« EARTHでのヒトコマ | トップページ | ペタンコ・バージョンが加わりました。 »

2015.03.28

弾き語りナイト@マービンズ 2015.3

Image_7先月、来て、演奏はされずに聴くだけで帰られた二人組の方が今月も来られていました。
そこはかとなく嬉しかったです。
雰囲気イマイチだなーって思ったら2回めはないですもんね。
みんなでおすすめしたら「じゃあ」ってことで2曲歌ってくださいました。
「ひこうき雲」と「裏切りの街角」。
私とRITZのギターで(^^)。
RITZが弾けば私が弾く理由はなさそうなもんですが、
曲を知らんというものですから(^O^)。
リピーターになってくださるといいなぁ。

私は、
♪ I Shall Be Released (オリジナル詞版)
♪ Good Night Irene (オリジナル詞版)
♪ 時には母のない子のように ~ ドナドナ

選曲の意図が自分でもよくわかりません。
特に「グッドナイトアイリーン」は久しぶりだったような気がします。

弾き語りで演奏していると、
「たとえ下手でも、自分で弾いて歌ってと、やりたいようにできて最高だなー。それを思うとジャズ・ヴォーカルなんて、つまんねぇなぁ」って思います。
でも、ジャズ・セッションに行って歌うと、
「カッコイイ演奏をバックにステキな曲を歌うってなんてステキなことなんだろう! わざわざ下手なギターを弾いて歌う意味なんてある?」と思うのです。

「弾き語りとジャズと、どっちが好きですか」と聞かれることがありますが、そのときやってることが一番楽しいように思えるってのは、ある意味、ラッキーな私の特質だなと思います。

このこと、前にも書いたような気が……。
ま、いっか。
私が忘れてるんだから、
読んだ人が覚えてるわけないもんね。


|

« EARTHでのヒトコマ | トップページ | ペタンコ・バージョンが加わりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43997/61467067

この記事へのトラックバック一覧です: 弾き語りナイト@マービンズ 2015.3:

« EARTHでのヒトコマ | トップページ | ペタンコ・バージョンが加わりました。 »