« 釜ヶ崎の越冬 | トップページ | 認知症のお勉強で東京へ »

2018.01.19

さとびごころ 32号

53e4f411892b4ad4ae8f1846598e4d34できたての雑紙「さとびごころ」。今号の特集は、「地酒で味わう奈良」。私は香芝市の大倉本家さんの原稿を書かせていただきました。読みたい!ってかたは言うてください。
遠方のかた、おくります。代金は会ったときでいいです。一冊五百円。
いい雑誌です。「友だちが作ってる雑紙やねん」とさりげなく言うとカッコいいと思います(^^)。
と、Facebookに書き込んだところ、
思いがけず、たくさんの方から「買います」のコメントが。
とても嬉しくありがたいことです。
微力ではありますけれど、
売り上げに貢献できたかな。


« 釜ヶ崎の越冬 | トップページ | 認知症のお勉強で東京へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/43997/66386303

この記事へのトラックバック一覧です: さとびごころ 32号:

« 釜ヶ崎の越冬 | トップページ | 認知症のお勉強で東京へ »