど、
ワタシが弾くコタないと思って食べてたら、
弾こうとしたSさんが「俺、G7わからへん」って。
えーー、どっかで聞いたことあるセリフやん。
ギター弾けてもG7知らない人って多いの?
なわけないね。

「G7くらいやったら知ってる」という、
おそろしくレベルの低い会話の結果、
ワタシが弾くことに。
以後、簡単なコードの曲が続いたのでそのまま伴奏担当。
マスターから、
「今夜のギター担当はいおりちゃんか( ^ω^ )」って、
そら笑うとこやわね。
「あの素晴らしい愛を~」のリクエストには応えられなかったから、
代わりに「真夜中のギター」を弾いて、
なずなちゃんの歌にハモりました。
やっぱりどこででもウケる名曲。
マスターの歌もよかったなぁ。

終了後、
皆んなが次々と帰ったあと、
カウンターでずっとギターの練習させてもらえたのも楽しかった。
家に帰ってしまうとなかなかできないのよね>練習

次はEARTHかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.15

リハみたいなセッション

発表会まであと約1週間。
今夜は今里、ザットフォー。←ドサ回りか!
ピアノとサックスとベースが本番の先生方という、
はずせないセッションです。
客席には一緒にレッスンを受けている人たちが何人も。
みんな考えることは一緒です。
お互いが同志みたいな感じだから、
歌い終わったあとは盛大な褒め合い合戦。
それでもネガティブガールのワタシは、
ジブンから「褒めてね!」と言っときながら、
いざ褒められると、
「褒めてって言ったから褒めてるんでしょ」と救いようのない状態。
早くいつもの開き直りが来てくれないかな。

それと、
どうしようかな、着るもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.14

頼まれたら受ける…職場でも。

ケアマネってお仕事は、
担当の利用者さんを何人もっているか、で、
仕事の密度が大きく変わってくるのです。
法律で月に1度の訪問が義務付けられているし、
作る書類も用事の数も、
人数が増えるとその分増えます。

少し前に上司から、
「何人くらい担当しますか」と改めて聞かれました。
うーん、これ、多く答えればお給料にも関係する?と、
チラッとは考えましたが、
ワタシは職場でもヤッパリ思考停止。
「担当してと言われた分は受けます」と答えました。
その結果、
ヤッパリ仕事もえらいことになっています。
でもそろそろ椀子そばのフタを閉めたくなってきてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.13

売れっ子ちゃん?

以前、
ひとりで仕事をしていた頃から、
「誘われたら“先縁尊重(先に誘われた方を選ぶ)”でとにかく行く」
「頼まれた仕事は受ける」
をモットーとし、
要するに「断らない」でやってきたクセが多少残っているところがあって、
現在、
結果としてライブ予定がえらいことになってきました。
技術と才能に乏しいワタシですけれど、
「頼んだのはそっちだからな」と思ってあとは思考停止です。
「最近、あっちこっちに出てスゴイわねぇ」
「売れっ子じゃん!」と言われることもありますが、
それは別にワタシの演奏がいいとかうまいとか、
そういうことではなく、
ギターで歌うということが大きいわけですね。
たとえJAZZやロックがプロ並みにすごくカッコよく歌えたとしても、
ライブをするとなるといろいろ大変。

だけど「ギター1本で歌います」なると、
「演る?」ってことになるし、
歌える機会も格段に増えて、
「出る?」ってことになります。
「3曲ほど」とか、
先日みたいに「1曲お願いします」でも行くし、
「マイク無しでもいい?」ってお話にも「YES!」、
だからってことです要は。
隙間に入ってるだけ。

それでも日にちが重なるものに関してはお断りをしています。
どんだけやねん。

発表会が終わったら、
JAZZはしばらく休もうかな。
ていうか、
仕事休みたいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.12

大量歌い込み週間

131112発表会でホワイトアウトしないための対策としては、
場数と歌い込みしかないという、
皆さまからの助言によりまして、
今週、来週、行けるだけ行く、
歌えるだけ歌う(ハナウタででも)と、
今夜は倶楽部Z のセッション。

ここのセッションでは、
ホストの上田さんが達者で、
「ニューヨーク~」なんか、
原曲キーって言ったら「譜面いりません、何百回弾いてますから」って、
完コピか!ってくらいの演奏してくださいます。
頼もしすぎて緊張します。
それに加えてこの日は、
ギターのHさんが…。
この人もワタシの緊張のミナモトとなる人。
曲と曲の間はずっと昨日のセトリからポールの曲をサラサラっと弾くしぃ。
でもこの状況をむしろ有難いと思え>ワタシ。

でもホワイトアウトなしで歌えたよ。
あとの歌詞入れ替え、歌詞噛みは、
あってもオッケ-ということにしました。
声や音程やリズムはあとから付いてくるくらいに考えてます。
あとは何を着るかってことと、
当日、
終わったあと行く予定の、
フォークナイトで弾くギターをどうするかってことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.11

ポール・マッカートニー@大阪

131111ブルーマンデイの仕事を終えて、
満員電車に乗って京セラドームへ。
座席に行ってみると、
スタンドの最前列でほぼ正面。
むしろアリーナの後方の人のほうが見えにくそう。
ポール登場!でアリーナは総立ちだったしね。

この公演は追加公演、
結果的に来日公演初日。
メディアもいっぱい来てました。
セットリストはこちら

「プロフェッショナルカメラの撮影は禁止」ってことで、
ケータイやスマホで撮ってる人がたくさんいましたよ。
とくに「Blackbird」では、
ポールがステージから高い所へせりあがり、
月と夜空と木のシルエットがとてもきれいで。
会場中で携帯画面のブルーがチカチカしていました。

1.「 エイト・デイズ・ア・ウィーク」では浮足立ち、
2.「 セイヴ・アス(*新作『NEW』)」で、あ、新曲だ、
3.「 オール・マイ・ラヴィング」で再びうおおーーー!
っみたいな。
ワタシがじゃなくて会場が。
なんか一体感のあるライブでした。

特に前半のビートルズ曲では、
うおーーー!って言いながらも、
昔聴いていたビートルズの曲を今ナマで聴いているということ、
当時、聴いていたころの思い出、
ビートルズから受けた音楽的影響、
などが数万人のアタマのなかを巡っている感じ。
ずっと手拍子をしてノるとか、
コブシを突き上げているとかじゃなくて、
見つめている、見守っている、
ライブを通してジブンのことを…みたいだったよ。
ワタシがじゃなくて皆んなが。

泣いてる人が多かったのは、
一番をウクレレ弾き語りで歌った「サムシング」。
ワタシは、
歌のときは大丈夫だったけど、
歌い終わったときに、
「ジョージ、ビューティフルな曲をありがとう」って言ったときに“ぶわっ“ときました。

どの曲もイントロが来るたびココロが右往左往。

ビンビンの声、
壊れかけ感さえ感じるシャウト、
カッコ良いフェイク、
ベース、、エレキ、アコギ、12弦アコギ、ウクレレ、グランドピアノ、ピアノ。
ポールって、
ハンドマイクでは歌わないんだな、と改めて。

あとワタシが「うわーって」なった瞬間は、
どの曲だったかわすれたけど、
あのベースを持ったポールが、
1本のスタンドマイクでギターの人と一緒に歌ったとき。
イメージして!

ともかく、
一生モンのライブでした。
ポールと天国と現世の人たちに感謝。
今年から、
11.11はポッキーの日じゃなくて「ポールの日」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.10

集中力欠落症候群?

発表会を2週間後に控えた、
最後のレッスン日。
歌う予定の2曲、
もうバッチリ歌詞も覚えました。
……なのに、きょうのレッスン。
一度たりともまともに歌えず。
歌詞忘れ、歌詞入れ替え、歌詞噛み。

「歌ってる途中に意識がフッとどっかに飛ぶんやろね」
と、もっともな分析をしていただいても、
問題の解決には遠く。

終わったワタシに先生のひとこと、
「しんばい…」。
ワタシも、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.09

久しぶりのオフ。

1311082_2朝から検査で大阪の福島に行きました。
あれから2年です。
いろいろ思い出します。
健気だったなーなんて。

昼過ぎに終わってから奈良に戻って母とランチ。
朝から絶食でおなかペコリーノからの
卵かけご飯食べ放題のお店で、
死にそうになりました。

母と別れてからは、
ショッピングセンターのなかをウロウロウロロ。
あれ、ひょっとして…とカレンダーを確認してみたらヤッパリ!
人前で歌う予定が無い週末って、
すっごく久しぶり!
それ自体がスゴイことだよなと思いました。

来週末はまたライブ予定あり。
その前に週明けはポール!
写真は、
昨日のお店、ザットフォーのカウンター上のグラス。
キレイー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.08

父の命日だ。

131108あ、父の命日だ、
あれから18年か。
阪神大震災のあった年だったなー。
…と思いながら、
仕事を終えてからはJAZZ Live House「ザットフォー」に向かいました。
この日は、
発表会で演奏してくださるサックス、ベース、ピアノの方々が演奏されるライブ。
「練習においで」と言ってくださったのに甘えて、
発表会で歌う予定の曲プラス数曲を歌わせてもらいました。

あー、まだ歌詞がアタマに入ってねぇよ。
入ってるんだけど、
歌うと必ずわかんなくなるよ。
歌いこみが足らんよな。
技能が足らんのだからせめて歌詞くらいは覚えないと。
他の人の歌がとても上手に聴こえた。
あ~あ。

ラバカンと、
初めて歌ったキー高めのAutumn Leavesが好評でした。
でも2曲とも発表会で歌う曲じゃない。
あと2週間、
ドーンと行かねば。

写真は、
ザットフォーで頂いたお紅茶。
レモンが付いてきました。
レモンティなんてすっごく久しぶりでした。
ちなみに店名の「ザットフォー」は、
That's Fourじゃないのよ。
今里のザトと4番地からきたものだって。
駅から徒歩1分のステキなお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.06

ちょっとだけカミングアウト

仕事が終わってから、
居酒屋“はな”に行きました。
ワタシがこのお店に行くのは、
飲むのが目的ではなくて晩ご飯を食べるため。
仕事が遅くなった日に、
ヘルシーな料理を適量食べるのにとても有難いお店です。
安いし!

きょうは職場の男子2人を引き連れて行きました。
職場では歌うことやライブのことなど、
話したことがありませんでしたので、
なんとなく、
カミングアウトの日みたいなことになってしまいました。
一応、口止めはしといたけど

ホントは、
どんなことでもオープンにする方が性にはあっているので
ちょっとやりにくいことも出てくるかもしれんけど、
ま、いいだろ…と思ってます。

ミスやらトラブルで迷惑をかけて、
「歌なんか歌ってる場合か!」なんて言われないように、
しっかり仕事しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.05

「こおりやま音楽祭“楽” 2013」のこと。

131103ワタシたちの出番が、
雨雲に祝福されたことは昨日書きました。
雨だけでなく、
強い風も吹きテントが飛びました。
慌てるお店の人たち、スタッフさん、お客さん。
しばらくすると会場にテント補強の機材が運ばれてきて、
スタッフさんが素早く組み立てておられました。

郡山音楽祭“楽”は、
すべてがボランティアによる運営で、
全会場入場無料。
会場は大小合わせて18個。
近鉄郡山駅に降りたところにも横断幕があり、
旗もいっぱい。
11月3日と4日に百数十組が出演していました。
ワタシはその一部しか見ていませんが、
どの会場もきちんと運営されていて、
少ないスタッフさんがよく動いておられました。
きちんと演奏されるようにきめ細かい心遣いがあり、
事前準備もされていたし、
各会場の設営もぬかりなく、
ワタシ達も素晴らしい音響設備に助けられて歌わせてもらいました。

あちこちでロックフェスや音楽イベントがありますが、
大きなお金が動くプロの運営でさえ、
いろいろと不備があったり、
参加者から不満が噴出することがよくあるのに、
「よくやってはるなぁ」と心から思いました。

写真は、
実行委員長がギター&ヴォーカルをとる、
ベースとのDUOユニット「Mellows」のステージ。
実行委員長が、
ジブンの歌とギターのことでアタマがイッパイ。
そんなヒトコマも、
なんだか「らしく」ていいなーと思いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.04

ハッピーエレファンツ in 雨

131104こおりやま音楽祭とは何の関係もない写真のようですが、
これは会場に向かうために待ち合わせた西大寺駅でのヒトコマ。
ホームに入ってきた特急列車の切り離しが行われ、
2台が1台になろうとせんところです。
親子つれ、男の人、そしてギターを背負った千鳥さんがくいついてます

さて迎えた本番。
1曲目、「真夜中のギター」を歌い出した頃から空が暗ーくなってきまして、
2曲目、「海に向かって」でポツポツと降りはじめ、
3曲目、「浮雲男」でけっこうな降りになり、
4曲目、「サンフランシスコ・ベイブルース」では土砂降り、
5曲目、「ケ・サラ」では「雨のなか、風のなか~」の歌詞のとおりとなり、
6曲目、「今宵の月のように」でやっと小降りになりました。

ギターも髪の毛もびしょ濡れ、
譜面はにじみ、
さ、寒!って感じで終わりました。
ワタシ達の普段の行いのどこに問題があったのかはわかりませんが、
直後に登場のZOROさんの演奏中は、
見事に陽が射し、
さっきの雨はなんだったの状態。

ま、そんなもんよね。
でも五平餅を売ってたおじさんをはじめ、
けっこうな方々から、
「雨で大変やったね、でもよかったよ」って言ってもらったので、
まぁよかったです。
「雨の追手門ステージ」は伝説になるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.03

すべてあの言葉から始まった。

1311022昨日は、
難波屋さんでジブンの出番が終わったあと、
すぐに奈良に向かうつもりだったんだけれど、
ワタシのあとに出演されたブルースバンドさんが、
激渋カッコよくて、
ついつい最後まで見てしまいました。
そのせいで、
マービンズでは、
着いたとたんにみんなから「遅い!」と言われましたが、
そんなわけでしょうがなかったのです。
で、ふと見るとカウンターの中にマスターの奥さんが。

ライブを終えて、
興奮気味のハイテンションで行ってるところへ、
久しぶりの再会でダム決壊。
なぜかというと、
話は3年前に遡りまして、
すべては奥さんが、
ヘルパーとして掃除をしていたワタシに、
「音楽好き?」と声をかけて下さったことから始まったことなのです。
何が?というと、
人前で歌うってことが。

もちろんそれまでにも音楽は大好きで、
10代の頃から誰よりもたくさんの音楽を聴いてきたとは思っていましたし、
歌えば誉められたこともあったし、
カラオケ大会で賞品の新巻鮭をGetしたこともありましたが、
それはそれ、それだけのこと。
ピアノトリオの演奏でスタンダードナンバーを歌うなんてなぁ、
思いがけない展開があの言葉から始まったんだもんな。
以来、
思えば病気やら転職やら別離やら、
いろいろあったじゃないの。
それらを乗りこえてこられたのは、
ジブンで歌ったり演奏したりする世界を持てたことが、
とっても大きかったと思うわけで。
それを通してたくさんの人たちに会えたしさ。
それを思うともう……ダム決壊。
歌いながら泣かないように必死だったので、
どんな風に歌ったんだかさっぱり覚えてないです。
撮ってもらった写真でも、
なんか気合入ってておかしいです。
歌い終わってはダム決壊しているワタシにみんな「?」だしさ

ほんとわかんないもんです。
あれから、
エレカシを歌うためにユニット組んだり、
そのためにギターを弾き始めたり、
ライブに出たり。

長生きはするもんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.11.02

@難波屋フェス

131102村上さんがFacebookにあげてくれはった写真です。
モノクロでイイ雰囲気
1人で演ってるように写ってますが、
柱の陰にマキちゃんがいます。

セットリスト
・I Wannab Be Loved Byy You
・いいじゃないの
・Good-Night Irene
・天使の誘惑
・愛の絆~Amazing Grace
・釜ヶ崎の空の下

前から後ろから、
助けてくださった皆さん、
ありがとうございました。
いい経験させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.01

買うか、Ovation(^^)。

1310312_3写真は、
ツテンカークの皆さん。
難波屋さんでのライブあとです。
撮影者がワタシであります。
ものすごく安定感のある演奏に、
グイグイとくる歌で、
力強いパフォーマンスでした。
オリジナル曲なんだけど、
「Let It Cry」はまるであの曲、
「天国の扉」もすっかりあの曲、
の、オリジナル日本語バージョンで、
ワタシはニンマリしておりました。

そしてきょうのワタシは、
2日の難波屋さん、
4日の郡山音楽祭に向けて、
たまたまライブが無いから使ってもいいよと言って下さった
倶楽部Zへ。
でも仕事を終えて到着したときは既に21時。
お腹は空いてるし、
気分はノラないし、
結局ほとんどの時間、
グダグダしてました。

ギターは置いてあったOvationを遣わせてもらったので、
それは刺激的でよかったです。
すごく弾きやすかったし、
マイクも通さないのにいい音鳴ってました。
ちょっと欲しくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »