« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014.04.26

4月のマービンズ フォークナイト

140426_400x251_300x188_2パッと見、ひとりでやってるように見えてますが、
隣に千鳥さんがいます。
なぜか椅子の高さが違ってたのでこんな写真になってます。
さらに右隣にいるマスターは、
1曲目が「さらばジャマイカ」と言ったあとで、
「パーカッション入れていい?」と上の階に太鼓を…、
あれなんて言うの?コンガ?を取りに行って叩いてくださっています。
手元が写っていないのでただワタシを見つめているようなことになっていますが

この日のマービンズは大盛況。
3曲まわしで終わってみたら3時間半。
いつものことながら、
ステージ以外でもみんな楽器を持ったままで、
客席でも歌うし弾くしで大賑わいでした。

ワタシは千鳥さんの到着を待つ間に、
ウクレレで、
♪ サン・トワ・マミー
♪ ○○○発電所の子守唄
♪ ルート66

ハッピーエレファンツで、
♪ さらばジャマイカ
♪ 谷間の虹
♪ 微笑み返し

ワタシ、
だいぶギター止まらずに弾けるようになってきたと思うけど、
ギターに集中すると歌が止まります…
はい、プラクティス、プラクティス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.23

主観、Bob Dylan 2014 @Zepp Namba

Imageポールのときのように、
大満足かと言われたら決してそうではないのだけれど、
それもまたらしいといえばらしい気も。
そして不満足だったか?…となるとそうでもなく、
じゅうぶんに楽しませてもらい、
かっこよさも堪能させてもらえたライブでした。
それにボブおじさん、
ノリノリで結構楽しそうでした。
ワタシの少し前に欧米人集団(たぶん)がいて、
盛り上がっていたからか、
ひょっとしたら大阪効果がここでも出たからなのか、
無愛想で淡々とした感じだと思っていた予想が、
いい意味でうらぎられました。
日本語での「ありがとう!」も、
MC、メンバー紹介、ともに一切なしのなかでは、
うわあ!って感じで大歓声でした。
歌声は前評判ほど素晴らしいとは思わなかったけど、
特に20分の休憩をはさんでの2部に入ってから、
歌い方、ピアノのリフ、ハーモニカ、
ダンスのような仕草…どこをとってもノリノリでした。
ギターは一度も持たず、
スタンドマイクを片手で持ち、
ハーモニカも片手、
吹き終わるとドヤ顔。
キマってました。
知らない曲が多かったけど、
「この曲、もっと聴きたい」と思う曲が何曲もあって、
終演後、
印象的だったフレーズで検索したら、
どれも「テンペスト」の曲だった!ので、
iTunesで即買いしてしまいました。
あの「風に吹かれて」も、
ある意味、痛快。
2014年ツアーの記念バージョンと思えば、
それもまた楽し。

東大寺でのライブは1994年だったそうだから、
ちょうど20年ぶりの再会。
あのときは、
よくわかってなかったとおもいます、
彼の良さ…? つーか世界…?
生きていてくれて良かったと思うし、
見に行けたことに感謝してます。
これで最後?
と思ってたら半年くらいでまた来たりして…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.17

こんな日にiPhoneが…。

「きょうは仕事が終わったら「サンポール・マキの公開立ち稽古」@ ら でウクレレで3曲ほど歌ってぇ、梅田に移動して夜行バスに乗ってぇ、山梨県に行きまーす」てなことを通勤電車でつぶやこうとしていたら、iPhoneが突然フリーズ。それも何だかいや〜なフリーズ。その後ずっと不調が続いてとうとうリカバリモードに。
つまり、パソコンに繋いでiTunesで復元せなあかんよ、ってことなんだけど、きょうの私には4日間、家に帰る予定がありませんよ、と。
昼休みにはアップルサポートに電話、そしたら「背面の15桁の数字を読んでください」って言われたんだけれどもさ、これが読めないのよ、どうしたって!
老眼鏡も虫メガネも持ってないし。
試しにいっぺん読んでみて。
結果、職場の若いお姉さんに読み上げてもらう始末。
この数字、iPhoneユーザーは手帳にでも書いておかれるといいと思います。

再起動もダメ、リセットもだめ。
教えてもらった修理ができるショップを2件教えてもらって、
仕事帰りに行くことに。
さて、19時閉店のお店に行けるんか?
仕事は当たり前にバタバタだしさ。
でも言ってられない、
旅先での3日間iPhone無しは辛い。
ということで18時に「しょうがねえ」って職場を出てショップへ。
答えは「初期化しかありません」。
うーんまあしょうがないか…とお願いしかけたら、
行き絶え絶えのはずのiPhoneがキレイに立ち上がって一正常に動いたたではありませんか。
Appleのプロダクツってやつぁマッタク!
店員さん「でもまただめですね」
ワタシ「家に帰ってうちのパソコンに繋いだら復元できますか?」
店員さん「できるかもしれませんけど、難しいと思われます」
ワタシ「……」
店員さん「でも旅先でご不自由ですよね」
ワタシ「iPad持ってきたのでそっちでなんとかします」

てことで、初期化せずにショップを後にしました。
ショップで約1時間と仕事のバタバタでライフゲージは0に近く。
時間は既に19時半。
「もうあかん」モードで ら にたどり着きました。

カレーないし
海鮮丼食べました。
少し元気がでてきました。
自分だけケーキ買って来て食べるというオキテ破りもさせていただきました。
居酒屋さんだけど。
マスターに感謝、だいぶ元気になりました。

ウクレレ持って数曲、
お稽古しました。
マキさんがベース弾いてくれました。
いい感じと褒めてくれました。
かなり元気になってきました。
風邪ひいてる時とかしんどいとき、
カポがめんどくさくて2音半キーを下げて歌ったときとかの方が、
褒めてもらえることが多いのはなんでやろ?
気だるい感じがいいんかな。
ワタシはRockしたいのに。

まあいいです。
ほぼ復活しました。
でもiPhoneは危篤状態のままなので、
日曜日に帰宅するまで電話は繋がりません。
連絡はFBかGmailでお願いします。
あと仕事用のけータイとね。
目覚めたら甲府ー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.13

ウクレレSwing Trio@Cafe cocochino

140413いつもマービンズのセッションでお世話になっているベーシストの高畠さんが、
富雄のカフェでライブをすると知って、
しかも「ウクレレSwingTrio」って、
今のワタシになんとタイムリーな!と最優先のスケジュール確保で行ってきました。
結果、
期待をはるかに超える楽しさ収穫で、
なんか今ちょっとキテるなぁ、
ウクレレの風が。

ウクレレ&ヴォーカル、ウッドベース、パーカッション、
すっごくオシャレでステキなライブでした。
ウクレレって、
入り口低くって入りやすいけど、
あんなにカッコよく弾き語りできるんや、
しかもジャズ!
ボサノバも!
インストゥルメンタルもかっこかった。

きょうはウクレレをしっかり見たかったから、
ステージに向かって左側に座れてラッキー!と思ってたら、
目の前のパーカッション男子があり得ないほどの技ありで、
ついつい見とれてしまうほどという意外な展開だったのも楽しかった。
カフォンとかトライアングルとか…あと名前は忘れたけど、
いろんな楽器をとっかえひっかえ演奏に華を添えはるねん。
地味派手具合が絶妙でした。

第二部ではハワイアンも演奏されまして、
お客さんがフラで参加、
それもすごくステキやった。
フラやろかしらと思うくらい。
で、
1曲ワタシも歌いました。
「It's Only A Papermoon」アハハ~。
Cocochino会場のカフェもうちから近いのにこれまで知らなかったステキなお店。
パフェもワッフルもコーヒーも美味しかったよー。
普段は平日17時閉店で土日休みってのが残念。
でも知ることができてよかった。

今回もいい週末でした。
明日からの仕事もうまくいくよね、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.12

オールスター歌合戦@倶楽部Z

140412_3FBの春美さん投稿でも書きましたが、
スゴイ大人数でしかもオールスター
弾き語りの会はだいたいいつも色とりどりだけど、
昨日のテキーラナイトはまた一段と!って感じでした。
ほんとホストのキャラって大きいなと改めて思いましたよ、
いや冗談抜きで、ハッハッハ。

まぁ他の人のことは他の人にまかせといてワタシです。
前の職場の仲良しの2人が来てくれて、
意外にも「初めて歌を聴く」ってなことで、
久しぶりにちょっと緊張しました。
しかも慣れないウクレレでご登場だし。
でもギターなら慣れてて得意かというとそうでもないから一緒か。

1.サン・トワ・マミー
2.Raindrops Keep Falling on My Head
3.Route66

4.Hawaiian Wedding Song
なんかカラダひねって弾いてますね。
サン・トワ・マミーは譜面なしで歌ってるからこういう写真になるんですね。
暗譜しよ、写真のために。

Raindrops Keep Falling on My Headは、
歌詞が途中からスキャット状態になりましたが、
ワタシにとってウクレレで弾き語りといえばこれが憧れ。
これから完成度をあげていきます。
Hawaiian Wedding Songは、
やっぱりハワイアンもおさえとくかで練習していった曲。
歌いながらなんか柄にもなくッて感じで照れましたが、
演奏はみつるさんにギターのサポートを頼んじゃったのでラクでした。
知らん曲と言いながら完璧なギターでした。

ラクばっかりしてたらあかんな。
ギターも練習せんと、
弾けなくなっちまいそうだぜ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.04.06

写真集を母に、

Advanced_style母とイオンでランチのとき、
「60歳から百歳のオシャレなおばあちゃんばかり写した写真集があったよ」と言ったら、
「見たい」と行ったのでふたりで上の階の書店まで行きました。
最近はイオンの中でカートを押しながらでさえ、
歩くのを大義がるようになっているので、
どうかな?と思いましたが、
よっこらよっこらとなんとか。

写真はその写真中の表紙。
「Advanced Style--ニューヨークで見つけた上級者のおしゃれスナップ」、
「60歳から百歳~」というのは確か帯に書いてあったのだったと思います。
詳細はこちらのリンクからどうぞ。(写真をクリックしても中身は見られません(^^))
撮影されたのはニューヨーク。
写真集にはサスガ!なおばあちゃんの写真がいっぱいです。
はたして、
母が「これいくらやろ」と言いましたので、
「買うわ!」とレジに行きました。
2700円だなんて言ったら勿体ながるに決まってます。

今年82歳になる母が、
少しでも興味を持つようなものがあれば、
それは買いです。
友人や姉弟が次々と亡くなり、
体が弱って、容姿が老け込み、
食欲が細り、旅行も行けない、テレビも面白くない…というキモチ、
最近は少しわかるような気がして、
「元気だしてよ」なんて言葉も軽くは言えなくなっているので、
書店まで行ったことや、
本を持って帰ってくれたことが嬉しかったです。

すぐに母に渡してしまったのでじっくりとは見ていませんが、
ニューヨークのおばあちゃん達のステキな写真がイッパイで、
私もほしいくらいの写真集でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.04.05

Vocal Session @ Marvin's

Imageきょう髪の毛切ったんですけどね、
変わらんね、わからんね。
You'd be so〜、
I Left My Heart in サンフランシスコ、
Lady Is a Tramp

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »